今日は「勝ち逃げ、損切りのタイミング」についてを書いてみたいと思いました。

というのも私のオンラインカジノへの向き合い方として、「勝てたらいいね」というスタンスなので、基本はエンジョイ勢。そんな中から攻略法や有益なシステムを作ったり検証したりして遊んでるという感じです。

なので、今までどのタイミングで止めるといいのか、についてはあまり検討したことがありませんでした。

今回はシミュレーターを回してみて、いくらが勝ち逃げ(あるいは損切り)のタイミングなのかを提案したいと思います。

手持ちの資金と目標、狙うゲームのバランス

いくら稼ぎたいという目標って大事だと思いますけど、「手持ちの資金1000円で100万円稼ぎたい」これは結構無理がありますよね。

100万円稼ぎたい人は軍資金100万円(使わないまでも)は少なくとも必要だと思うんです。

ベラジョンカジノのジャックポットスロット場合、1000倍~1万倍(さらにはそれ以上も!)のリターンもありえるので不可能ではないけど、確率が低すぎて。

1万円で5万円のリターンならよくありますけど。

1万円で5万円利益を出そうと思えば‥

バカラで1万円ベット→勝利(1万の利益) 軍資金:2万
2万円ベット→勝利(2万の利益) 軍資金:4万
2万円ベット→勝利(2万の利益) 軍資金6万

これで1万円スタートから5万円の稼ぎ。3連勝しないといけない。どこかで負けたら資金ゼロなので、高いリスクとともに高いリターンを得る戦略を取らざるを得ません

このような少ない資金で大金を狙うなら、テーブルゲームでちまちま利益の再投資をしていくのは障壁が高いです。
資金が少なければビデオスロットにつぎ込み、大当たりを目指した方が私は好きです。

1スピン1ドルで100スピンまわして資金がゼロになるか、1/300のボーナスを引いて資金が300ドル~500ドル増えるか、そんな勝負に賭けてみたくなります。

自己資金が少ない方が大金を目指すならビデオスロットにつっこむしかない。

お勧めしたい今日の投資回収率は5~20%

「投資回収率」という言葉を使うとすると、今日賭けたお金に対して、今日回収した金額がいくらになるかという話です。

今日1日トータル$1000を賭けて、$1500が戻ってきたら、利益は$500なので、投資回収率は50%!

利益÷賭け金と考えればOKです。

いくら目指すとよいかですが5~20%がちょうど良いと思います。今日1日で$100賭けたら$20の利益が出ればかなりイイ方です。

これが数十プレイの後に+$5の稼ぎでも及第点だと思います。

例1

例えばバカラで$5ベットなら20回プレイで今日の賭け金が$100になりますね。

うち13回の勝利で$5×13=$65の利益。うち7回のハズレで$5×7=$35の損失。利益-損失=+$20の利益が残りました。

バカラの勝率って約50%なので、$20の儲けならアタリが6回先行してることになり、かなりイイ結果だった事がわかると思います。

$100持って$100ベットして0になるか+$100になるか、そういうスリルのある打ち方をしてもいいけど(笑)
ROI 5~20%を目指して地道に打つほうが資金管理しやすいと思います。

10倍の資金持ちな人なら今日の賭け金$1000と決めて、$5を200回プレイしてもいいし、$50を20回プレイしてもOKです。$100~$300の利益が安定的にだせたらかなりのギャンブラーだと思います。

また毎回同じベット額をずっと続けるのではなくて、幸運の流れが来たと思えば賭け金をアップさせて勝負に出てもよいでしょう。

例2

ルーレットだと期待値がバカラよりやや低いので、5~15%の利益が出れば結構イイ方なんじゃないかなと思います。

イーブンベット(赤黒や偶数奇数)以外にも、色んな賭けエリアが楽しめるのがルーレット。複数エリアベットを多用すると1スピンでの賭け金が高くなりがちですね。

ハイエナおじさん
まとめ

今日の投資回収率は5~20%を目標にしよう!

プラス$100勝ち逃げ、マイナス$200損切りの提案

これは検証の結果、今日の利益がプラス$100になるか、マイナス$200になるかを止め時とする一つの提案です。

(勿論、資金持ちの人は+$1000でも+$2000にでも設定してよいですが)

今日プラス$100になれば利益確定の勝ち逃げ。あるいはマイナス$200になれば損切りで終了とする資金管理です。このバランスが絶妙!

最初に決めておけば$200以上の損にはならない(別の財布に手を出さない限り)ので、負けた時の覚悟もできるメリットが大きいかと思います。

この資金管理術はバカラやルーレットやブラックジャックのような勝ち負けが交互に訪れるような、勝率で言えば約50%の確率で勝てる勝負でイイ止め時を知らせてくれます。

常に一定の賭け金のケースで勝ち逃げ、損切りのタイミングを検証

例えば資金$1000持ちでスタート。賭け金は毎ゲームで$10を常に使うと仮定。
今日の目標額が$100で、損切り額は$200としました。そんな設定でシミュレーションを19日間分実施。

グラフを19個掲載。

プラス100で終了したところは赤丸で、マイナス200で終了したところは×表記。

結果、19日中13日がプラス$100で勝ち逃げに成功。19日中6日はマイナス$200で損切り、という結果になりました。

これは何も都合のいい結果だけを選択して掲載してる訳ではありません。たまたまこうなっただけ。だから皆さんもこうなる可能性はあると思います。

$10ベットでプラス$100が先に来るということは、10回先行で勝利が多かっただけの話。
マイナス$200になったのは20回ハズレが先行したという事ですね。

ちなみに1日の平均的なプレイ数は205回。ということは賭け金トータル$2050。それに対して+$100の利益なのでROIは5%

ROI5%でもでれば今日の止め時といえるかもしれない。

ハイエナおじさん
まとめ

バカラ、ルーレットの赤黒、ブラックジャックなら、常に一定の賭け金の10倍の利益目標が勝ち逃げのタイミング。
また賭け金の20倍の損失が損切りのタイミングと考えよう!

今回のは私からの提案です。べつに必勝法とか勝ちやすいとかではありませんのでご注意を。

マーチンの勝ち逃げ、損切りタイミング

ベッティングシステムで有名なマーチンゲール法ですが、賭け金の設定と、利益の傾向がかなり特殊なので別で検証しました。

マーチンゲールの止め時は結構難しいと思います。

というのも損切りのタイミングを早くすると今日の利益が出にくく、損切りのタイミングを遅くすると資金を大きく減らすリスクを背負うからです。

自分自身の心への制約を仕組み化して厳密に取り組むことをオススメします。じゃないと倍プッシュしすぎて損切りどころか資金ゼロになってしまう(つまり再起不能)ので。

いくつかパターンを検証してみました。

パターン1

まずは前述の通り+100か―200を止め時とするタイミングに似せて。

1プレイは1ドルからスタートし、1日の目標額を$100に設定。
損切りのタイミングは損失額ではなくて、賭け金$128で負けたら、とします。

つまり連敗するほどにベット額を倍にしていく戦略なので賭け金1→2→4→8→16→32→64→128の8連敗をしたら終了、という風にすればよいと思います。8連敗するとベット額1~128まで全部含めてマイナス255になっちゃいますが。

勝ち逃げの日はプラス$100で終え、損切りの日はマイナス$250ぐらいになるわけです。

365日分をシミュレーションしてみました。

240日→プラス100で終了→240日×100=プラス24000
125日→マイナス200前後で終了→125日×200=マイナス25000
トータル -1000ww

ということでこのバランスだと駄目です。

パターン2

1日の目標額を$30に設定、損切りのタイミングは賭け金$2048で負けた時、とします。
(つまり1→2→4→8→16→32→64→128→256→512→1024→2048の、12連敗したら)

これはマーチンゲール法ゆえ、連敗と賭け金の上昇を考慮しています。賭け金が高くなればリスクが非常に高くなる一方、少ない利益(1日$30)は実現しやすいので、それを繰り返し取って行こうとするバランスになります。

365日分をシミュレーションしてみました。

364日→プラス30で終了→364日×30=プラス10920
1日→マイナス4095で終了→1日×4095=マイナス4095
トータル+6825

これが出来るのはもともと軍資金で1万ドル以上持ってるような人じゃないと無理ですね。

もう1年分やってみたら、

360日→プラス30で終了→362×30=プラス10800
5日→マイナス4070前後で終了→マイナス20388
トータルはマイナス9588

こんな結果でした。

ハイエナおじさん
やっぱりマーチンはやらない方がいいですね(苦笑

1日の目標はいいとして、それが何日続いたら勝ち逃げすべきか、その点も考えないといけないようです。

ダランベール法の勝ち逃げ、損切りタイミング

今度はもう1つのベッティングシステム「ダランベール法」での勝ち逃げ、損切りのタイミングを検証してみました。

ダランベール法は賭け金の上昇が大きくなり過ぎないのでリスク低く挑戦できます。マーチンより全然お勧めできる。

最初の賭け金を$10とし(あるいは$20ぐらいがよい、資金が潤沢にある人はこの限りではない)、勝ったら次の勝負は賭け金―1、負けたら次の勝負は賭け金+1でプレイを続ける戦略ですね。

勝ち→負けなら
$10-$9となり、+1が残る。

負け→勝ちなら
―$10+$11となり、やはり+1が残る。勝ち数と負け数が同じなら利益が残せる戦略。私は結構好き。自分の実践の中でも一番勝率がイイ気がする。

さて、設定は以下のとおり。

ダランベールで検証

資金1000、最初に賭け金は$10、目標額+100の、損切り額―200。

結果は
19日中のうち14日が+100で勝ち逃げ
5日が-200で損切り

という結果になりました。トータルでは+400ですね。即席で作ったシミュレーターがマーチンみたいに365日に対応していないけど。かなり勝率がイイ気がします。ちなみにバカラのプレイヤーベットを想定した勝率です。

1日の平均的なベット額は1635ドル、で+100を目指すのでROIは6%を目指す感じ。やはりバカラですと5%以上のROIが出れば上々です。

1日のプレイ数はだいたい200プレイ未満ですので1プレイ1分未満としても現実的だと思います。

やっぱりダランベールだなと。

ハイエナおじさん
まとめ
賭け金$10でスタートしたら、利益+100で勝ち逃げ、-200で損切りのバランスがちょうどいいタイミング。

色々まとめ

マーチンゲールでは取り組まない事。

10ドルを賭け金のベースとして、常に一定の賭け金、あるいはダランベールで取り組むなら、+100の-200が止め時。

今回は自作のシミュレーターで検証した結果なので、実際にベラジョンで長期間取り組んでみないと、というのはあります。

けど、ゲームの確率は世界共通なので、概ねシミュレーション通りになるんじゃないかと思います。不具合が無ければ(白目)

1月・1日に使える資金と勝ち逃げ損切りのバランス

自己資金に応じて賭け金や目標額も変わると思うので、事例をもとに整理。

例えばAさんは1ヶ月にベラジョンカジノに使える資金を20万円(約2000ドル)とすれば、毎日ログインするひとはすくないと思いますので、10日だけプレイするなら1日あたり2万円(約200ドル)まで損してもいい勘定です。

毎日マイナス2万(200ドル)を10日して資金の20万(2000ドル)が溶けてしまいますが、10日間ずっと負け続けることはありえないですよね。

今回のコラムで何度も出てきていますが「資金2000ドル」なら「目標利益+100の損切り額―200」に当てはめると、ちょうどいいバランスです。

資金1000ドルの人は、-200の損切りを5日間繰り返さない限り、少なくとも5日間はプレイできます。

ということで、1ヶ月に使える資金と1日に使える資金のバランスについての指標でした。ぜひ皆さんは皆さん自身の資金力や打ち方にあわせてご自身の基準をみつけてみてください。

今日は以上です!

▼ベラジョン登録まだの方はこちら▼

≫登録だけで$30入手