カジノシークレットですが、オンラインカジノ業界では新しく誕生した部類に入ります。

2018年8月からとの表記があるので現時点で2年半は運営されています。そういえばブロガー向けオンラインカジノのイベントにカジノシークレットの偉い人も来てたような記憶が。

日本のこの業界は海外からすると優良な市場と認識されているらしく、新しい海外カジノがどんどん日本上陸をしては消えていっていますが、カジノシークレットは日本人ウケが良く人気度も高くなっています。

今日はさっそくカジノシークレットに登録して入金プレイで遊んでみました。そんな中からベラジョンカジノと比較してみたいと思います。

運営やスペックを比較して整理

コチラ基本的な情報です。

カジノシークレット ベラジョンカジノ
運営会社 CS Litto Limited Breckenridge Curacao B.V.
ギャンブリングライセンス Malta Gaming Authority(MGA) キュラソー州知事
ライセンス番号 MGA/B2C/259/2014 Master gaming License #1668/JAZ
言語 英語、日本語 英語、日本語
入出金方法 銀行送金、VISA/Mastercard/JCB、ecopayz、iwallet、VenusPoint、Jeton、AstroPay、MuchBetter 銀行送金、VISA/Mastercard/AMEX/JCB、ecopayz、iwallet、VenusPoint、コンビニ、MuchBetter、BTC
所在 2nd Floor Vella Falzon Building Triq II-Wied Msida MSD 902 Malta 36 Julianaplein Willemstad Curaçao

以前ベラジョンはMGAのライセンスで運営されていましたが、アジア向けの強化をするということで2020年にキュラソーのライセンスに変わった経緯があります。

その影響でサイトの通信速度は向上したためかベラジョンカジノの方がとても速くスムーズに操作ができます。カジノシークレットはゲームロードに時間がかかったり、途中停止もたまにある感じ。

サイト内やサポートは日本語対応してるのでどちらも日本人が問題なく遊べます。

サポートデスクのライブチャット営業時間は以下のようになっていて、カジノシークレット優位だと思いました。

カジノシークレット 朝10時~夜2時
ベラジョンカジノ 月~金 11時半~22時半
土日 16時半~22時半

カジノシークレットとベラジョンカジノのボーナスの比較

カジノシークレットのボーナス

カジノシークレットの最大のウリは「業界初のボーナスの仕組み」にあります。

一般的なオンラインカジノのボーナスは現金化するために40倍の賭けをクリアしなければならず、ベラジョンカジノでさえも20倍の賭けクリアが必要です。

一方カジノシークレットは現金化の条件がありません。つまり出金条件無し

後発組のカジノはプレイヤー獲得のため他者より有利な仕掛けをする必要がありますが、このカジノでは即席のキャッシュを付与することでプレイヤーにメリットを与えています。(カジノ側の利益率はかなり低いと思われる)

ベラジョンカジノのボーナス

一方で、ベラジョンカジノのウリといえばたくさんありますが、初心者向けの「入金不要ボーナス」が挙げられるでしょう。

登録後、入金しなくても$30を獲得できます。また1度入金した後から10日間連続で資金を減らさずに10個のゲームのキャッシュプレイが数ドル分出来てしまうビギナーズボーナスが注目されています。

この業界、悪質な不正プレイヤーが多く、複数アカウント作成で繰り返し入金不要ボーナスを獲得できてしまうため、カジノ側としてはやらないのが通例となっています。しかしベラジョンカジノでは日本人の民度に期待し入金不要ボーナスをプレゼントしているのです。

初めての人向けボーナスの比較

入金ボーナス カジノシークレット ベラジョンカジノ
初回入金に対して 初回入金キャッシュバック、入金額の50%で最大$500まで現金キャッシュバック 初回入金ボーナス、初回入金額の100%で、最高$500までのボーナスキャッシュ獲得
2回目の入金に対して なし 入金額の50%で、最高$250までのボーナス獲得
3回目の入金に対して なし 入金額の100%で、最高$200までのボーナス獲得
出金条件 なし 20倍賭けクリア
その他 なし 10日間連続$5のゲームクレジットを贈呈

カジノシークレットの初回入金キャッシュバックは最初の入金額を全部使ってしまった場合に進呈されるので、使い切る前に2回目の入金をしたり出金をすると無くなるので注意です。

カジノシークレットにはキャッシュバックボーナスがある!

カジノシークレットでは負けた金額に対していくらかのキャッシュバックがその場で貰えるようになっています。

これもデカイですね。早速試してみました。

$1を賭けてハズレたあと、キャッシュバックの財布の方に$0.01~$0.06が加算されました(ということは1%~6%か)。これカジノ側からしたら結構利益を圧迫している額でしょう。

キャッシュバックのパーセンテージを調べてみた

幾つかのゲームでいくらキャッシュバックされてるのか調査してみました。調査方法は$1ベットして負けた後にゲームを閉じて戻される額をパーセントにしたものです。

ルーレット(RTP 97.30%)→2%
バカラプレイヤーベット(RTP98.64%)→0.4%
ムンプリ(RTP 94.51%)→3%
ハワイアンドリーム(RTP 97%)→1%

と、このようにそのゲームが持つRTPに応じて、キャッシュバックの%が変わっていました。とは言えこの割合はプレイヤーにとってお得感が満載ですね。

少し遊んでみてキャッシュバック額が$0.36貯まったので現金化してみました。

即リアルマネー残高の方に加算されるので、本当に出金条件無しということがわかります

この仕組みかなりプレイヤーに譲歩してると言えます。ベラジョンの場合は負けた分は「コイン」として受け取って、後からアイテム等に交換できる仕組みがありますが、キャッシュバックの方が使い道自由でわかりやすいと思う。

カジノシークレットとベラジョンカジノの登録方法の違い

調べるために登録してみました。

カジノシークレットの登録方法

Step1.登録画面へ行くと、通知表示を許可するに設定

まず通知をオンにしておきます。

Step2.アカウント登録画面から入力

メールアドレス、パスワード、電話番号(先頭0の次から入力)
ここでパスワードはあまり長すぎると受け付けてくれません。ローマ字、記号を含めて12文字なら入った。

Step2-2.アカウント登録画面2

ここで名前、性をローマ字で入力。
国→JAPAN
通貨→USD
郵便番号、都道府県、市区町村、町名番地は日本語で入力してOK。
生年月日と性別を正しく入力すること。

これでアカウントを登録ボタンを押す。

もしここでエラー「Weak password selected when changing. Password length is too long.」が表示されたら、パスワードが長すぎるというエラーです。

Step3.SMSに来たアカウント有効コードを入力

先ほど入力した電話番号にSMSが来る。4桁の数字を入力して次へ進もう。

Step4.ログイン後画面に入れる

これで完了。

パスワードでてこずりましたが、登録ができました。

カジノシークレットとベラジョンカジノの入出金方法を比較

入金方法と1回の入金可能額を比較

2021年2月26日時点

入金 カジノシークレット ベラジョンカジノ
クレジットカード $20~$2000 $10~$5000
VenusPoint $20~$10000 $10~$2500
ecoPayz $20~$10000 $10~$20000
iWallet $20~$5000 $10~$10000
暗号通貨(BTC/ETH/LTC/XRP) $0~$50000
コンビニ支払 30万円
MuchBetter $20~$10000 $10~$2500
Jeton $20~$10000
AstroPay $20~$10000

出金方法と1回の限度額を比較

出金 カジノシークレット ベラジョンカジノ
銀行送金 $500~$50000 $10~$45000
ecoPayz $20~$50000 $10~$50000
iWallet $20~$20000 $10~$50000
VenusPoint $20~$50000 $10~$20000
暗号通貨 $10~$100000
Jeton $20~$50000
AstroPay $20~$50000

カジノシークレットの「Jeton」と「Astropay」は初めてみました。オンラインウォレット系ですね。ハイエナおじさんはこの2つのアカウントを持っていませんが、他のオンラインウォレット系が駄目になった場合の保険的な使い方ができそうです。

ベラジョンの方がやや入出金とも限度額が高めになっています。また暗号通貨が使えるのは大きいですね。

それからAMEXカードはベラジョンでのみ使えます。

どちらも銀行送金で出金できるのは最大のメリットです。

カジノシークレットとベラジョンカジノで遊べるゲームを比較

ベラジョンカジノは1600以上のゲームを用意していますが、カジノシークレットはそれよりかなり少なく見えますがゲーム数は把握できませんでした。

それぞれのカジノに提供しているプロバイダーを列記。2021年2月情報なので今後増えたり減ったりするでしょう。

ベラジョン カジノシークレット ライブ
Evolution Gaming (ライブ)
Ezugi Live (ライブ)
Pragmatic Play Live
Gameplay Live (ライブ)
SA Gaming Live (ライブ)
Microgaming Live (ライブ)
1X2 Gaming
2by2 Gaming
Baltic Game Studio
Big Time Gaming
Blueprint Gaming
Booming Games
Cayetano Gaming
Evoplay
GameArt
Gamomat
Golden Hero Games
Green Jade Games
Habanero
Iron Dog
iSoftBet
Just For The Win
Kalamba Games
Leander Games
Leap Gaming
Lightning Box
Microgaming
Net Entertainment
Nolimit City
One Touch
Oryx Gaming
Play'n GO
Pocket Games
PragmaticPlay
Push Gaming
Quickspin
Rabcat
Red Tiger
Relax Gaming
RTG Slots
Roxor Gaming
Slingo
STHLM Gaming
Thunderkick
Tom Horn Gaming
Triple PG
Yggdrasil Gaming
WAZDAN

日本人に人気のパチスロ系(Hawaiian Dream、Oiran Dream、Battle Dwarf、金蛙神)はどちらにもありますね。

ベラジョンには限定ゲームが豊富にあり、ベラジョンでしか遊べないものも多いですね。

ライブカジノについて

ベラジョンの方がGameplay社、SA Gaming社、Microgaming社もある分たくさんのライブ会場を選択できます。

が、ライブはEvolutino Gamingさえ抑えておけばいいと思うし、カジノシークレットにも同会場があるので十分でしょう。

Ezugi Live内で遊べるゲームには他のライブ会場には無い独特なギャンブルもありますが(Lucky7、Andar Bahar、TeenPatti等)がありますが、カジノシークレットの方には用意されていませんでした。

テーブルゲームはベラジョンが圧倒

ブラックジャック、ルーレット、ポーカー、バカラ系のテーブルゲームではベラジョンの方が圧倒的にゲーム数が多いです。

オプション、デッキ数、サイドベットの違うテーブルも用意されてるし、ポーカーに至っては3カード、ホールデム、ロシアンポーカーなどのルールの異なるゲームも。

またオリジナルのテーブルゲーム(SIC BO、100 BitDice、Cards Hi Lo、NiceDice、ソリティア等)も用意されてます。

カジノシークレットでだけ遊べるのは?

Quickspin社、WAZDAN社はカジノシークレットにのみあります。

Quickspin社は昔ベラジョンにもあったのですが今はありません。Sakura Fortuneはハイエナおじさんも印象に残ってる良スロットでした。

WAZDAN社は今回の調査で初めて触れました。このスロット凄いな‥作画下手すぎだろ‥日本のアニメに寄せたんだろうな‥

自分が好きなゲームにあわせてどちらのカジノで遊ぶかを決めてもいいでしょう。

カジノシークレットをプレイしてみた感想

気になったのがPCでの画面サイズ。ちょっと小さくない?ライブカジノなら最大化ボタンを押せばブラウザいっぱいに広がるので問題ないですが、スロットだと画面が小さく見えちゃいますね。

取り合えず$20を入金してみてMega Wheelをプレイしたら偶然100倍当たった。$0.2が$20に。ラッキー。

それにしてもリアルタイムキャッシュバックと簡単に現金化出来る仕組みは素晴らしいですね!

ということで、カジノシークレットとベラジョンを比較してみました。

ハイエナおじさんはエンジョイ勢なのでベラジョンをプレイしてますが、数%でも赤字を減らして勝ちに転じたい、負け額をマイルドにしたい!という方はカジノシークレットお勧めです!