haienas

皆さんが経験しているとおり、ギャンブルには勝てる流れも勝てない流れもありますね。

調子良かったと思ったら不運が連続して何日も続くときもあります。(涙

この記事ではベラジョンカジノで「絶対勝てない理由」をお伝えします

いや、厳密には違うな。

勝てる時もあるから、「長期的にはベラジョンカジノに絶対勝てない」その理由をお伝えします。(短期的なら勝てるという訳でもありません)

それから「対策」も。

長期的に見てベラジョンカジノに絶対勝てない理由

ベラジョンカジノには多様なゲームメーカーがギャンブルゲームを提供しています。

そして多くのゲームでペイアウト率が設定・表示されています。

(呼び方は様々で、還元率とかRTPとも言いますし、パチンコ好きな人には出玉率などと言った方が理解が早いでしょう)

ペイアウト率は各ギャンブルにおける当選の確率と配当のバランスことと考えてOKです。(ペイアウト率の詳細

・当選が出やすいものは賞金が安い
・当選が出にくいものは賞金が高い
・カジノ側が損をしないように賞金が設定されている

このカジノ側の損しない率(逆に言えばプレイヤー側が損する率)のことをペイアウト率と読み替えてもよいでしょう。

ペイアウト率をみていくと絶対勝てない理由が見えてくる

ご存知の方も多いと思いますが、賭けの試行回数が増えれば増えるほどプレイヤーの賭けに対する受取額はそのペイアウト率に収束していってしまいます。

例えばペイアウト率95%のゲームであれば$100ベットに対してリターンが$95になる(つまり‐$5の損)が理論値です。

このゲームをずっと繰り返しプレイしていても、いずれは今までの100の投資に対して95%が手元に残るようなイメージです。

$100を1度にベットしたときの期待値は$95ですし、

$1を100回ベットしてトータル$100つっこんだ時の手元に戻ってくる期待値は$95ですね。

例を挙げてみましょう

例えばパチスロだとメダル1枚20円、1スピンするのにメダル3枚使うとすると60円でしょうか、1時間で800ゲームぐらいできるかも。

それに対してスピードの速いビデオスロットなら1時間で1000~2000スピンは軽くできちゃいます。1スピンするのに$0.5(約60円)使うとして、1時間1000スピンしたとき合計ベット額はいくらでしょう?

$0.5×1000=$500

になりますね。

てことは理論値で95%のリターンなら$475。損失-$25で着地ぐらいですね。

1日1時間x30日やった場合は?

$500×30=$15000

になります。損失は-$750です。

10か月後には-$7500(為替差もあるでしょうけど-75万~100万円)に。

もちろんここまで来る道中で大当たりも経験するし、長いアタリが出ない期間もあるでしょうし、小役ばかりの時もあるでしょう。

毎日やらないにしても長くつづければ、紆余曲折あってこれぐらいマイナスですよ。

抽選部分を解剖してみましょうか

ハイエナおじさんが長くビデオスロットをプレイしてきた感じだと、以下のような比率でアタリ/ハズレが出ます。

アタリハズレ 配当 確率 何回に1回出るか
ハズレ 0 65% 1.5回
小役 0.5~2倍 34% 2.9回
ボーナス小 40倍 0.5% 200回
ボーナス大 100倍 0.1% 1000回
メガボーナス 3000倍 0.01% 1万回

スロット毎にアタリの出やすさ、配当の大小などの性格は異なりますが、ベラジョンの平均的にこんな体感です。

<抽選券が1万枚入ったボックスのイメージ>

イメージですが、1回の抽選で1万枚入ってる抽選券から1枚引く。結果をみたらその抽選券を箱に戻してまたもう1枚引く。

それの繰り返しです。

これをずーーーーっと続けて1年後や5年後も利益が出せそうですか??

これは絶対勝てない‥と思っちゃいますね(;´・ω・)

なんとなく自分ならメガボーナスを引けそうに思えてしまう人もいるかもしれません‥そこがカジノ側の思惑ですし。ペイアウト率95%というのは皆が賭けを続けたくなる仕掛けなのでしょう。

ちなみにスロット以外のギャンブルもありますね。

シングル0ホイールのルーレットで言えばペイアウト率はは97.30%ですし、バカラのBANKERベットなら98.83%です。この辺が最高峰。ほとんどのゲームはこれより低い率

この抽選をずっと繰り返しますか?という話。

「これぐらいしか戻さないよ」と言っているんだから絶対勝てないでしょう?

ペイアウト率は「これぐらいしか戻さないよ」と言ってる訳ですね。

まぁ宝くじは売上の半分しか戻さないよと言ってる中で、ベラジョンカジノのゲームは「95%は戻すよ」と言ってるので率だけを比較すればベラジョンに軍配が上がりますが

ハイエナおじさん的にはどっちも一緒かなぁと思います。ベラジョンも宝くじを買う感覚。夢を買う。当たらなくて当たり前、そんな感覚なんです。。

「絶対勝てない」への対策は「やらない」or「ゆっくりやる」

ペイアウト率を論理ではわかっているものの、実際はそれより勝てないような結果になるというのが体感です。

10万円入れたら10万円全部溶けるし‥ほんとに95%もリターンあったかな‥みたいな💢

①一定の金額ではなく上げ下げする対策

対策としてベット額を上下させるのはどうでしょうか?

例えば負けが続く流れの時は低額ベットで賭けをするとか。

運が向いてきたなと思った時点からベット額を2倍、3倍と増やして取り返しを計るような作戦です。

確かにベット額を増やせば、大当たり時の当選金額も2倍、3倍に増えるので今までの負けを取り返せる可能性は高くなります。

一定金額で長く続けると徐々に資金が目減りしていくのなら、ベット額を変えればカジノ側の予定を外す事ができる。というのも理解できます。

ところがハイエナおじさんの経験では、ベット額をアップさせたところで勝ちが舞い込んでくることはそうそう無いということです。(´・ω・`)

②プレイの速度を物理的にゆっくりやる

ゆっくりプレイする、1日のプレイ時間を減らすことは軍資金を長持ちさせることに役立ちます。

究極言えばやらない方が資金を守ることになるのですが

どこかのタイミングで悟りを開いて「勝とう」「勝ちたい」の気持ちを無くし「楽しもう」になれた人は幸せなんじゃないかと思います。

勝てない状況が続いて極限の精神状態下では冷静な判断はできません。

「予算はこれぐらい、と決めてたけど、小銭のこしたってしょーがねぇや!」といって予定以上に使ってしまった経験は誰しもあるんじゃないかと思います。

なので一旦冷静になるために少しベラジョンを離れてみて他のオンラインカジノで遊んでみることもお勧めしたい。

他のオンラインカジノのすすめ

この章ではハイエナおじさんが良くプレイしている、ベラジョンカジノ以外のオンラインカジノを紹介してみようと思います。

他のオンラインカジノにしたって勝とうと思ってやるのはNGですよ。どうしたってペイアウト率はプレイヤーに不利になってるんですから

オンラインカジノプレイヤーは基本的に複数のカジノを渡り歩いて自分に合ったゲームを見つけるものです。ベラジョンカジノで勝てないのは相性の問題、ってこともあるので他のカジノも覗いて見ることもオススメですよ。

ここでは次のカジノについて簡単に紹介します。

  • エンパイアカジノ
  • ウィリアムヒル・スポーツ
  • DORA麻雀

エンパイアカジノ

empire
カジノの中では特に「ライブ」に特化したカジノとして次のプレイヤーに大人気、指示を得ています。

・ポーカープレイヤー
・バカラプレイヤー

ライブという事で画面の向こうには本物のディーラーが存在し中継して本場のカジノでプレイしているかのような臨場感で遊ぶことができます。

ベット額も高額なレートでプレイできるテーブルが揃っており熱狂的なファンが付いてるカジノですね。

もちろんポーカーやバカラ以外のゲームも揃っています。

ライブだけに進行は「ゆっくり」です。楽しむことに主眼を置いたならライブがお勧めです

≫エンパイアカジノ公式

 

ウィリアムヒル・スポーツ

williamimg
こちらも最近は日本のTVで紹介されるほどなので認知度が高いでしょう。

スポーツの勝ち負けに賭けるスポーツベッティングと呼ばれるギャンブルです。スポーツだけでなく政治や選挙などなんでも賭けの対象にしてしまう、というもの。

ウィリアムヒルといえば英国の歴史ある優良企業(上場企業)で全世界でも知らない人は居ないぐらいの規模の企業です。野球やサッカー好きなら一度見てみると面白いでしょう。

≫ウィリアムヒル公式

 

DORA麻雀

doraimg
麻雀好きが唯一賭けて遊べるゲームがコチラです。

オンライン上で相手と対戦して勝てば儲かるということで、運ではなく腕次第で「勝てる」ゲームです。対戦相手は日本人が多いですね。4人麻雀や3人麻雀の卓があります。

ハイエナおじさん的に一番勝率がいいのがDORA麻雀ですね。ベラジョンで勝てない時はDORAで憂さ晴らしです。

≫DORA麻雀公式

 

ワイルドジャングルカジノ

wildimg
以前紹介していたこちらのカジノは現状経営に疑問がある状態だったのですが立て直したのか(?)プレイヤーが多いカジノでもあります。

疑念があるのでリンクは不掲載。

参考まで:
この業界では超有名なオンラインカジノ。スマホプレイ不可、PCのみプレイ可。
決済方法はクレジットカード不可、WEBANQ、JBANQはOK。

という事で遊びやすいとは言えないカジノなのに、人気が落ちない安定したカジノだと思います。

何よりも「超高額な配当が出やすい」という事でプレイヤーに認知されているから、大きく稼ごうと思ったらココで遊ぶのが最も可能性が高いかも。

過去に日本人プレイヤーで1億を出した人が2人も居ますし雑誌にも掲載されるほどですからね。ハイエナおじさんもワイルドではよく稼がせて貰ってます。

勝てない時にどうするか

ベラジョンカジノでもそれ以外のギャンブルでも勝負事なら勝てないことはよくあります。その時にどう「思考」し「行動」するかでその後の結果が変わってくると思います。

勝てない時は、なぜ勝てないのか、結果に目を背けず分析をするべきです。そうしないと自身の歩みを止めてしまう事になり、なにも成長しません。そのまま続けていてもまた同じ結果になるだけです

結果が変わらないという事はそこに留まったまま、という事になります。そういったときこそ「変化」のチャンスだといえます。自分が変化すれば結果が変化します。

「勝てない」から「ちょっと勝てるようになった」になるかもしれません。しかし変化には傷みが伴うかもしれません。いままで居心地の良い場所にいたところから、変わらなくてはいけないのですから。

ここでは、勝てない時にどうするか、と題していくつかのヒントを書いて行こうと思います。

  • 精神状態を確認する
  • 変化を受け入れる
  • 軍資金を確認する
  • 人間性を高める

勝てない時の精神状態を確認する

これが一番大切かもしれません。精神状態を確認しましょう。落ち着いてるのかイライラしてるのか、モチベーションが高いのか、変化を受け入れられるタイミングなのか、結果に失望しているのか。

ご存知の通り平常心であること、モチベーションが高い事がベストなんですけど、なかなかそうも行かない場合が多いです。イライラしてるときは、いったんギャンブルから離れることもお勧めです。予定外の財布に手を突っ込むことはありません。

ベラジョンで「勝てない」「勝てない」「勝てない!」というのは「稼ぎたい」「稼ぎたい」「稼ぎたい!」の裏返し。過度な期待をするから落胆が大きい。「ギャンブルなんだから勝てないのは当然、俺は楽しむためにやってるんだ」ぐらいの落ち着きがいいですよ。

そうすれば判断を迷わない、間違わない。攻める時に攻めて大金を稼げ、引く時に引いて大きなマイナスを避けることができます。負け続けたらその負けを取り戻すためにベット額を大きくする事があると思いますが、そうなるとリスクが高いです。

 

変化を受け入れる

勝てない時は逆にチャンス、と誰だったかが言った気がします。勝てないのはその時の自分に原因があるんだと、「なんでやの矢は自分に向ける」んだと。

自分以外の何かのせいにしていては結果をその何かに委ねる事になります。自分で道を切り開かないといけないので、結局は自分が変化をするしかないという事です。自分の何かが変われば結果が変わります。原因と結果の法則です。

 

軍資金の確認をする

この記事は精神論が多めですが、軍資金についてはしっかり確認しておきましょう。たまにいるんです。生活費に手を出してる人やキャッシングなんかでお金を借りてる人が。

ベラジョンカジノも余裕のあるお金で遊ぶならOK。しかし生活を貧してまで興じるようではもはやアウト。ベラジョンカジノ内の制限機能をONにするか、退会して二度とログインできないようにしたほうがマシです。

オンラインカジノには責任あるゲーミングといって、ユーザーの過剰なギャンブルを制限するような仕組みがあります。自分で駄目だとわかっていれば、その仕組みを利用して制限をしておく事も生活を守る対策です。

 

人間性を高める

どういうわけかわかりませんが、人間性の高い人ほど賭け事に強い、勝負事に強い傾向があります。

性格はその人の打ち方、賭け方に反映されます。荒っぽい性格、ズルい人間性の人は賭けにもそれが現れて自滅していきます。

ハッとした人は改めてみてください。

ベラジョンカジノで勝つ事が全てでしょうか?大金を手に入れる事が全てでしょうか?

そういった人はどうせ大金を手にしても、今よりもマイナスになる傾向があります。

それよりも自分がどんな目的で生活しているのか、価値観は金でしかないのか。人間性が高い人は日々成長できる事に感謝をしつつギャンブルに取り組んでいます。

そういう人はブレないので自分に自信があります。自信がある人は確率の勝率も何故か非常に高いものです

勝敗にこだわらず、自分の成長に目を向けてみてはいかがでしょう。

ということで、理論派オカルトプレイヤーのハイエナおじさんからの助言でした。🐶

あ、ちなみに勝ってる人は、短期間で大勝ちして勝ち逃げした人だけですよ。