ベラジョンカジノ限定のスロットがまた入荷しました。

バイソンライジングメガウェイズのVJ版です!

ベラジョンカジノのマスコットキャラクター「ラッキー」が登場するこのスロット。ジャックポットも搭載されていて超気になったので調べつつ1000回スピンをリアルマネーで挑戦してみました。

どんなゲームなのか、マスコットキャラとの関係は?実際のプレイ結果もレポートしていきます。

ベラジョンラッキーのポットシステム搭載

このキャラクターはベラジョンカジノのマスコット「ラッキー」です。よくカジノ内でコロコロ転がってたり。いろんなゲームとコラボしてるので出てくることもあるのですが。

今回はバイソンライジングのスロットのジャックポットの役割として登場しました。

最上段の横一行4マスをラッキーが埋め尽くせばベラジョンポットシステムを獲得!

このボーナスに参加するにはベット金額はいくらでもOKとのことです。(多くのジャックポットでは$1以上の賭け金でのみ参加可能など条件がある)

とはいえこの手のジャックポットは賭け金に比例して当たる確率もアップしていくのが定番なので、狙うならベット額は上げてトライした方がよさそうに思います。

ベラジョンポットシステムではリールを再度回してラッキーを回収していきます。もし回収したラッキーが15個以上集まれば、さらに上のボーナスへ参加、スーパーフィーチャーに突入することができれば、3段階あるプログレッシブジャックポットを獲得できるかもしれません!

現時点ではウルトラジャックポットは11000ドルなので現在のレート(1ドル140円)だと150万円にも!一番安いメジャーでも約900ドル(12万円)が一気に入ってきますよ。

メガウェイズ(BTG)リール採用最大117649通りの勝利パターン

このスロットはBigTimeGaming社ライセンスの「メガウェイズ」と呼ばれるリール構成を採用しています。

画面を見ていただくとわかると思いますが、縦6本リールの上に横スライドのリールが横たわっていますね。

ベラジョン内のスロットをチェックするとメガウェイズと付いたスロットの全てがこの構成のリールになっています。それぐらい特徴的なシステムを搭載してる訳です。

また1本のリールの中には2個~最大7つのシンボルが着地する場合があり、この数はランダムとなっています。

真ん中の4本リールには最大6つのシンボルが着地しますが、その上部の横リールも含めると7つのシンボルがあり。

最大で何マスのリールになるかというと、左端のリールから7→7→7→7→7→7個になる可能性があるわけで、これが当選パターンそのものになります。

7の6乗=117649通りの当選パターンがありえます。

バイソンライジングでは当たりハズレを判定するのは、左端リールから同一シンボルが右リールへ3つ以上連続であるだけで当たりになるので。

シンプルに画面をみれると思います。(他のスロットだと特定の場所に同じ絵柄が着地しないと当選にならない種別のもあるので)

上図のような当たりパターンだと、2x2x3x2ウェイ=24通りで当選になっているイメージです。

バイソンライジングMEGAWAYSの遊び方とルール解説

と言う事で、ここまでは一通りバイソンライジングの特徴的な部分を紹介してきました。ここからは遊び方を解説していきます。

とはいえスロットに慣れてる方は何もとまどうことはありません♪

まずはチップ額設定。$0.2~$20まで選べます。

資金持ちの方は1スピンに$20つっこんでジャックポット狙ってみてください~私のような小心者は$0.2ですよ。しかし最近は円安で$0.2が約30円ですから普通にパチスロと同じぐらいの金額は1スピンで必要です。

チップの額を決めれば、スピンボタンを押下してゲーム開始

6本リールは縦に回転して停止、一番上のリールは横に回転して停止。当たりが出れば配当表に従い賞金が出、何もなければゲーム終了です。

いちいちスピンボタンを押すのが面倒なひとは、自動スピン設定をしましょう。100回設定すれば見てるだけ~みたいなこともできますよ。(自分でボタンを押した方がなんとなく当たりが出やすい気がしないでもない‥)

ミステリーシンボルは大当たりの予兆

このシンボルが画面を埋め尽くすことがあります。これは一瞬待ってから全て他のシンボルに置き換わるので、そのタイミングで当選が出来てれば大きな賞金になりやすい!

逆に何も当選がでないこともあるんですけど期待しちゃいますね。

スキャッターが4つ着地すればフリースピン

フリースピンというのはジャックポットとは別の「ボーナス」機能のことです。

滅多に出ないのでこれが出たら僥倖♪

紫色のダイヤのシンボルがスキャッターシンボルと呼ばれ、これが4つ画面内のどこかに着地すれば獲得します。

フリースピン数とマルチプライヤー数の組み合わせをここで選択しましょう。

マルチプライヤーというのは当選金額を何倍にするかですから。マルチプライヤー数が多ければ(x10)スピン数は少なく(5回)、マルチプライヤー数が少なければスピン数が多い(15回)みたいな関係性になっています。

これの違いは、安定的にそこそこの賞金を得たいなら【15スピンx1】で開始すればよいし、ハイリスクハイリターンを目指すなら【5スピンx10】を選ぶとよいでしょう。

安定的に稼ぎたい 15スピンx1
稼げないかもしれないけど、稼いだ時はデカイ 5スピンx10
上2つの間 10スピンx5

またミステリー選択というのもあって、スピン数とマルチプライヤー数をランダムで決めるのもあります。私はこれで失敗したことがある(つまりスピン少なくマルチプライヤーも少ない)ので、これは選ばないようにお勧めしています苦笑

フリースピン中は賞金がどんどん加算されていくので、ニッコリ眺めましょう!

バイソンライジングVJを1000回スピンした結果とは?

最近のハイエナおじさんは1000回スピンを指標にしています。たいてい300スピンもすれば概ねこのゲームの傾向を掴めるのですが、バイソンライジングVJは多めに回してみました。

結果発表~

1000スピン

ベット額:$0.2
スピン数:1000回 **なので総ベット額は$200ですね

合計リターン額:$140.94
損失:-$59.06 **けっこうマイナスくらったわ(亡

RTP:70.47%
当選数:361/1000 **当選は出やすいスロットだと思う

結果はこんな感じでした。全体として当たりがよく出るので「来たか?!来たか?!」みたいなハラハラ感がある。けどなかなかボーナスが出ないのでヤキモキしました。

とはいえ大当たりのほとんどをジャックポットに集中してるのか、大型当選はほとんどなし。資金増減グラフをみてください。

基本的には小役が出るものの資金の回収には至らず。つねに右下がりな感じですね。

気になる大当たりはでたのか?!

フリースピン獲得数:1/1000 **少なすぎる涙
フリースピンの配当倍率:102倍 **これは比較しても大きめ

ベラジョンジャックポット・・・0回

こうなりました。ベラジョンカジノの大抵のスロットならフリースピンは200~300回まわせば1回ぐらい出るのが平均的なのですが、1000回まわしてようやく1回出ました。

それと期待してたジャックポットは1度も出ず。当然か‥

1回おしいときあったんですけどね。

総括!

このスロットは多くの人がマイナスになる一方でごく少数の幸運な人が大勝ちをする‥そんな傾向のスロットになりそうです。

残念ながら私はその他大勢側だったわけですが。

今回もう1つ別のグラフをつくってみた

これは直近過去100スピンでの当選頻度を表現してみました。おおむね100スピンすると30回~40回が当たりになってるんだな、っていうのを可視化した感じです。

このグラフが何の役に立つかと言われたら、役に立たないかもしれない。。

ハイエナおじさん的WIN FREQUENCY

最後に結果を踏まえてまとめ。

回数 頻度
スピン数 1000
当選回数 361 0.361
フリス回数 1 ★2
ANY 361 ★8
BIG(x15) 2 ★2
MEGA(x50) 1 ★3
EPIC(x100) 1 ★5

一般(ANY)当選頻度は多めですが、大当たり(BIG)の頻度は低いですよ、とわかります。EPIC(100倍)は1000回中1回でも出れば平均的に出るな、という印象です。
よってボラティリティが高いゲームですね。

ハイリスクハイリターンを好むギャンブラーにお勧めのスロットです!

では!