ルーレットの予想&意思決定アシストツール

使い方は下に記載。とりあえず数字を押せばなんとなく使いかたわかるかも。

0 3 6 9 12 15 18 21 24 27 30 33 36
2 5 8 11 14 17 20 23 26 29 32 35
1 4 7 10 13 16 19 22 25 28 31 34

リセット

▼履歴表示部分▼

出目履歴
赤/黒
ロー/ハイ
偶/奇
ダズン
カラム

ツールの目的

まずはこのツールの目指すところ、目的についてご確認ください。

ヨーロピアンルーレットは全部で37個のポケットと、11の賭けパターンがありますがその中でも以下の賭けパターンに注目しています。

・赤/黒ベット (赤18ポケット、黒18ポケット)
・ロー/ハイベット(ロー1~18までの18ポケット、ハイ19~36までの18ポケット)
・偶数/奇数ベット(偶数18ポケット、奇数18ポケット)
・ダズンベット(あとで解説) ・カラムベット

赤黒、ローハイ、偶数奇数はそれぞれ18ポケットありますので、例えば「黒」に賭けると18/37の確率でアタリになります。

「ロー」に賭けても同じく18/37、「奇数」に賭けても同じく18/37の確率でアタリが出ますね。

このルーレットの意思決定アシストツールは、連続して何度も同じのは出ないだろう、という考え方での攻略をサポートする目的で作っています。

例えば「偶数」が5回連続で出たら、そろそろ「奇数」が出るに違いないと考えて「奇数」にベットするギャンブラーを支援します。

5回も連続で出るってのはめったにありません。ましてや6連続はさらに確率が低い。ということは6回目は逆にベットすればよいのです。

とはいえ、特にライブで進行するルーレットの場合、いちいち出目を記録しておくことは難しいし手間ですよね。そこでこのアシストツールを使って、出目を記録していってほしいと思います。

連続で出た回数を、赤黒、ローハイ、偶数奇数、ダズンベットで記録し、またそろそろ逆にベットするようアナウンスもしてくれます。

ホントの確率の話

「赤」や「偶数」や「ハイ」が5回連続ででる確率は(18/37)の5乗=2.72%です。6回連続で出る確率は1.33%。めったに6回連続なんて出ません。

※現実的な話では、いつでもアタリの確率は18/37です。6回目だから確率がアップするなんてことはありません。

じゃぁなんでこんなツールを作ったのかというと、こういった賭け方をするギャンブラーもいるからです。この戦略、攻略法を使ってルーレットに取り組む人は少なくないんじゃないかと思います。

次こそは逆が出るに違いないと思うのはギャンブラーのサガなのかもしれません。

連続で出る確率の表

表を作りました。

同じのが連続で出る確率をあらわしています。例えば「赤」が出る確率は48.65%ですが、それが5回連続で出る確率は2.72%しかありません。

6回も連続で出る確率なんて1.33%しかないんだから、6回目は逆に賭けよう、という気持ちはわかりますね。

1 2 3 4 5 6 7
赤黒 48.65% 23.67% 11.51% 5.60% 2.72% 1.33% 0.64%
L/H 48.65% 23.67% 11.51% 5.60% 2.72% 1.33% 0.64%
偶数/奇数 48.65% 23.67% 11.51% 5.60% 2.72% 1.33% 0.64%
ダズン 32.43% 10.52% 3.41% 1.11% 0.36% 0.12% 0.04%

ダズンベットは12個の数字をカバーする賭けかたなのでアタリ確率は12/37=32.43%です。3連続で同じダズンが出る確率は3.41%と急に低くなりますね。なので4回目に他のダズンに賭けたくなるわけです。

連続で出ない確率の表

こちらは連続で出ない確率の表です。

たとえば「ダズンx2」は2か所のダズンベットに賭けることを表しています。

ダズンx2は24個のナンバーをカバーしますので、それが出ない確率は13/37=35.14%です。

そうすると4回まわして1度もダズンx2が出ない確率は(13/37)^4=1.52%と計算できます。4回目にダズンx2に賭けましょう、となるわけですね。

1 2 3 4 5 6 7
赤黒 51.35% 26.37% 13.54% 6.95% 3.57% 1.83% 0.94%
L/H 51.35% 26.37% 13.54% 6.95% 3.57% 1.83% 0.94%
偶数/奇数 51.35% 26.37% 13.54% 6.95% 3.57% 1.83% 0.94%
ダズンx2 35.14% 12.34% 4.34% 1.52% 0.54% 0.19% 0.07%

ツールの使い方

さて、ツールの使い方の説明です。

使い方はとても簡単。オンラインカジノでルーレットに取り組むことをお勧めします。

ルーレットの画面を開き、もう1つの画面でこの今見てるこのページを開いてください。1台で2画面開いてもいいし、スマホとPCで同時に開いてもいいですね。

ルーレットででた出目と同じ数字を、このツール上で押していきます。

たとえばルーレットで赤14が出たら、このツールの赤14を押します。ルーレットで黒35が出たら同様に黒35を押します。これの繰り返しです。

押された数字は記録され、履歴を表示します。

記録を続けると上図になっていきます。直近「黒」が2回連続で出てる事がわかりますし、ローハイは「H」はハイを意味し「L」はローを意味します。「H」が5連続で出てるのも一目瞭然。その右側には「Lowに賭けてください」がアナウンスされてますね。偶数奇数では「偶」が2連続で出てます。

赤黒、ローハイ、偶数奇数は5回連続で同じのが出たらアナウンスがはいります。

ダズンには①か②か③が現れます。ダズンベットが3か所(1st / 2nd / 3rd)あるからです。図のケースでは3rdダズンが3回連続で出てることがわかります。なので次の勝負では3rdではなく、1stと2ndダズンに同時にベットしてください、とアナウンスされているのです。ダズンベットは3回連続で同じのが出たらアナウンスが入ります。

これを続けていけば、偏りがでたタイミングで、逆にベットしよう、というアナウンスが表示されます。

例えば赤が5回連続ででたら、そのときの「確率2.72%と、黒に賭けてください」といった文字が点滅で表示されます。

これが出たら次の勝負で「黒」に賭ければよいのです。

この記録とアナウンスとベットをずっと繰り返していく形になります。

空回しや観察を活用してベットタイミングを計る

私がよくプレイしているオンラインカジノのベラジョンカジノには、1人プレイ用のルーレットと、ライブルーレットがあります。

1人プレイ用のルーレットには「空回し」機能があります。これはお金を賭けずともスピンが出来る機能です。なのでベットするタイミングまで空回しを続けてもよいでしょう。

ライブルーレットの場合はディーラーが進行しますので、ベットをせずにルーレットの結果を観察していればよいです。(長くベットしてないと接続が切れてしまうので、少額ベットで見をしてればよいでしょう)

このようにしてベットするタイミングを計ってください。

ベット額をいくらにするか

ベット額は個人の資金の範囲にてご自由に。なのですが、このアシストツールを使っても当然ハズレることはあるわけですね。

なので別のベッティングシステムも活用してベット額コントロールはした方がよいと思います。

最も簡単なのはマーチンゲール法。

黒→黒→黒→黒→黒 と出て、次は「赤」だと思って$10ベットしたら「黒」が出た。これで6連続「黒」です。じゃぁ次こそは「黒」だと思って$20をベットして先ほどの負けを取り返しに行く。

私はこういったベット額の上げ下げのコントロール法も併用しています。

マーチンゲール法はリスクもある手法なので他のベッティングシステムもチェックしてみてください。

保証はしません

何度もお伝えしていますが、次こそは逆張りすれば必ずしもアタリが出るわけではありません。

このアシストツールを使って損失を負っても、当サイトでは何も保証をしません。あなたの責任のもとこのツールをご活用ください。

ということで以上です!皆さんの役に立つことを願っています。

ルーレット攻略に関連する他の記事一覧

TOP

ベラジョンカジノで試す(特典$30)