ブラックジャックベーシックストラテジーシミュレーターとは

作ってみました。

ブラックジャックにはベーシックストラテジーと呼ばれる基本的で世界的に有名な戦略があります。

とは言え実際に使い続けると儲かるのか、どのように資金が増減するのか、勝率はどれぐらいか、還元率はどれぐらいか気になるところでした。

それでシミュレーターを作ってみましたのでこのサイトをご利用いただいている方にも使ってみて様子を見てもらえればと思いました。

適用するベーシックストラテジー

シミュレーターだけ触りたいかたはここは読まなくてよいと思いますが。

本来のベーシックストラテジーとロジックは同じですが、次のように変形させた表を内部で持たせて処理しています。ハードハンドとソフトハンドがわかりにくいので、Aを含まないハンドと、Aを含むハンドに置き換えました。

※タップして拡大

適用するルール

ブラックジャックにはカジノによってルールに微妙な違いがありますが、今回は以下のルールを採用しています。(私が良くプレイするベラジョンカジノのBlackjackを踏襲)

  • プレイヤーバスト(22点以上)時は強制負け
  • ディーラー17以上はスタンド、16以下は必ずヒット
  • ダブルは最初の2枚時のみ可能
  • ダブルは1枚ドローしてスタンド
  • ダブルは9, 10, 11じゃなくても可能
  • スプリットは最初の2枚が同じ点数の時に可能
  • スプリットの回数は1回のみ
  • スプリット後のダブルは不可
  • Aスプリット後は1枚ずつドローしてヒット不可
  • A以外のスプリットは何度でもヒット可
  • スプリット後のA+10はBlackjackではなく21点
  • 同点(TIE)はベット額戻し(Blackjackでも)
  • イーブンマネー、サレンダー、インシュランス無し

ブラックジャックベーシックストラテジーシミュレーターはこちら

資金、試行回数ともに10000が上限。むしろ試行回数1000回を超えると処理が重いので非推奨。

基本のベット額は1固定。ベット額の増減はしません。

シミュレーターの仕組み

非常に長くなるので少しだけ。カードデックは1つ(52枚)を使い、毎回シャッフルして配ります。ディーラーアップカード1枚と、プレイヤーの合計点を見て最適戦略表に従い、Hit/Stand/Double/Splitを判断して勝負しています。

カードのシャッフルはランダムにしてますので結果は毎回違ったものになるはずです。

シミュレーターからの考察

ブラックジャックの還元率は一般的に99%以上とされています。

実際にこの最適戦略で100回、1000回、10000回と試行してみると還元率は99%前後で出る事が多いです。負け数の方が勝ち数より多くてもDoubleで勝ったり(2倍)Blackjackで勝ったり(1.5倍)するので資金が増えてることもあり得ます。

99%ということはやはりディーラー側が有利なわけですが、それはプレイヤーが先にバストするとディーラーのハンド如何に関わらず先負けが確定してしまう事から来ています。

還元率99%は非常に高いですが、言い変えれば1を賭けたら毎回0.01がマイナスになるともいえるわけで、1万回試行すれば100の資金が減ってる事でしょう。だからどこかのタイミングでベット額を上げ下げして不利な分を取り戻しにいかないといけないだろうと思います。

試行回数が増えればこの確率に収束するので、勝ってるうちにサッと止めるか、ベット額の上下で収束させないようにする資金とメンタルの管理が大事なのだろうと思いました。

TOP

ベラジョンカジノで試す(特典$30)