ども!今日もRelax社が提供している「ドリーム・ドロップ」ジャックポット搭載のスロットを2つ挑戦してみました。

タイトルは「グリム・ザ・スプリッター」と「テンプラータンブル2」です。

どちらのスロットも面白い構成と仕組みでプレイヤーを楽しませてくれますが、なによりもドリームドロップが搭載されてるので、そこを狙って行きたいと思います。

特にMAJOR(500万円相当)は3日に1回は払い出されてるので、私にもチャンスがあるんじゃないかと考えています。では、いってみましょー!

グリム・ザ・スプリッター・ドリームドロップは損失‥ジャックポットは出たか?

このスロットは一見すると5×3リールスロットのように見えますが、各リールに相当する部分にトランプのカードが使われています。

回転するリールではなく裏返しのトランプが明らかになって同じマークが揃うかどうかで当選が決まるというものです。

ベット額を決めて(最低$0.2~最大$100)スピンをすればゲーム開始

使われているシンボルと配当

グリム・ザ・スプリッターではスペード(赤)、ダイヤ(紫)、ハート(緑)、クラブ(水色)と、各色に対応する上位の4種カードで構成されます。

5×3マスのリールには固定のペイラインが25パターン用意されており、このライン上にシンボルが着地すれば当選になる仕組みです。

何個揃うかによって配当がパワーアップします。最低3個~最大20個(リールが5つしかないのに20個も横に揃うのは後述する機能があるからなのですが)まで揃う場合がある。

スプリッターフィーチャーでカードが分割!

ランダムに発生するこの機能。同じカードが横に2つに複製されることで、例えば当選数が「3つ揃い→6つ揃い」になったりします。これがあるから最大20個揃いまで可能性があるんですね。

フリースピンボーナス

「B」のシンボルが3つ着地すればボーナス獲得。ベラジョンカジノにあるスロットではお馴染みのスタイルです。フリースピンの名のごとく7回の無料スピンが付与されるのでその間に大きく稼ぐことが可能です。

このモードになるとWILDが着地するたびにカード分割が行われ、定着するので配当が大きくなることは間違いなし!このスロットはフリースピンを獲得するまで頑張るスロットだと理解しました。

ドリームドロップボーナス

RELAX社のジャックポットはすべて共通の「ドリームドロップ」という名前が付いています。供託金はすべてで共用されているので誰かが1つのスロットでジャックポットを引き当てれば、他のスロットの方はリセットされます。

我こそはと思う方は「出来るだけ高額なベット」でスピンを回した方が当選するチャンスが増えますので資金がある方頑張ってみてください。

発生は完全ランダム。スピンボタンを押した直後に画面が黄金色に輝くと引き当てる可能性があるDDのみが出現するリールに切り替わります。

ここで5つのリール上に1つずつDDシンボルが来れば、ドリームドロップ確定!

その後はRAPID(超安い)~MEGA(約2億円相当)まで何が当たるかはわからない、同じジャックポットを3つめくったらそれを獲得します。

グリム・ザ・スプリッターを404スピンやってみた

数百回のスピンではジャックポットなんて出ないと思いますが、このスロットのスペックを調べる事にもつながるのでいつものように調査結果をレポしますね。

ベット $0.2
スピン数 404スピン

結果は‥

損失 -$11.6
RTP 85.6%
当選数 82回/404スピン
当選頻度 20.3%

となってしまいました。若干の損で終了と言う事でよくある終わり方かなぁと思います。

フリースピンボーナスは3回/404スピン獲得したのでベラジョンカジノのスロットの中では比較的出やすい部類に入ります。

気になるドリームドロップですが、起動は4回発生したもののDDシンボルが揃うことはなく、起動だけで終わってしまい何も当選しませんでした。

その後1ドルで100スピン追加で回してみましたが、やはりドリームドロップせず!残念な結果になりました。

★所感

フリースピンは当たりやすいけど、基本的には当選が出にくいので資金目減り傾向が続くでしょう。ボーナスを得た直後に辞めるようにしましょう。

WIN FREQUENCY評価は以下のようになりました。

回数 頻度
スピン数 404
当選回数 82 20.3%
フリス回数 3 ★7
ANY 82 ★5
BIG(x15) 6 ★6
MEGA(x50) 1 ★5
EPIC(x100) 0 ★1

テンプラータンブル2はかなり苦しい挑戦になりました

こちらはリール型のスロットではなくて、6×7マスグリッド型と呼ばれるスロットに属するものです。

テンプル騎士団がテーマになってる模様。

上からシンボル(ブロック)が落ちて来るので着地した時に、左端のグリッドから右へ向かって3つ以上の同一シンボルが着地すれば評価され勝利になる、ウェイ系を採用していますね。

なので固定のペイラインは無くてとりあえず左から揃えばいいと思っておけばよいでしょう。

ベット額は最低$0.2~最大$50まで可なので、ジャックポット狙いの富豪さんは$50で高確率に挑めます。

さて、スピンを開始すると上からシンボルが落ちてきますが、同時にブロックも落ちて来て、その数はランダムです。ブロックが少ない方が当選出やすい気はしますが(抽選は先に行われてるはずで)。

何が起こっているか理解してみよう!

何も考えずにプレイできるのがスロットのいい所だと思いますが、画面内に起こってることを理解すればより面白いかもしれません。
ブロックに紛れて「赤い炎」と「青い炎」があるのがわかるでしょうか。

このブロックを破壊すると、画面両側にある騎士のメーターが増えていく仕様です。

・青い炎のブロックを破壊すれば、左側の青い騎士のメーターが増え
・赤い炎のブロックを破壊すれば、右側の赤い騎士のメーターが増え

ます。ブロックは隣接するマスのシンボルで当選勝利が起これば引きずられて破壊されるので、それでメーターが満タンになると次の機能が発動します。

①ミステリーリビール

赤い騎士のメーターがMAXになると、グリッド上にその数だけ「?」が配置。明らかになるでしょう。

シンボルかコインが出現します。シンボルが出てそこでもウェイ勝利の評価が行われ、当選していれば賞金が入ります。

コインが出た時はベット額の単純〇倍の賞金が(ウェイ勝利なくても)配当されますよ。

②最終賞金へのマルチプライヤー

青い炎のメーターがMAXになると+「1x」カウント。

1回のスピン終了時に得た配当が〇倍になる機能です。青いメーターが3回MAXになると賞金が3倍になる‥そういう風に考えてOKです。

SCATTERx3でフリースピン

テンプラータンブル2も標準的なフリースピン機能を提供します。すなわち発動条件は「Scatter」シンボルが3つ着地することです。

10回のフリースピンを獲得。普段はリセットされてしまうミステリーリビールやマルチプライヤーはフリースピンの最終段階まで維持され、発動しますので大きな配当になる可能性が期待できますね。

ドリームドロップジャックポットスピン

このスロットもドリームドロップジャックポットを共有しています。画面左側に現在のプール金が「マジ激アツ!」のメッセージとともに表示されてますね。

私も500万(あるいは2億!)目指して頑張ってみました‥

MAJORは必ず€50,000になる手前で払い出されると公言しているので、出来るだけ引っ張って€50,000になる頃に高額ベットで参加したほうが獲得出来るのでしょう。

とはいえ現在€49,500ではまだ払い出されてない様子。どこから参加すればよいか悩ましい。

(ちなみにREDTIGER社のアワリージャックポットは2回獲得してるハイエナおじさんです こちらの記事)

経験からするとこの手のジャックポットは限界ギリギリで高額ベットするのが確率が高いと踏んでいます。

この時点でオンラインで同時接続参加者は100人ぐらいいるんじゃないかと予想しています。

テンプラータンブル2は400スピン回してみた

ドリームドロップに期待しつつも400スピンの中からこのスロットのスペックを調査してみました。本来1000スピンぐらいやりたいんだけどね資金枯渇気味。

ベット額 $0.2
ベット回数 400
損失 -$41.82
RTP 47.7%

ということで惨憺たる結果に。基本的に当選が出にくく出ても安いことが判明しました。ジャックポットに多くの賞金を設定してるので通常当選は安い安い

当選回数 87回/400スピン
当選頻度 21.8% **ベラジョン内では当選が出にくいスロットに分類

最大配当 68倍
フリースピンボーナス 1回獲得
ドリームドロップジャックポット 1回起動→ハズレ

このような結果に終わりました。このあと$1でドリームドロップジャックポットを狙うべく100スピン回してみましたが当選せず。追加で約$46のマイナスが出て終わったのでした‥

ハイエナおじさん的WIN FREQUENCYはこうなりました。

回数 頻度
スピン数 400
当選回数 87 21.75%
フリス回数 1 ★4
ANY 87 ★5
BIG(x15) 4 ★5
MEGA(x50) 1 ★5
EPIC(x100) 0 ★1

総括!ジャックポットには夢があるけどRTPは低い

ジャックポット搭載のスロット全般に言えることを、今回も再確認した感じです。

カジノ側からするとドリームドロップに多くの払い出しを任せてる関係で、通常モードでの払い出しはそんなに期待できないものと考えておくとよいでしょう。

いわゆる還元率は基本は低く、特定の幸運な1人が大きな富を得る構図なので、下々の者は吸い取られることを覚悟して挑む感じですね。

RELAX社の場合は必ず5万ユーロ(500万円)/200万ユーロ(2億円)までに払うと確約してるのが救い。

そこに向けてどのタイミングでベットするか(2窓~4窓で参加?)、いくらをベットするかアルゴリズムを攻略出来れば、漫然と打ってるより可能性があるんじゃないかと思います。

ちなみに私が参加してた時は、MAJORは€49750ぐらいで払い出されていました。

では、引き続き面白そうなスロットがあれば挑戦していきます!