オスカーズグラインド法とは

オスカーズグラインド法は大負けせず着実にゆっくり稼ぐことに向いています。

一連の流れの賭けが終わったときに1単位の利益の獲得を目指したやり方です。

オスカーズグラインド法の連続的な賭け方

オスカーズグラインド法は次のルールに従って賭けを進めていきます。

・最初の賭け額を1単位とします($5でスタートした人は1単位=$5)
・勝つたびに1単位の賭け金を増やす($5でスタートした人は$10→$15→$20と増やしていく)
・負けたら賭け金は変えず、先ほどと同じ額を賭ける
・賭け金を増やし過ぎない(1単位の利益をめざす)

このようなルールになっています。

そして、次のルールに達すればこの賭けを止めます。
・勝ち負けトータル金額が±0になれば、最初の賭け金に戻す
・利益が出たら止める(最初に戻る)

なので最初に$5賭けて勝ってしまえば、利益を確保して止めて、また最初からやりなおしていきます。

 

サンプルのシミュレーションを見たほうが早いかも

以下にオスカーズグラインド法を使った賭け方についてサンプルを見ていきましょう。

最初に$1賭けて勝ったので利益$1で止める
oscarsgrind01

この場合は利益の$1をポッポに入れて、また$1からスタートします。

もちろん$1ではなく1単位を$10から始めてもOKです。

こちらは6回連続で負け、7回目に勝利したので8回目は賭け金を2単位にしています。8回目も勝ったので9回目は賭け金を3単位にします。9回目も勝利してトータルのプラスマイナスが0になれば、ここで止めて、最初の1からやり直していきます。
oscarsgrind02

連続的な賭け方を見てください。勝ったら賭け金を1増やし、負けたら据え置き。最終的に4の利益で止めています。勝ったときに賭け金を1しか増やさないので低リスクな賭け方です。

上の例を1単位$5で実施した場合を見てみましょう。

この場合、最終的な賭け金が大きくなっていることに気づくでしょう。14回目で勝てばトータル$20($5を1単位とすると4単位)ですが、14回目で負けてしまえば-40になってしまいます。

> 賭け金を増やし過ぎない(1単位の利益をめざす)

というルールに従って、

14回目はあえて$15を賭ける(勝っても利益は1単位となるように)ようにしましょう。

 

オスカーズグラインド法のメリット・デメリット

オスカーズグラインド法のメリットは、負ける回数が勝った回数よりも多くても、利益を出すことができるという点があります。

一連の連続的な賭けが終了したときに1単位の利益が出せますし、賭け金が跳ね上がらないので、低リスクで賭けができるのもメリットですね。

デメリットは「面倒くさい」という事につきると思います。勝った負けたを繰り返していく都度計算をしていかないといけません。

オンラインカジノで自分1人のときに練習しておくと良いでしょう。

 

適応するゲームの種類

この賭け方が適応できるのは、確率半々のゲームとなります。つまり

・ブラックジャック
・バカラ
・大小
・ルーレットの赤黒、偶数奇数
・チンチロリンや丁半博打

です。

 

オスカーズグラインド法を実践、動画収録してみた

自宅でパソコンやスマホで遊べるオンラインカジノのベラジョンカジノにて、オスカーズグラインド法を試してみました。

実践したゲームはヨーロピアンルーレットです。動画を収録しました。

オスカーズグラインド法を使ってルーレットやってみた【実録】をご覧ください。

 

「カジノを攻略する最適な賭け方」この章の関連メニュー

  1. ベッティングシステムの基本
  2. マーチンゲール法
  3. グレートマーチンゲール法
  4. ダランベール法
  5. アンチマーチンゲール法
  6. 31システムとは
  7. ラ・ブーシェールシステム
  8. パロリーベッティングシステム
  9. 攻略法を1000回シミュレーション

 

このページの先頭へ