31システムとは

「31システム」は多くのギャンブラーが研究、応用している賭け方です。

カジノ必勝・攻略法として必ず抑えておきたい賭け方になります。

賭ける順番が初心者でもわかりやすいのでネットゲームなどで練習してみると良いでしょう。

 

賭け方

連続的な賭け金の順番は1,1,1,2,2,4,4,8,8となっています。全部の数字を足すと31になることからこのネーミングがついています。

$1から始めれば$1、$1、$1、$2、$2、$4、$4、$8、$8となり、資金$31あればできます。

$5から始めれば$5、$5、$5、$10、$10、$20、$20、$40、$40となり、軍資金は$155あればできます。

 

【31システムの賭け方のルール】
・この1,1,1,2,2,4,4,8,8を1セットとする
・負けたら賭け金を右へ移動する
・勝ったら賭け金を倍にする
・2連勝したら止める(最初に戻る)
・最後の8まで行ったら止める(最初に戻る)

このようなルールで進めていきます。

 

もし9回全敗しても31の負けにしかならないので資金管理がしやすいでしょう。

 

31システムのシミュレーション

実際の賭け方と、利益の出方を見ていきましょう。

もし4連敗しても、そのあと2連勝すれば次のようになります。5回目に$2で勝ち、6回目に賭け金を倍の$4にして2連勝したケースです。

こちらの図は、4連敗した後で5回目に$2賭けて勝ち、6回目に賭け金を倍の$4にしたものの負けてます。7回目に負け8回目に$8で勝ち、9回目に$8で2連勝しています。

 

こちらの図は、5連敗し、6回目の$4賭けに勝利したので賭け金を倍の$8にしています。(本来7回目に賭ける予定だった$4はすっ飛ばします)グレー色の行を飛ばしてます。

$8で勝利したので2連勝で利益を確保して終了です。

 

こちらの図は、1回目で勝ったので賭け金を倍にして(2行目と3行目は飛ばす)4回目の行にいきます。結果的に5回目と9回目で勝ったものの2連勝してないので損益はマイナスで終了しています。

 

31システムのメリット・デメリット

31システムの目指すところは2連勝することでどのタイミングでも利益を確保できることです。

また、負けたら賭け金を倍にしていくマーチンゲール法と比較して、賭け金が跳ね上がらない事もメリットになります。テーブルの最大ベット額に届くことも無いでしょう。

ゆっくりプレイできるという意味でもおすすめしたい賭け方です。

 

応用できるゲームの種類

31システムを応用できるゲームは五分五分のゲームです。

つまり、勝つ確率が半々で、勝てば賭け金が倍になる、バカラ、ルーレットの赤黒、ブラックジャック、大小などです。

 

31システムを実戦投入した動画

ベラジョンカジノというオンラインカジノで、実際に31システムを使った賭け方を実践しています。動画アリ。

100回以上の連続的な賭けを行いましたが、なかなか勝ちにつながらない印象がしますね。大きな負けにもなりませんが。

俺のベラジョンカジノ:31システムを使ってルーレットやってみた【実録動画】をご覧ください。

 

「カジノ必勝の賭け方」この章の関連メニュー

  1. マーチンゲール法

  2. オスカーズグラインド法

  3. グレートマーチンゲール法

  4. ダランベール法

  5. アンチマーチンゲール法

 

このページの先頭へ