さて先週からベラジョンカジノに入荷したGonzo Treasure Huntをプレイしていますが、初見だとどのようにチップを置いて賭けをするといいのかよくわかりませんでした。

なかなか利益でねーなぁ‥と。

そしたら利益が出るわけないチップ配置をやってたことに気づきまして。今回の記事で整理しておこうと思いました

今回は自分も検証しながらで、かなり長くなってしまったので、とりとめのない記事になりそう。

読む根気がある方は読み進めてください💦

結論を先に書きたかったのですが、経緯を含めて書いた方が理解しやすいかなぁと思いまして。

6種類の石板へのチップの置き方は63パターン

[1x][2x][4x][8x][20x][65x]と6種類ある石板に、どのようにチップを置くかですが

1つ置く…6パターン
2つ置く…15パターン
3つ置く…20パターン
4つ置く…15パターン
5つ置く…6パターン
6つ置く…1パターン

で、全63パターンとなっています。

たとえば6種のうち1種にだけチップを置くとすると次の6パターン

パターン 1x 2x 4x 8x 20x 65x
1
2
3
4
5
6

例えば6つの石板へ2つチップを置くのを図示すると

2つの選び方 1x 2x 4x 8x 20x 65x
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15

この15パターンあるわけで。

同様に6種のうち3種にチップを置くのは以下の20パターン

パターン 1x 2x 4x 8x 20x 65x
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20

6種のうち4種にチップを置く置き方は、次の15パターン

選び方 1x 2x 4x 8x 20x 65x
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15

6種のうち5種にチップをおくパターンは5パターン。

1x 2x 4x 8x 20x 65x
1
2
3
4
5

6種のうち6種にチップをおくのは、全部にチップを置くので1パターンしかなく。

パターン 1x 2x 4x 8x 20x 65x
1

こんな感じで全63パターンを整理できました。

この63パターンに対してどんな風にチップを置いたらいいの?っていうのを整理していきたい。

利益が出る可能性のある賭け方と、絶対利益が出ない賭け方がある

っぽいw

意味のない賭け方の事例

なんとなくわかると思うのですが、

→石板1xに$1賭け、石板2xに$1をかけてピック1した場合

これ[2x]が出たらリターンは$3だけど、[1x]に賭けた$1は没収
つまり賭け金$2に対してリターン$3なので、損益は+$1になると。

一方で[1x]が出たら戻しは$2で、[2x]に賭けたチップは没収
つまり賭け金$2に対してリターン$2なので、損益は±0ですよね。

ってことは[1x]に賭けたチップは意味が無いと

ピック1だと1個しか石板を選べないので[1x]+[2x]を同時に当てることはできないですからね。

[1x]の方にランダムで出るプライズが追加されてれば利益が出るけど、そうそうプライズって落ちてこないし。

どっちが出ても利益が出るようにするには

→[1x]に$3をかけ、[2x]に$2を賭けてピック1してみましょう(合計$5ベット)

[1x]が出れば$3×1倍=$3と賭けた$3が戻るので、合計$6のリターン。[2x]のほうは没収。

リターン$6から賭け金$5をひけば、今回の利益は+$1ということが理解できます。

一方、[2x]が出たなら、$2×2倍=$4と賭けた$2が戻るので、合計$6のリターン。[1x]に賭けた$3は没収だけど。

リターン$6から、賭け金$5をひけば、同様に利益+$1となります。

どっちが出ても利益

この賭け方なら、[1x]が出ても[2x]が出てもどっちが出ても利益が残ります。
とはいえどっちもでなければ‐$5の損になっちゃいますが。

↓これを表で表すとこんな感じに整理したいと思います。(この表、今回の記事でずっと使います💦)

ベット 当たった宝と戻し額 確率
賭け金 1x 2x
1x $3 $6 0.3857
2x $2 $6 0.2857
合計 $5 $6 $6 0.6714
損益 $1 $1

この攻略での賭け方は、67.14%の確率で$1(以上)をゲットできるギャンブルになる訳ですね。
逆に33%の確率で‐$5になると。

てことで、このような前提を考慮しつつ全63パターンで利益が出る賭け金のバランスをまとめていきます。

全63パターンで利益が出る賭け金のバランス

プライズドロップはランダムなので考慮してません。

それからピック数はとりあえず1です。今のところピック数を増やすと利益が出にくい気がするんだよなぁ‥

とはいえピック数を増やせば当たる確率はUPし、プライズドロップの可能性も高まるので、実際にプレイを継続してその差異を見たいとは思っています。

石板1個に賭ける

これはまとめるまでも無いのですが、一応。

ベット 当たった宝と戻し額 確率
賭け金 1x
1x $1 $2 0.3857
合計 $1 $2 0.3857
損益 $1
ベット 当たった宝と戻し額 確率
賭け金 2x
2x $1 $3 0.2857
合計 $1 $3 0.2857
損益 $2
ベット 当たった宝と戻し額 確率
賭け金 4x
4x $1 $5 0.1714
合計 $1 $5 0.1714
損益 $4
ベット 当たった宝と戻し額 確率
賭け金 8x
8x $1 $9 0.1000
合計 $1 $9 0.1000
損益 $8
ベット 当たった宝と戻し額 確率
賭け金 20x
20x $1 $21 0.0429
合計 $1 $21 0.0429
損益 $20
ベット 当たった宝と戻し額 確率
賭け金 65x
65x $1 $66 0.0143
合計 $1 $66 0.0143
損益 $65

当然ですが1点賭けならどこにベットしても当たれば利益が出ますね。

それぞれの確率も出てるので理解しやすい。

けど一転、ピック2にしてしまうと、当たる確率は2倍になるけど、利益が少なくなる

例えば[1x]に$1をかけてピック2にすると、合計ベットは$2へ。
・48%の確率で±0
・15%の確率で+$2
・37%の確率で‐$2
になる。これならやらない方がマシだろう。

ピック2、ピック10など増やすなら配当の高い[65x]などに賭けないとやる意味を見出しにくくなってしまう

石板2個にかける15パターン

この辺からちょっと面白くなってくると思う。

ベット 当たった宝と戻し額 確率
賭け金 1x 2x
1x $3 $6 0.3857
2x $2 $6 0.2857
合計 $5 $6 $6 0.6714
損益 $1 $1

これは最初に出した事例。1xと2xに賭けるなら、この賭け金バランス3:2でベットすればどっちが出ても利益が出る。

ベット 当たった宝と戻し額 確率
$ 1x 4x
1x $2 $4 0.3857
4x $1 $5 0.1714
合計 $3 $4 $5 0.5571
損益 $1 $2

1xと4xに賭けるなら2:1のバランス。使う賭け金は$3で、55%の確率で$1以上の利益が得られる。

ベット 当たった宝と戻し額 確率
賭け金 1x 8x
1x $2 $4 0.3857
8x $1 $9 0.1000
合計 $3 $4 $9 0.4857
損益 $1 $6

1xと8xならこうなる。8xが出ると利益が大きい。

ベット 当たった宝と戻し額 確率
賭け金 1x 20x
1x $2 $4 0.3857
20x $1 $21 0.0429
合計 $3 $4 $21 0.4286
損益 $1 $18

1xと20xはこう。

ベット 当たった宝と戻し額 確率
賭け金 1x 65x
1x $2 $4 0.3857
65 $1 $66 0.0143
合計 $3 $4 $66 0.4000
損益 $1 $63

1xと65xならこう。65xが出れば利益が大きく、1xに賭ける意味ってあるんだろうか、になる。

ベット 当たった宝と戻し額 確率
賭け金 2x 4x
2x $1 $3 0.2857
4x $1 $5 0.1714
合計 $2 $3 $5 0.4571
損益 $1 $3

2xと4xに賭けるなら同額ベットで構わない。

以下概ね同じ感じになる。

ベット 当たった宝と戻し額 確率
賭け金 2x 8x
2x $1 $3 0.2857
8x $1 $9 0.1000
合計 $2 $3 $9 0.3857
損益 $1 $7

2xと8xも。

ベット 当たった宝と戻し額 確率
賭け金 2x 20x
2x $1 $3 0.2857
20x $1 $21 0.0429
合計 $2 $3 $21 0.3286
損益 $1 $19

2xと20xも同時ベットでOK。

ベット 当たった宝と戻し額 確率
賭け金 2x 65x
2x $1 $3 0.2857
65x $1 $66 0.0143
合計 $2 $3 $66 0.3000
損益 $1 $64

2xと65xも。

ベット 当たった宝と戻し額 確率
賭け金 4x 8x
4x $1 $5 0.1714
8x $1 $9 0.1000
合計 $2 $5 $9 0.2714
損益 $3 $7

4xと8xも同額ベットでOK。利益は3以上出るが、ただ当たる確率は27%と低め。

ベット 当たった宝と戻し額 確率
賭け金 4x 20x
4x $1 $5 0.1714
20x $1 $21 0.0429
合計 $2 $5 $21 0.2143
損益 $3 $19

4xと20xも同じ感じ。

ベット 当たった宝と戻し額 確率
賭け金 4x 65x
4x $1 $5 0.1714
65x $1 $66 0.0143
合計 $2 $5 $66 0.1857
損益 $3 $64

4xと65xも。

ベット 当たった宝と戻し額 確率
賭け金 8x 20x
8x $1 $9 0.1000
20x $1 $21 0.0429
合計 $2 $9 $21 0.1429
損益 $7 $19

8xと20xも。

ベット 当たった宝と戻し額 確率
賭け金 8x 65x
8x $1 $9 0.1000
65x $1 $66 0.0143
合計 $2 $9 $66 0.1143
損益 $7 $64

8xと65xも。

ベット 当たった宝と戻し額 確率
賭け金 20x 65x
20x $1 $21 0.0429
65x $1 $66 0.0143
合計 $2 $21 $66 0.0571
損益 $19 $64

20xと65xも。確率は5.7%と低いが当たれば大きい。

これらが石板2種にベットする15パターンの賭け金バランス。何度も言うがプライズドロップは考慮していない。

石板3個に賭ける全20パターン

長くなるけど最後までやりきるぞ💪

ベット 当たった宝と戻し額 確率
$ 1x 2x 4x
1x $3 $6 0.3857
2x $2 $6 0.2857
4x $1 $5 0.1714
合計 $3 $6 $6 $5 0.8429
損益 $0 $0 -$1

これは1xと2xと4xの3か所にチップを置くパターン。

残念ながらこの3つに賭けると、どうベット額を調整しても利益は出せないことがわかった。

この賭け方はやっちゃダメ。

次。

ベット 当たった宝と戻し額 確率
$ 1x 2x 8x
1x $9 $18 0.3857
2x $6 $18 0.2857
8x $2 $18 0.1000
合計 $17 $18 $18 $18 0.7714
損益 $1 $1 $1

これは1xと2xと8xにチップを置く。

9:6:2のバランスでチップを配置すれば、どの石板が出ても+1の利益が出せる。

賭け金合計は17単位で、確率は77%と高い。しかし23%の確率でハズレ-17となる。

あまりやる気がしない。

ベット 当たった宝と戻し額 確率
$ 1x 2x 20x
1x $9 $18 0.3857
2x $6 $18 0.2857
20x $1 $21 0.0429
合計 $16 $18 $18 $21 0.7143
損益 $2 $2 $5

これは1xと2xと20xにチップを置く。バランスは9:6:1でどの石板が出ても利益が出る。(6:4:1のバランスでもいいが)

ベット 当たった宝と戻し額 確率
$ 1x 2x 65x
1x $6 $12 0.3857
2x $4 $12 0.2857
65x $1 $66 0.0143
合計 $11 $12 $12 $66 0.6857
損益 $1 $1 $55

これは1xと2xと65xにチップをおく。バランスは6:4:1でよい。

ベット 当たった宝と戻し額 確率
$ 1x 4x 8x
1x $4 $8 0.3857
4x $2 $10 0.1714
8x $1 $9 0.1000
合計 $7 $8 $10 $9 0.6571
損益 $1 $3 $2

こんどは1xと4xと8xにチップを置くパターン。バランスは4:2:1で、約66%の確率どの石板がでても利益1以上確定。

33%の確率で―7となる。このチップ配置パターンならやってもいいかも、と思える。ベッティングシステムを利用してハズレたら取り戻す計画も立てられる。

ベット 当たった宝と戻し額 確率
$ 1x 4x 20x
1x $4 $8 0.3857
4x $2 $10 0.1714
20x $1 $21 0.0429
合計 $7 $8 $10 $21 0.6000
損益 $1 $3 $14

おつぎは1xと4xと20xにチップを置くなら4:2:1にする。

ベット 当たった宝と戻し額 確率
$ 1x 4x 65x
1x $4 $8 0.3857
4x $2 $10 0.1714
65x $1 $66 0.0143
合計 $7 $8 $10 $66 0.5714
損益 $1 $3 $59

これは1-4-65のケース。バランスは4:2:1でよい。

ベット 当たった宝と戻し額 確率
$ 1x 8x 20x
1x $3 $6 0.3857
8x $1 $9 0.1000
20x $1 $21 0.0429
合計 $5 $6 $9 $21 0.5286
損益 $1 $4 $16

これは1-8-20のケース。チップ金額は3:1:1でよい。

ベット 当たった宝と戻し額 確率
$ 1x 8x 65x
1x $3 $6 0.3857
8x $1 $9 0.1000
65x $1 $66 0.0143
合計 $5 $6 $9 $66 0.5000
損益 $1 $4 $61

65xには夢がつまっている。

ベット 当たった宝と戻し額 確率
$ 1x 20x 65x
1x $3 $6 0.3857
20x $1 $21 0.0429
65x $1 $66 0.0143
合計 $5 $6 $21 $66 0.4429
損益 $1 $16 $61

高配当な石板へのベットがいいギャンブルかもしれない。

ベット 当たった宝と戻し額 確率
$ 2x 4x 8x
2x $2 $6 0.2857
4x $1 $5 0.1714
8x $1 $9 0.1000
合計 $4 $6 $5 $9 0.5571
損益 $2 $1 $5

1xへのベットを止めるのも面白い。

2x-4x-8xにチップを置くパターン。賭け金は2:1:1の合計4単位となる。

確率は約55.7%でアタリ、1単位以上の利益が出る。45%の確率で全ハズレ-4にしかならない。

ベット 当たった宝と戻し額 確率
$ 2x 4x 20x
2x $2 $6 0.2857
4x $1 $5 0.1714
20x $1 $21 0.0429
合計 $4 $6 $5 $21 0.5000
損益 $2 $1 $17

こちらは2x-4x-20xにチップを置く。同様に2:1:1の金額バランスでOK。確率は5割でアタリ利益が出る。

ベット 当たった宝と戻し額 確率
$ 2x 4x 65x
2x $2 $6 0.2857
4x $1 $5 0.1714
65x $1 $66 0.0143
合計 $4 $6 $5 $66 0.4714
損益 $2 $1 $62

2x-4x-65xにチップをおくパターン。やはり65xをはさむと出た時の利益が大きい。が、基本は2x-4xの方が当たりやすいので小さく利益を出しつつ、たまに大きな利益が出たらいいなという打ち方。

ベット 当たった宝と戻し額 確率
$ 2x 8x 20x
2x $2 $6 0.2857
8x $1 $9 0.1000
20x $1 $21 0.0429
合計 $4 $6 $9 $21 0.4286
損益 $2 $5 $17

2x-8x-20xにチップを置く。確率は下げてもすこし利益をアップしたい方むけ。

ベット 当たった宝と戻し額 確率
$ 2x 8x 65x
2x $2 $6 0.2857
8x $1 $9 0.1000
65x $1 $66 0.0143
合計 $4 $6 $9 $66 0.4000
損益 $2 $5 $62

2x-8x-65xにチップ。

ベット 当たった宝と戻し額 確率
$ 2x 20x 65x
2x $2 $6 0.2857
20x $1 $21 0.0429
65x $1 $66 0.0143
合計 $4 $6 $21 $66 0.3429
損益 $2 $17 $62

2x-20x-65xにチップ。

ベット 当たった宝と戻し額 確率
$ 4x 8x 20x
4x $1 $5 0.1714
8x $1 $9 0.1000
20x $1 $21 0.0429
合計 $3 $5 $9 $21 0.3143
損益 $2 $6 $18

4x-8x-20xにチップ。だんだん確率が落ちていく。

当たる確率は約30%と低いが全ハズレでも―3なので許容範囲か。

ベット 当たった宝と戻し額 確率
$ 4x 8x 65x
4x $1 $5 0.1714
8x $1 $9 0.1000
65x $1 $66 0.0143
合計 $3 $5 $9 $66 0.2857
損益 $2 $6 $63

4x-8x-65xにチップ。

ベット 当たった宝と戻し額 確率
$ 4x 20x 65x
4x $1 $5 0.1714
8x $1 $21 0.1000
65x $1 $66 0.0143
合計 $3 $5 $21 $66 0.2857
損益 $2 $18 $63

4x-8x-65xにチップを置く。

ベット 当たった宝と戻し額 確率
$ 8x 20x 65x
8x $1 $9 0.1000
20x $1 $21 0.0429
65x $1 $66 0.0143
合計 $3 $9 $21 $66 0.1571
損益 $6 $18 $63

3つにチップを置く最後のパターンは8x-20x-65xに1:1:1のバランスでチップをおく。

勝率は21%なので5回に1回程度だが、当たれば大きい。しかもハズレても―3にしかならない。賭けてもいいかもしれない。

石板4個に賭ける全15パターン

ここからは6種の石板から4種にチップを配置する全15パターンについて利益が出る賭け金のバランスを整理していく。

ベット 当たった宝と戻し額 確率
賭け金 1x 2x 4x 8x
1x $9 $18 0.3857
2x $6 $18 0.2857
4x $4 $20 0.1714
8x $2 $18 0.1000
合計 $21 $18 $18 $20 $18 0.9429
損益 -$3 -$3 -$1 -$3

チップを1x-2x-4x-8xに配置するパターン。

勝率は94%を超えるけど、残念ながらどのように賭け金を上げ下げしても必ず損をする賭け方。プライズドロップ頼みになるのでこのチップ配置はやらない方がいい。

ベット 当たった宝と戻し額 確率
賭け金 1x 2x 4x 20x
1x $9 $18 0.3857
2x $6 $18 0.2857
4x $4 $20 0.1714
20x $1 $21 0.0429
合計 $20 $18 $18 $20 $21 0.8857
損益 -$2 -$2 $0 $1

これも同じく必ず損。1x-2x-4xに同時にかけてはいけない。20xを追加しても駄目。

ベット 当たった宝と戻し額 確率
賭け金 1x 2x 4x 65x
1x $90 $180 0.3857
2x $60 $180 0.2857
4x $39 $195 0.1714
65x $3 $198 0.0143
合計 $192 $180 $180 $195 $198 0.8571
損益 -$12 -$12 $3 $6

1x-2x-4x-65xにチップ配置。これも同様に損する確率が高くやってはいけない賭け方。

ベット 当たった宝と戻し額 確率
賭け金 1x 2x 8x 20x
1x $90 $180 0.3857
2x $60 $180 0.2857
8x $20 $180 0.1000
20x $9 $189 0.0429
合計 $179 $180 $180 $180 $189 0.8143
損益 $1 $1 $1 $10

これは1x-2x-8x-20xにチップを置く。賭け金のバランスはかなり悪い。1xに$90、2xに$60、8xに$20、20xに$9も賭けて。

81%の確率で当たるけど、利益が少なすぎてやる意味が無い。ハズレたら―179になってしまうのも悲惨。

ベット 当たった宝と戻し額 確率
賭け金 1x 2x 8x 65x
1x $18 $36 0.3857
2x $12 $36 0.2857
8x $4 $36 0.1000
65x $1 $66 0.0143
合計 $35 $36 $36 $36 $66 0.7857
損益 $1 $1 $1 $31

1x-2x-8x-65xにチップをおくパターン。賭け金のバランスは18:12:4:1で合計35単位。

勝率は約79%と高めだけど1x2x8xが当たると利益+1にしかならない。やらない方がいい。

ベット 当たった宝と戻し額 確率
賭け金 1x 2x 20x 65x
1x $9 $18 0.3857
2x $6 $18 0.2857
20x $1 $21 0.0429
65x $1 $66 0.0143
合計 $17 $18 $18 $21 $66 0.7286
損益 $1 $1 $4 $49

1x-2x-20x-65xにチップを置き、賭け金は9:6:1:1にする。出やすい1xと2xをカバーして小役で回収しつつ、20xや65xがでるまで頑張るような打ち方だろうか。

ベット 当たった宝と戻し額 確率
賭け金 1x 4x 8x 20x
1x $8 $16 0.3857
4x $3 $15 0.1714
8x $2 $18 0.1000
20x $1 $21 0.0429
合計 $14 $16 $15 $18 $21 0.7000
損益 $2 $1 $4 $7

1x-4x-8x-20xにチップを置く。8:3:2:1の比率で賭け金を決めればOK。勝率は70%で賭け金のわりに少なくない利益も期待できる。

ベット 当たった宝と戻し額 確率
賭け金 1x 4x 8x 65x
1x $8 $16 0.3857
4x $3 $15 0.1714
8x $2 $18 0.1000
65x $1 $66 0.0143
合計 $14 $16 $15 $18 $66 0.6714
損益 $2 $1 $4 $52

これは1x-4x-8x-65xにチップを置く。2xと20xを予想しない。65xに期待する賭け方だろう。

ベット 当たった宝と戻し額 確率
賭け金 1x 4x 20x 65x
1x $8 $16 0.3857
4x $3 $15 0.1714
20x $1 $21 0.0429
65x $1 $66 0.0143
合計 $13 $16 $15 $21 $66 0.6143
損益 $3 $2 $8 $53

1x-4x-20x-65xにチップ。賭け金は8:3:1:1とすればよい。

ベット 当たった宝と戻し額 確率
賭け金 1x 8x 20x 65x
1x $4 $8 0.3857
8x $1 $9 0.1000
20x $1 $21 0.0429
65x $1 $66 0.0143
合計 $7 $8 $9 $21 $66 0.5429
損益 $1 $2 $14 $59

1x-8x-20x-65xにチップを4:1:1:1で配置。合計ベット額は7とそこまで高くない。54%の確率で利益が出せる。やってもいいかもしれない。

ベット 当たった宝と戻し額 確率
賭け金 2x 4x 8x 20x
2x $3 $9 0.2857
4x $2 $10 0.1714
8x $1 $9 0.1000
20x $1 $21 0.0429
合計 $7 $9 $10 $9 $21 0.6000
損益 $2 $3 $2 $14

利益の少ない1xに期待せず、2x-4x-8x-20xにチップを配置するならこの3:2:1:1の金額で。

6割の勝率はまぁまぁ高く、$7の賭け金に対して利益も$2以上(高ければ$14)が期待できる。

ベット 当たった宝と戻し額 確率
賭け金 2x 4x 8x 65x
2x $3 $9 0.2857
4x $2 $10 0.1714
8x $1 $9 0.1000
65x $1 $66 0.0143
合計 $7 $9 $10 $9 $66 0.5714
損益 $2 $3 $2 $59

2x-4x-8x-65xに賭けるならこのように。65xへの期待が大きい。

ベット 当たった宝と戻し額 確率
賭け金 2x 4x 20x 65x
2x $3 $9 0.2857
4x $2 $10 0.1714
20x $1 $21 0.0429
65x $1 $66 0.0143
合計 $7 $9 $10 $21 $66 0.5143
損益 $2 $3 $14 $59

2x-4x-20x-65xへの賭け。ベット額は全7単位になるけど51%の勝率だ。

ベット 当たった宝と戻し額 確率
賭け金 2x 8x 20x 65x
2x $2 $6 0.2857
8x $1 $9 0.1000
20x $1 $21 0.0429
65x $1 $66 0.0143
合計 $5 $6 $9 $21 $66 0.4429
損益 $1 $4 $16 $61

2x-8x-20x-65xへの賭け。金額バランスは2:1:1:1でよい。

ベット 当たった宝と戻し額 確率
賭け金 4x 8x 20x 65x
4x $1 $5 0.1714
8x $1 $9 0.1000
20x $1 $21 0.0429
65x $1 $66 0.0143
合計 $4 $5 $9 $21 $66 0.3286
損益 $1 $5 $17 $62

4種に賭けるパターンの最後は、4x-8x-20x-65xへの賭け。どれも1単位ずつ賭ければOKとなる。勝率は32%とやや低い。

石板5個に賭ける全5パターン

石板5つに賭けるパターンは全部で5パターン。それぞれ整理します。

ベット 当たった宝と戻し額 確率
賭け金 1x 2x 4x 8x 20x
1x $9 $18 0.3857
2x $6 $18 0.2857
4x $3 $15 0.1714
8x $2 $18 0.1000
20x $1 $21 0.0429
合計 $21 $18 $18 $15 $18 $21 0.9857
損益 -$3 -$3 -$6 -$3 $0

そもそも1x-2x-4xに賭けると利益が出ないのに、

1x-2x-4x-8x-20xに賭けると、どのように賭けても利益が出ない。やるべきではない。

自分は何も考えずこんな賭け方をよくやってたw

ベット 当たった宝と戻し額 確率
賭け金 1x 2x 4x 8x 65x
1x $9 $18 0.3857
2x $6 $18 0.2857
4x $3 $15 0.1714
8x $2 $18 0.1000
65x $1 $66 0.0143
合計 $21 $18 $18 $15 $18 $66 0.9571
損益 -$3 -$3 -$6 -$3 $45

1x-2x-4x-8x-65xも同様で、65xしか利益がでないのでやるべきではないチップ配置の仕方。

ベット 当たった宝と戻し額 確率
賭け金 1x 2x 4x 20x 65x
1x $1 $2 0.3857
2x $1 $3 0.2857
4x $1 $5 0.1714
20x $1 $21 0.0429
65x $1 $66 0.0143
合計 $5 $2 $3 $5 $21 $66 0.9000
損益 -$3 -$2 $0 $16 $61

1x-2x-4x-20x-65xもダメ。

ベット 当たった宝と戻し額 確率
賭け金 1 2 8 20 65
1 $30 $60 0.3857
2 $20 $60 0.2857
8 $8 $72 0.1000
20 $3 $63 0.0429
65 $1 $66 0.0143
合計 $62 $60 $60 $72 $63 $66 0.8286
損益 -$2 -$2 $10 $1 $4

1x-2x-8x-20x-65xも同時ベットは駄目。

ベット 当たった宝と戻し額 確率
賭け金 2x 4x 8x 20x 65x
2x $3 $9 0.2857
4x $2 $10 0.1714
8x $1 $9 0.1000
20x $1 $21 0.0429
65x $1 $66 0.0143
合計 $8 $9 $10 $9 $21 $66 0.6143
損益 $1 $2 $1 $13 $58

最後のベットパターンがこれ。

5か所ベットで唯一どれが出ても利益が出る可能性があるのが、2x-4x-8x-20x-65xへのベット。

金額バランスは3:2:1:1:1でよく、確率61%で利益が出る。

利益を平均化したければ↓のように賭け金をアレンジしてもよいだろう。

ベット 当たった宝と戻し額 確率
賭け金 2x 4x 8x 20x 65x
2x $16 $48 0.2857
4x $12 $60 0.1714
8x $6 $54 0.1000
20x $3 $63 0.0429
65x $1 $66 0.0143
合計 $38 $48 $60 $54 $63 $66 0.6143
損益 $10 $22 $16 $25 $28

石板6個に賭ける全1パターン

結論、同時に全部に賭けるのはやらないほうがいい。

ベット 当たった宝と戻し額 確率
賭け金 1x 2x 4x 8x 20x 65x
1x $1 $2 0.3857
2x $1 $3 0.2857
4x $1 $5 0.1714
8x $1 $9 0.1000
20x $1 $21 0.0429
65x $1 $66 0.0143
合計 $6 $2 $3 $5 $9 $21 $66 1.0000
損益 -$4 -$3 -$1 $3 $15 $60

金額のバランスによりけりだが、例えば上の図のように賭け金を配置すると20xと65xしか利益が出ない。

必ずアタリにはなるが1x-2x-4x-8xをピックすると赤字。

やる意味がない賭け方になってしまう。

ピック数1ではなく、増やした場合にどうなるかを検証

ここまではピック数1を基底として整理していましたが、ここからはピック数を増やした場合にどうなるかを見て行きたいと思います

ピック数は1~20まで設定できますが、さすがに全パターンはできないのでピック10で当たる確率を上げてみます

石板1個選んでピック10の6パターン

①まず「1x」にピック10をした場合

ベット x1が当たった数と戻し額
ベット ピック ベット計 0個 1個 2個 3個 4個 5個 6個 7個 8個 9個 10個
1x $1 10 $10 $0 $2 $4 $6 $8 $10 $12 $14 $16 $18 $20
損益 -$10 -$8 -$6 -$4 -$2 $0 $2 $4 $6 $8 $10
確率 0.0048 0.0384 0.1283 0.2376 0.2697 0.1959 0.0921 0.0276 0.0051 0.0005 0.00002

表の見方ですが、1xに$1ベットし、ピック10にした場合、ベット計は$10になることを表しています。

ピック10なので70個の石板から10個をピックアップ(開示)できますよね。

1個も[1x]が出なければアタリ数は0。[1x]が1個出たらアタリ数は1、10個ピックして10個[1x]だったらアタリ数は最大の10個になります

そして「当たり数とその時のリターン」にて、いくら手元に戻るかが記載されています。

たとえば当たり数0だったら全部ハズレなのでリターンは$0です。損益は‐$10ですね。

例えばアタリ数6だったら6個あたりなので配当は$1×6、賭けた$1×6個も戻る。合計リターンは$12です。今回の利益は+$2になります。

こんな風に整理することができました。

利益が出始めるのは10個ピックして6個以上当たった場合。(確率にして12.53%

10個ピックするとどこかしら当たる確率は高まるけど、利益が出る確率は低いと。

⇒結論、このような賭け方はやらない方がいいですね。

②2xにピック10をした場合

こうですね。

ベット 2xが当たった数と戻し額
ベット ピック ベット計 0個 1個 2個 3個 4個 5個 6個 7個 8個 9個 10個
2x $1 10 $10 $0 $3 $6 $9 $12 $15 $18 $21 $24 $27 $30
損益 -$10 -$7 -$4 -$1 $2 $5 $8 $11 $14 $17 $20
確率 0.0259 0.1263 0.2571 0.2870 0.1941 0.0828 0.0225 0.0038 0.0004 0.00002 0.0000005

利益が出るのはピック10のうち4個入ってた場合(30.36%)

③4xにピック10をした場合

4xにピック10をするとこうなります。

ベット 4xが当たった数と戻し額
ベット ピック ベット計 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
4x $1 10 $10 $0 $5 $10 $15 $20 $25 $30 $35 $40 $45 $50
損益 -$10 -$5 $0 $5 $10 $15 $20 $25 $30 $35 $40
確率 0.1315 0.3221 0.3189 0.1667 0.0505 0.0091 0.0010 0.0001 0.0000 0.0000 0.0000

約70%の確率で損をします。利益が出るのは3個以上。22.74%。

9個とか10個当てるのはもはや至難の業。

④8xにピック10をした場合

8xって70個の石板のうち7個しかないんだけど。

ベット 8xが当たった数と戻し額
ベット ピック ベット計 0 1 2 3 4 5 6 7
8x $1 10 $10 $0 $9 $18 $27 $36 $45 $54 $63
損益 -$10 -$1 $8 $17 $26 $35 $44 $53
確率 0.3222 0.4176 0.2050 0.0488 0.0060 0.0004 0.0000 0.0000

利益が出るのは2個以上でよいが確率は26.02%と低め。まだやらないほうがいいかなぁ。

⑤20xにピック10をした場合

70個の石板のうち3個しか入ってない20xを、ピック10して取りに行く感じ。

ベット 20xが当たった数と戻し額
ベット ピック ベット計 0個 1個 2個 3個
20 $1 10 $10 $0 $21 $42 $63
損益 -$10 $11 $32 $53
確率 0.6251 0.3233 0.0493 0.0022

37.49%の確率ですが1個でも出れば利益がでますね。2個出れば大きな利益になるし。これならやってみてもいいという人はいるかもしれないですね。

⑥65xにピック10をした場合

65xは1個しかありませんので、通常なら当たる確率は65/70=1.429%しかありません。

それをピック10にすることで当たる確率を10倍に上げ(14.29%へ)ようとする作戦ですね。

ベット 65xが当たった数と戻し額
ベット ピック ベット計 0 1
65x $1 10 $10 $0 $66
損益 -$10 $56
確率 0.8571 0.1429

概ね(85.71%)でアタリを引けず―10になるけど、14.29%の確率で+56になります。

これなら試してみてもいいんじゃないかなと思いました

やはりGonzo Treasure Huntは大きめの配当が出る石板を狙っていくのが良い結果になる予感です。

それと同時に、ピック数を増やすのはあまり賢くないのかなぁと思いました。

石板3個選んでピック2にした場合

全頭検査が多すぎて無理なので、ピック1のときに成績がよさそうだったパターンを抽出してピック数を増やしたケースをみてみます。

8x-20x-65xにチップを$1ずつ配置するパターンで、ピック2にしてみると。

こうなりました。

ベット パターン1 パターン2 パターン3 パターン4 パターン5 パターン6 パターン7 パターン8 パターン9
チップ ピック 石板→ 8x 20x 65x 8x 20x 65x 8x 20x 65x 8x 20x 65x 8x 20x 65x 8x 20x 65x 8x 20x 65x 8x 20x 65x 8x 20x 65x
アタリ数→ 0 0 0 1 0 0 0 1 0 0 0 1 2 0 0 0 2 0 1 1 0 1 0 1 0 1 1
8x $1 2 $2 $9 $18 $9 $9
20x $1 2 $2 $21 $42 $21 $21
65x $1 2 $2 $66 $66 $66
合計 $6 0 9 21 66 18 42 30 75 87
損益 -$6 $3 $15 $60 $12 $36 $24 $69 $81
確率 0.7085 0.1710 0.0733 0.0244 0.0087 0.0012 0.0087 0.0029 0.0012

結果のパターン1は、ピック2でどちらもハズレの場合を表しています

賭け金$6がそのまま赤字。確率は70.8%なので概ね赤字

当たりのパターン2~9は8xか20xか65xのいずれか1つでも出れば利益になることを表しています
確率は29.15%、しかも場合によっては利益幅も大きい所に注目。

この調子でピック数を3、4、、、10、、20と増やして確認してみたいところですが‥
既にピック3にすると、当たりハズレの全パターンが50にも増えてこの記事では書ききれないので。

やめとこうと思いました💦

まとめ

プライズドロップを考慮しないで、全63パターンの賭け方と利益が出る金額のバランスを提示しました。

・ピック数を増やすと利益が出しにくい
・高配当へのベットがよさそう

次回はプライズドロップを考慮した検証をします。

これ以降はツールを作って試してみたいと思います。

てことで、今日の検証は以上で終わります。