ダランベール法シミュレーター2(パラメータ調整版)

ダランベール法シミュレーター2(パラメータ調整版)

日 MAX 365
ドル MAX 100
ドル MAX 10
回 MAX 1000
ドル MAX 1000
ドル MAX1000
増減額を10%に固定
日をまたいでもベット額リセットしない
ドル MAX50000

ダランベール法シミュレーター2を作った背景

こちらの記事でダランベール法のシミュレーターは公開しているのですが、今回あえて「2」を公開しました。

カジノにはハウスアドバンテージがあるせいで、原則的にプレイヤーへのリターンは100%を下回るのが当たり前です。

なので個人的にはカジノには長期的には勝てない、いずれ資金が目減りすると考えています。

様々な攻略法や戦略を駆使してもハウスアドバンテージをひっくり返すのは無理だと思っているのにも関わらず、ダランベール法を使うと結構勝率がよくて、シミュレーター作ってる自分でも正直なんで勝率がいいのか分からない部分がありまして(苦笑

なんとなく肌感では51:49ぐらいの確率で長期的にプレイしてもカジノに勝てるような気がしてしまっています。

論理的には負けるのが明確なのに、肌間隔では勝ってる気がする、という訳なのです。

そこで、ただたんにダランベール法をシミュレーションするだけじゃなくて、実際にカジノでプレイするようなシーンを想定しました。

・ダランベール法で1年365日プレイし続けたらどうなるの?
・ベット額や、増減額のパラメータを色々変えて取り組んだら?
・バカラとルーレットでは違いはあるの?
・1日の利確額や、損切り額を設定したらどうなる?
・1プレイ1~2分かかるとして1日100プレイを想定したら?

そんなことを考えてシミュレーションできるようにしたのが今回のツールです。

今回のは自分が納得いく結果が出ればいいなと言う思いで、自分の肌間隔が間違っててやっぱり論理的にカジノには勝てないんだなというのがわかれば、それはそれで満足いく気がしています。

ダランベール法シミュレーター2の使い方と各項目の説明

・何日やるか
ここは日数を入れる。最大365日プレイまでを想定。

・基本ベット額
ダランベール法は最初のベット額は$1ではなく、$5や$10や$15や$20など自分で設定できる

・増減額
次のベット額の増減額を設定。(勝利時の減額、ハズレ時の増額)

・1日の終了条件(プレイ数)
1プレイ1~2分として、実際にプレイできそうな回数を入力。最大1000プレイ

・1日の終了条件(目標額)
今日の1日でいくらの目標を達成したら、利確して今日のプレイを停止する条件。ここを0にすると目標額を設定しなくなる。青天井。

・1日の終了条件(損切り額)
こちらは逆に1日でいくら損したら、今日のプレイを停止するかを設定。ここを0にすると損切りしなくなる。

いずれかの条件に当てはまると今日のプレイ分は終わり、翌日のプレイがスタートします。

この他、ダランベールの仕組みによって次のベット額が0になることで、今日のプレイを停止する条件もある。

・オプション
勝率2分の1のゲーム/ルーレットの赤黒や偶数奇数/バカラのプレイヤーベット

この3つから選択できる。バカラのバンカーベットは勝利時の配当が0.95倍なので適さないと判断。

・増減額を10%に固定
ここにチェックを入れると、上で入力した増減額は無視して、かならずベット額の10%を増減額にする。
例1 ベット額23ドル→増減額は2ドル
例2 ベット額126ドル→増減額は12ドル
例3 ベット額7ドル→増減額は1ドル(ベット額10未満は増減額$1で固定)

・日をまたいでもベット額リセットしない
基本的には毎日の最初のベット額はリセットされ、基本ベット額でプレイします。 けど、ここのチェックをONにすると昨日の最後のベット額を引き継いで、今日の最初のベット額を設定します。

・ベット上限額
カジノによって賭けられる金額の上限が決まってる場合があります。ベラジョンカジノのライブバカラだと上限50000なので、初期値はそれを入れています。

・シミュレーション実行
このボタンを押すとシミュレーションを開始し、結果を表示します。

プレイ数や日数が多いほど、処理が重くなり時間がかかります。

シミュレーター2の使い方と1との違い

1と2とであまり変わらないような気もしますが、2のほうは「何日間プレイするか」を明確にしたことで、1年間継続してプレイすることを想定しているという部分で違いかなと思います。

あとは1日のプレイの終了条件や、増減額のオプションなども追加されています。

様々なパラメータでシミュレーター回してみた結果

先に結論を。以下の設定が一番よかった。

・バカラのプレイヤーベット利用。
・基本ベット額は$10。
・増減額は1ドルスタートだけど、増減額10%固定に。
・日をまたいでもベット額リセットしないON。
・1日100プレイで終了。
・1日の終了条件は設けない。

この設定でプレイし続けるのが一番稼ぎがよかったです。

9年間プレイした想定で、次の様にまとまりました。

結果まとめ 1年目 2年目 3年目 4年目 5年目 6年目 7年目 8年目 9年目 合計
収益 -4854 5214 4913 5110 3120 3080 -10553 3423 5828 15281
合計プレイ数 34077 33455 33791 33687 34297 34078 34420 33895 32973 304673
勝利数 16693 16560 16705 16658 16853 16758 16834 16716 16369 150146
負け数 17384 16895 17086 17029 17444 17320 17586 17179 16604 154527
勝率 0.4899 0.495 0.4944 0.4945 0.4914 0.4918 0.4891 0.4932 0.4964 0.4929

9年間合計で30万回プレイ、15281ドルのプラスで着地。 マイナスだったのは1年目と7年目の2回のみ。

バカラのプレイヤーベットで勝つ確率は49.62%なので、概ねそれぐらいの勝率になっています。

つまり負け数の方が多いのに、利益が出せているという、ダランベールならではの利点が出ているように見えます。

ということで色んな設定を変えてシミュレーションしてみてください。 あなたが想定している取り組み方で、利益が出るか調べることができますよ。

ダランベール法は基本的にはベットの増減額は$1や$5など固定で行うものと思いますが、今回の様にベット額の10%として可変にした方が結果が良いことがわかりました。ある意味ダランベール法じゃないような気もします。亜種。

他の設定がどうだったか

自分で試してみて、ベット基本額を$20スタートにしてみたり、増減額を固定$1にしたり、リセットをOFFにしたり、目標額と損切りを設定したり、色々組み替えてシミュレーションしてみたのですが。

全然利益が出ない結果が続きました。ルーレットの赤黒も長期では利益が出ない。

そんなこんなでダランベール法は勝率がいい気がしていたのですが、シミュレーションの上でも特定の設定だと利益が出しやすいことがわかりました。

ただし‥

1年間毎日100プレイ(約2時間)してやっと約30万~50万の儲けになるぐらい。時給換算して685円程度。

うーん、やらない方がマシ!w

もっと儲けようと思ってベット額$100スタートにすると、今度はベット額上限にぶちあたって負けやすくなります。ちょうどいいパラメータを探ってみてください。

ハイエナおじさん的には、長年の疑問だったダランベールの勝率のよさと、駄目パターンと良いパターンが自己解決して大満足です。

その他の作成したシミュレーター一覧