Deal or no Dealの遊び方を解説、Evolution Gamingからベラジョンカジノに入荷!

ベラジョンカジノに新作のゲームが入荷していました。しかもライブゲームです。ライブカジノカテゴリーから探してみてください。

タイトルは「Deal or no Deal」でEvolution Gaming社からの提供となっているのでかなり練られています。

そういえばMonopoly Liveというライブゲームも入荷しているのですが、Monopoly社は著作権関連でブログ等での紹介もNGとなっているので、俺のベラジョンカジノでは紹介しません。

今日は「Deal or no Deal」のゲームの遊び方について解説していきます。

ライブゲームなのに遊び方が非常に複雑だなと思いました。汗

日本語のヘルプを見たんだけど遊び方がわからない、勝ち方がわからないという方が多いと思いますので映像を見ながら遊び方の手順をご紹介しましょう!

Deal or no Dealの概要

このゲームはライブゲームでディーラーによって進行されていきます。

ベッティングタイムやプレイヤーに判断を迫られるシーンでは制限時間があるので慌てずに操作したいところです。

本番の前に参加資格が必要

ゲームの本番が始まる前にルーレットを回すギャンブルで参加資格を得る必要があります。

このギャンブルをクリアできれば本番のギャンブル(ゲームショー)に進行していきます。

勝利の目的

本番のギャンブルの方では16個のブリーフケース(アタッシュケース)が用意され、その中に入っている賞金の中で最大のものを獲得するのを目指すことが目的となっています。

Deal or no Dealの遊び方と手順と画面構成

画面構成を見て遊び方を説明していきましょう。基本的な画面の枠組みはベラジョンカジノのライブゲームと同じですので、このゲームで使う部分を説明します。

ステップ1 参加資格を得る(ロックを解除する)

最初の画面がこちらです。

真ん中のルーレットが参加資格を得る(ロックを解除する)ためのギャンブルゲームとなっています。

ルーレットには回転する3つの円があって金色の部分とグレーの部分が見えると思いますが、3個とも中央に金色がくればクリアとなっています。

このようになればクリアで、本番ギャンブルへの参加資格を獲得となります。

◆参加資格が簡単に得られるようにするには

この画面の左下に「ふつう」「簡単」「非常にやさしい」という選択する部分が見えます。

「ふつう」のときは3個のルーレットを回すことになりますが、「簡単」にすると内側のルーレットは金色で固定され、真ん中と外側の2個のルーレットだけまわします。

「非常にやさしい」を選べば内側と真ん中のルーレットが金色になるので、外側のルーレットだけ回すようになります。

このオプションにより簡単に参加資格を得られるようになるのですが、そのためにはルーレット回転のベット額(以後、参加ベット額と呼ぶ)が増えてしまいます。

普通→ベット額そのもの
簡単→ベット額の3倍
非常にやさしい→ベット額の9倍

このようになっています。残念ながらこのルーレットの参加ベット額によって賞金が増えることはないので、できれば「普通」で参加ベット額を節約しながらロックを解除して参加資格を得られるといいですね。

ステップ2 補充

後から意味が分かってくると思いますが「補充」について説明します。

先ほどのルーレットでロックを解除できたら次は補充のステップに入ります。(まだギャンブルに参加する前段階です)

◆賞金をアップさせる

上の画面左右をみてください。ここに賞金額が書かれているのが16個見えます。

①~⑯まで番号をふりましたが、これは本番ギャンブルのほうで開示されるアタッシュケースの番号と連動しています。

金額はルーレットの時の賭け金によって決定されますが、さらに補充ということを行うことによって賞金額を加算することができるのです。

例えば以下の図。

⑤の金額の部分をクリック選択して、補充のルーレットをまわしたら「5」が出ました。これによって⑤の賞金額に$5が加算されたことになります。

このようにしていくつかのアタッシュケースの賞金額を増額しておいて、どのアタッシュケースが出てもいいように増額補充しておくのがよいかもしれません。

ちなみに補充ルーレットを回すにも賭け金が必要です。補充賭け金の5倍~50倍までがルーレットでは当たるので個人的には安い部分を増額しておくことをお勧めします。

補充にも1分ほどタイムリミットがあるのでその間に十分補充しておきましょう。

ステップ3 Deal or no Deal本番のゲームショー

さてステップ1で参加資格を得て、ステップ2で補充をすればいよいよ本番のギャンブル(ゲームショー)が始まります。

奥に3個、4個、4個、4個の合計15個のブリーフケースが並び、手前ディーラーのテーブル上に1個のブリーフケースが置かれています。

ラウンド1~4まであります。流れとしては以下のようになっていて。

ラウンド1 左奥の3個のブリーフケースが開示されます。
↓  ***バンカーからオファーの提示
ラウンド2 右奥の4個のブリーフケースが開示されます
↓  ***バンカーからオファーの提示
ラウンド3 左手前の4個のブリーフケースが開示されます
↓  ***バンカーからオファーの提示
ラウンド4 右手前の3個のブリーフケースが開示されます

バンカーからオファーの提示

◆開示されると同時に画面左右のブリーフケースの金額が除去される

このタイミングで「バンカーの提示」があります。

これは何かというと提示された金額を受け取ってこのゲームを終了するか、さらに高額を目指して続行するかを選択できるのです。

「ディールする」→賞金を受け取って終了
「ディールしない」→賞金を受け取らず続行

となります。

このタイムリミットは10秒なのですぐ判断して選択しましょう。

◆金額の意味と押し引きの判断

この金額は何を表しているかと言うと、残ったアタッシュケースの金額の平均値ということがわかりました。

例えば上記の画面ですと、残っている金額は以下のとおり。

$10、$0.51、$2.52、$5.07、$1.40、$1.70、$1.80、$0.80、$1、$1.50、$2、$2.50、$5

これらを全部合計すると35.8。残りのアタッシュケース数は13個なので÷13すれば$2.75384…となります。

ということでバンカーからは$2.75が提示されています。

ラウンド1~ラウンド4までこのようにして進んでいきます。

◆ラウンド4のあとは

ラウンド4で画面右手前のアタッシュケース4個のうち3個が開示されると以下のようになりました。

つまり残ったアタッシュケースは奥の1個と、ディーラーの横の1個の合計2個ということです。

それぞれ入っている金額は5番が$5.07で、10番は$0.80です。

バンカーからは平均値の$2.94が提示されています。

最後は3択です。

・ディールする → バンカーの提示を受け取ってゲーム終了
・ブリーフケースの切り替え → 奥にあるアタッシュケース
・ディールしない → ディーラーテーブルにあるアタッシュケース

このようになります。

最後の2個は$0.8か、$5.07ですのでかなり金額に差がありますね。できれば$5.07の方が出てくれると嬉しいです。

今回は「ディールしない」を選択しました。

ディールしない、で運よく高額な方をゲットすることができました。

資格獲得のルーレットへ戻る

一連のギャンブルの流れが終了すれば、ステップ1の資格獲得のルーレットの画面へ戻ります。


別件ですがベラジョンカジノ内でこのゲームに似てるゲームがあります。スリンゴのSlingo Fortunesというゲームです。

Deal or no Dealで勝利するには

このゲームで勝利するには、まずは参加資格を得ることが重要です。

参加資格を得ることが出来れば金額の大小の差はあれど必ず報酬を受け取ることが出来るからです。

あとは開示されるアタッシュケースの金額を見て、利益を最大化できるタイミングでディールするか、あるいは最終決戦まで持ち込むかですね。

Deal or no Dealでの稼ぎ方を考察

最大賞金ブリーフケースの選択

実はステップ1の前段階がありまして。最初に「最大賞金ブリーフケース」を選択するフェーズがあります。

初期状態では⑯番目のブリーフケースのところに「?????」と表示されています。これは賭け金によって最大500倍まで変化します。

⑯番目ではなくて①番目に最大賞金ブリーフケースにしたり、といったことができます。先に説明するとわかりずらいと思ったのでここで説明しました。

参加資格のルーレットに関して

3つのルーレットにはそれぞれ12マスあり、金色は内側から4マス、4マス、6マスあります。

ルーレットに不正がなければ、12分の4 × 12分の4 × 12分の6の確率でクリアになると想定します。ということは6%です。

6%と言えば100回中6回(16.7回に1回)しか参加資格がないということで狭き門のように感じられます。

オプションを使うとどうなるか

なのでオプションを使って「簡単」か「非常にやさしい」を選べば、「簡単」なら16.7%なので6回に1回はクリア。

「非常にやさしい」なら50%の確率なので2回に1回は参加資格を得ます。

参加資格を得るためのルーレットは最初から「簡単」か「非常にやさしい」で回すのが近道です。

参加ベット額がかかる

例えば賭け金が$1なら、簡単→$3、非常にやさしい→$9とそれぞれ3倍、9倍のベット額がかかります。

参加資格を得るためにいくら必要なのか試算します。

「簡単」は6回に1回クリアできる確率なので、$3×6回=$18で1回獲得。

「非常にやさしい」は2回に1回クリアできる確率なので、$9×2回=$18で1回獲得。

「普通」の$1だと16.66回に1回なので約$17で1回獲得。

とすれば資金効率としては「普通」でベットしていくのがよいように思います。

あとは本番のギャンブルに進むためのロックを外すには2分という時間制限があるのでその間にクリアしなくてはいけません。

そのあたりも勘案していくらのベットでやるかを検討する必要がありそうです。

補充によりバンカーオファー額をアップさせよう

利益を最大化するには、バンカーのオファー額は残ってるアタッシュケースの金額の平均値なので、安い金額部分を補充しておくことをお勧めします。

例えばこんな感じ

賭け金は増えてしまいますが、低額報酬の0.02~0.6あたりを0.5~5.07までふやしたところです。

画面左側の青色アタッシュケース部分が低額報酬なので、左側だけでも補充しておくと全体の平均額が上がるのであまりにも安い報酬を受け取って終了してしまう‥というリスクがなくなります

Deal or no Dealの還元率

公式発表ではこのゲームの理論上の還元率は95.42%となっています。

ベラジョンカジノのテーブルライブゲームの中では高い方ではありませんが、他のテーブルゲームにはない珍しく高額報酬の期待が出来るゲームなので是非遊んでみてください。

1ゲームにかかる時間はわりとじっくりですし長く楽しめるゲームになるでしょう。

Deal or no Dealの遊び方を解説、Evolution Gamingからベラジョンカジノに入荷!:関連ページ

Free Bet Blackjackをプレイしてみた、ルール解説と勝ったのにプッシュの条件とは?
ベラジョンカジノに「Free Bet Blackjack」というライブゲームが入荷していました。 一般的なブラ […]
ライブカジノ「2 Hand Casino Hold’em」の説明とプレイしてみた結果
今月に入ってライブカジノのテーブルがいくつか増えていました。 その中でも今まで当サイトでも紹介する機会がなかっ […]
ライブカジノのレーストラックベットについての考察と損益計算
今日はベラジョンカジノのライブルーレットに備わっているレーストラックベット等の特殊な賭けるエリアについて解説し […]
ベラジョンカジノ人気沸騰のSuper SIC BOを遊んで解説してみる
ベラジョンカジノにライブゲームが新着で入荷していました。その名も「Live Super SIC BO」です。 […]
Infinite Blackjackの初心者向け解説と攻略法にプレイ結果
ベラジョンカジノに新しく入荷したんだと思いますが(いつの間にかあったので気づかなかった)、Infinite B […]
Double Ball Rouletteの遊び方、確率とハウスアドバンテージから見る有利な賭け方
ベラジョンカジノのCasino Paris(Evolution Gaming)にあるいわゆるライブルーレットの […]
ライブカジノのシックボ攻略を考案、勝率が良い戦略は?
ベラジョンカジノのライブカジノにのみ用意されているアジア人向けゲーム「シックボ」について攻略を考えていました。 […]
ライブシックボ(Sic Bo)の遊び方とルール、控除率と確率
ベラジョンカジノのカジノシンガポールでは唯一遊べるシックボが1テーブルあります。 シックボは大小とも呼ばれ、ア […]
ホイールオブフォーチュン「Dream Catcher」を分析して攻略しよう!
ホイールオブフォーチュンは様々なカジノに設置されてることが多い最も単純なゲームの1つです。回転する円盤に数字が […]
ベラジョンカジノに新しいライブカジノ「コスモポリタン」が入荷
ベラジョンカジノでプレイできるライブカジノが3種類に増えました! Casino Paris(パリ)、Singa […]