31システムとは?そのやり方を解説

31システムとは

「31システム」は多くのギャンブラーが研究、応用している賭け方です。

カジノにおける古くからある攻略法として必ず抑えておきたい賭け方になります。「31パーレイシステム」とも呼ばれます。

このベッティングシステムは一連の連続的な賭けのなかで、賭け金(ベット額)をいくらに設定するか、という賭け金コントロール戦略の1つです。

勝利時にも負けた時でも次の賭け金をアップさせる珍しいシステムと言えます。

当然必ずしも利益を出せる戦略ではありませんが、ローリスクで短期間での勝利を目指せます。

賭ける順番が難解かもしれないのでネットゲームなどで練習してみると良いでしょう。

 

31システムが使えるギャンブルの種類

31システムを使えるゲームは勝率五分五分のゲームです。

つまり、勝つ確率が半々で、勝てば賭け金が倍になる、バカラ、ルーレットの赤黒、ブラックジャック、大小、クラップスなどです。

競馬に応用できる、という向きもあるようですが、私にはわかりません。

 

31システムの賭け方のルール

連続的な賭け金の順番は1,1,1,2,2,4,4,8,8となっています。全部の数字を足すと31になることからこのネーミングがついています。

「1単位を$1」から始めれば$1、$1、$1、$2、$2、$4、$4、$8、$8となり、資金$31あればできます。

「1単位を$5」から始めれば$5、$5、$5、$10、$10、$20、$20、$40、$40となり、軍資金は$155あればできます。

金持ちな人は1単位=$100として、$100、$100、$100、$200、$200、$400、$400、$800、$800でプレイしてもよいでしょう。

 

【31システムの賭け方のルール】

  • 1単位をいくらにするか決める
  • この1,1,1,2,2,4,4,8,8を1セットとする
  • 負けたら賭け金を右へ移動する
  • 勝ったら賭け金を倍になるよう右へ移動する
  • 2連勝したら止める(最初に戻る)
  • 最後の8まで行ったら止める(最初に戻る)

イメージで表すとこんな感じ
31システムのルール

このようなルールで進めていきます。

 

もし9回全敗しても31の負けにしかならないので資金管理がしやすいでしょう。(全敗した時の一連の流れを表にしました。)

回目 賭け金 勝ち負け 損益 資金
1 1 x -1 -1
2 1 x -1 -2
3 1 x -1 -3
4 2 x -2 -5
5 2 x -2 -7
6 4 x -4 -11
7 4 x -4 -15
8 8 x -8 -23
9 8 x -8 -31

 

31システムのシミュレーション

31システムはルールが難解な部分もあるので、いくつかのサンプルシミュレーションをお見せします。

実際のベット額の上げ方をご確認ください。またどんなふうに利益が出るのか、あるいは損するのかを把握されるとよいです。

4連敗後に2連勝したケース

もし4連敗しても、そのあと2連勝すれば次のようになります。5回目に$2で勝ち、6回目に賭け金を倍の$4にして2連勝したケースです。

回目 賭け金 勝ち負け 損益 資金
1 1 x -1 -1
2 1 x -1 -2
3 1 x -1 -3
4 2 x -2 -5
5 2 o 2 -3
6 4 o 4 1

最終的な資金は+1で終了していますね。

4連敗後に2連勝できず、最後に2連勝

こちらの図は、4連敗した後で5回目に$2賭けて勝ち、6回目に賭け金を倍の$4にしたものの負けてます。7回目に負け8回目に$8で勝ち、9回目に$8で2連勝しています。

回目 賭け金 勝ち負け 損益 資金
1 1 x -1 -1
2 1 x -1 -2
3 1 x -1 -3
4 2 x -2 -5
5 2 o 2 -3
6 4 x -4 -7
7 4 x -4 -11
8 8 o 8 -3
9 8 o 8 5

2連勝して終了したので、+5の利益を出すことが出来ました。

 

5連敗後に2連勝

こちらの図は、5連敗し、6回目の$4賭けに勝利したので次の賭け金は2倍の$8にしています。(本来7回目に賭ける予定だった$4はすっ飛ばします)グレー色の行を飛ばしてます。

$8で勝利したので2連勝で利益を確保して終了です。最終的には+5の利益になりました。

回目 賭け金 勝ち負け 損益 資金
1 1 x -1 -1
2 1 x -1 -2
3 1 x -1 -3
4 2 x -2 -5
5 2 x -2 -7
6 4 o 4 -3
7 4 -3
8 8 o 8 5

 

勝利時に賭け金を2倍にするケース

こちらの図は、1回目で勝ったので賭け金を倍にして(2行目と3行目は飛ばす)4回目の行にいきます。4回目5回目ともにハズレ、6回目のベット額$4で勝利したので次の賭け金は倍の$8(7行目は飛ばす)。8回目の$8でハズレ、9回目の$8でアタリ、という流れです。

回目 賭け金 勝ち負け 損益 資金
1 1 o 1 1
2 1 1
3 1 1
4 2 x -2 -1
5 2 x -2 -3
6 4 o 4 1
7 4 1
8 8 x -8 -7
9 8 o 8 1

2連勝はしていませんが、最終的には+1の利益が出て着地しました。2連勝せずとも利益が出るケースがあります。

以上でサンプルシミュレーションは終わりです。概ねどんな風に賭け金を増やせばよいか、ご理解いただけたと思います。

(最初の1ベット勝利はカウントに含めず、負けてから始めて31システムを適用し始めるパターンもあるようです。)

 

31システムを使った一連の流れ全パターン

非常に長いので、これを掲載するかどうか迷いましたが、掲載します。

31システムを使った場合に、勝ち負けの全83パターンを網羅して表にしました。(抜け漏れがあればご指摘ください)

表の見方ですが、

・1→1→1→2→2→4→4→8→8が表のトップラベルになっていて
・oxは勝ち負けを表しています
・空白は勝利後に賭け金を2倍にするために飛ばされた部分
・黄色のoは、2連勝してる部分
・これが縦に83パターン分あります

P 1 1 1 2 2 4 4 8 8 損益
1 o o 3
2 o x o o 5
3 o x o x o o 9
4 o x o x o x o 1
5 o x o x o x x -15
6 o x o x x o o 9
7 o x o x x o x -7
8 o x o x x x o -7
9 o x o x x x x -23
10 o x x o o 9
11 o x x o x o 1
12 o x x o x x -15
13 o x x x o o 5
14 o x x x o x o -3
15 o x x x o x x -19
16 o x x x x o o 5
17 o x x x x o x -11
18 o x x x x x o -11
19 o x x x x x x -27
20 x o o 2
21 x o x o o 4
22 x o x o x o o 8
23 x o x o x o x o 0
24 x o x o x o x x -16
25 x o x o x x o o 8
26 x o x o x x o x -8
27 x o x o x x x o -8
28 x o x o x x x x -24
29 x o x x o o 8
30 x o x x o x o 0
31 x o x x o x x -16
32 x o x x x o o 4
33 x o x x x o x o -4
34 x o x x x o x x -20
35 x o x x x x o o 4
36 x o x x x x o x -12
37 x o x x x x x o -12
38 x o x x x x x x -28
39 x x o o 1
40 x x o x o o 3
41 x x o x o x o o 7
42 x x o x o x o x o -1
43 x x o x o x o x x -17
44 x x o x o x x o o 7
45 x x o x o x x o x -9
46 x x o x o x x x o -9
47 x x o x o x x x x -25
48 x x o x x o o 7
49 x x o x x o x o -1
50 x x o x x o x x -17
51 x x o x x x o o 3
52 x x o x x x o x o -5
53 x x o x x x o x x -21
54 x x o x x x x o o 3
55 x x o x x x x o x -13
56 x x o x x x x x o -13
57 x x o x x x x x x -29
58 x x x o o 3
59 x x x o x o o 7
60 x x x o x o x o -1
61 x x x o x o x x -17
62 x x x o x x o o 7
63 x x x o x x o x -9
64 x x x o x x x o -9
65 x x x o x x x x -25
66 x x x x o o 1
67 x x x x o x o o 5
68 x x x x o x o x o -3
69 x x x x o x o x x -19
70 x x x x o x x o o 5
71 x x x x o x x o x -11
72 x x x x o x x x o -11
73 x x x x o x x x x -27
74 x x x x x o o 5
75 x x x x x o x o -3
76 x x x x x o x x -19
77 x x x x x x o o 1
78 x x x x x x o x o -7
79 x x x x x x o x x -23
80 x x x x x x x o o 1
81 x x x x x x x o x -15
82 x x x x x x x x o -15
83 x x x x x x x x x -31

 

31システムの確率と期待値全パターン

また83パターン全てにおいてこのようになる確率と、期待値を表にしました。

Pattern 確率 期待値
1 0.25 0.75
2 0.0625 0.3125
3 0.015625 0.140625
4 0.0078125 0.0078125
5 0.0078125 -0.1171875
6 0.0078125 0.0703125
7 0.0078125 -0.0546875
8 0.0078125 -0.0546875
9 0.0078125 -0.1796875
10 0.03125 0.28125
11 0.015625 0.015625
12 0.015625 -0.234375
13 0.015625 0.078125
14 0.0078125 -0.0234375
15 0.0078125 -0.1484375
16 0.0078125 0.0390625
17 0.0078125 -0.0859375
18 0.0078125 -0.0859375
19 0.0078125 -0.2109375
20 0.125 0.25
21 0.03125 0.125
22 0.0078125 0.0625
23 0.00390625 0
24 0.00390625 -0.0625
25 0.00390625 0.03125
26 0.00390625 -0.03125
27 0.00390625 -0.03125
28 0.00390625 -0.09375
29 0.015625 0.125
30 0.0078125 0
31 0.0078125 -0.125
32 0.0078125 0.03125
33 0.00390625 -0.015625
34 0.00390625 -0.078125
35 0.00390625 0.015625
36 0.00390625 -0.046875
37 0.00390625 -0.046875
38 0.00390625 -0.109375
39 0.0625 0.0625
40 0.015625 0.046875
41 0.00390625 0.02734375
42 0.001953125 -0.001953125
43 0.001953125 -0.033203125
44 0.001953125 0.013671875
45 0.001953125 -0.017578125
46 0.001953125 -0.017578125
47 0.001953125 -0.048828125
48 0.0078125 0.0546875
49 0.00390625 -0.00390625
50 0.00390625 -0.06640625
51 0.00390625 0.01171875
52 0.001953125 -0.009765625
53 0.001953125 -0.041015625
54 0.001953125 0.005859375
55 0.001953125 -0.025390625
56 0.001953125 -0.025390625
57 0.001953125 -0.056640625
58 0.03125 0.09375
59 0.0078125 0.0546875
60 0.00390625 -0.00390625
61 0.00390625 -0.06640625
62 0.00390625 0.02734375
63 0.00390625 -0.03515625
64 0.00390625 -0.03515625
65 0.00390625 -0.09765625
66 0.015625 0.015625
67 0.00390625 0.01953125
68 0.001953125 -0.005859375
69 0.001953125 -0.037109375
70 0.001953125 0.009765625
71 0.001953125 -0.021484375
72 0.001953125 -0.021484375
73 0.001953125 -0.052734375
74 0.0078125 0.0390625
75 0.00390625 -0.01171875
76 0.00390625 -0.07421875
77 0.00390625 0.00390625
78 0.001953125 -0.013671875
79 0.001953125 -0.044921875
80 0.001953125 0.001953125
81 0.001953125 -0.029296875
82 0.001953125 -0.029296875
83 0.001953125 -0.060546875

この確率は、勝率1/2のギャンブルでの計算です。すべての事象の確率を足し算すると1(=100%)になります。また期待値も全部足すと当然±0です。

バカラやルーレットやブラックジャックで31システムをこの通りやれば、勝率は1/2よりやや低くなります。期待値も各ゲームのハウスアドバンテージに準拠しますね。

ということで個人的には31システムは特段勝ちやすい、利益を出しやすい戦略ではないと思いました。

この戦略を用いて長く続ければ、各ギャンブルのハウスアドバンテージに従って徐々に資金が目減りしていくでしょう。

31システムのシミュレーターを作成しましたので、ご自身で動かしてみて検証してみてください。長くやり続けるといずれ負けますので。

 

31システムのメリット・デメリット

メリットとデメリットを整理ます。

メリット

31システムの目指すところは2連勝することでどのタイミングでも利益を確保できることです。

また、負けたら賭け金を倍にしていくマーチンゲール法と比較して、賭け金が跳ね上がらない事はリスクが低いので、メリットになります。テーブルの最大ベット額に届くことも無いでしょう。

やめ時がわかりやすいのもメリットです。2連勝した後は、一連の流れの最初のステップ(1ベット)に戻して、次の一連の流れを続けることになりますが、このタイミングで勝ち逃げすることができます。

ギャンブラーはとかく勝ち運に乗ってると思えば、続けて賭けたくなるものです。止め時を失って失敗する経験は私もよくあります(汗)何度かの2連勝した時点で止めればよいのです。

負けてる時の止め時も明確です。2連勝せずに負けてても、9回目のベット(8単位)でこのシステムは停止しますので、ここが止め時とわかります。損失を増やさないように損切りしましょう。

オンラインカジノでゆっくりプレイできるという意味ではおすすめしたい賭け方です。

 

デメリット

デメリットは、今自分がどの賭け金をプレイしてるのか、把握しておかないといけない、ということですね。テーブル上には様々なギャンブルの情報が交錯しますので、それをいちいち覚えておかないといけないのは意外と面倒なものです。

また利益を出しやすい戦略として世の中には広まっているかもしれませんが、現実はそんなに甘くなくて。ハウスアドバンテージを打ち負かすことはできません。長くこの戦略を続ければ確率に収束して資金が減ります。

 

 

31システムまとめ

本当にこのシステムは優秀だという記事が多いのですが、そうではありません。

長く続ければ負けます。大負けすることがないのが唯一の救い。

低リスクで短期間で2連勝を何回かして儲けを確保して止める、ような使い方が望ましいと思います。

 

31システムを実戦投入した動画

私がよく遊んでいるベラジョンカジノというオンラインカジノで、実際に31システムを使った賭け方を実践しています。動画アリ。

100回以上の連続的な賭けを行いましたが、なかなか勝ちにつながらない印象がしますね。大きな負けにもなりませんが。

私が書いてるブログ
31システムを使ってルーレットやってみた【実録動画】|俺のベラジョンカジノをご覧ください。

ベラジョンカジノ登録だけで$30ゲットはこちら

 

「カジノを攻略する最適な賭け方」この章の関連メニュー

  1. ベッティングシステムの基本
  2. マーチンゲール法
  3. グレートマーチンゲール法
  4. ダランベール法
  5. アンチマーチンゲール法
  6. オスカーズグラインド法
  7. ラ・ブーシェールシステム
  8. パロリーベッティングシステム
  9. ココモ法
  10. 10%投資法
  11. 攻略法を1000回シミュレーション