ベラジョンカジノにまた1社新たなゲームプロバイダーが参画した様子です!

「Gamevy社」から「エリート・オブ・イーブル・ザ・ファーストクエスト」というゲームが登場しました。今回の記事はこのエリートオブイーブルと呼ばれるスロット風に遊べるゲームを解説するとともにプレイ結果をまとめたいと思います。

エリート・オブ・イーブルの遊び方とルール

このゲームはベット額$0.05(およそ5円)程度からプレイできる、初心者にも資金難なワイにもやさしいゲームです。

最初の画面が出てきたらまずはベット額を設定してください。-と+ボタンで設定すればOKです。金額部分をクリック(タップ)すればゲームが開始します。

ゲーム開始&第1のボス登場

これがゲーム開始直後の画面です。

画面上中央に登場したのがボスです。エリートオブイーブルは全体で5体のボスがいてそれらのボスを倒していくようなストーリー構成になっています。ギャンブルによるランダムな結果で賞金を得ながらボスを倒していくストーリーです。

3マス以上連結しているシンボルをクリック

ゲーム開始直後は5×5マスグリッドと合計25個のシンボルが表示されるでしょう。

このあとプレイヤーが判断して操作するターンになりますので、「縦や横に3個以上繋がっている同一シンボル」をクリック(タップ)してください。

(ゲーム開始直後は必ずどこかしらのシンボルが3マス繋がることになってる)

クリックしたシンボルは消滅しますが消滅した数だけ「攻撃メーター」に加算されていきます。

このメーターが10個チャージできたら、ボスを攻撃してくれるのです。

ボスには体力メーターがありますね。繰り返しの攻撃でボスの体力を0に出来ればボス撃破となります!

どこで賞金が入るのか?

色別のシンボルの攻撃メーターがMAXになってボスを攻撃したタイミングで賞金が入ります。

シンボル色別に賞金の倍率が違うので整理しておくと。

紫 x0.5
青 x2
赤 x3
黄 x4
緑 x10

となります。仮にいま$1ベットでゲームを開始し、赤シンボルでの攻撃に成功すればx3ですから、$3の獲得になる訳です。($3-$1=$2の利益ってこと)

あとコインシンボルっていうのもあります。コインシンボルはボスを攻撃するのではなくて、その場で賞金だけが入ります。結構大きい賞金なので嬉しい。

茶 x3
白 x4
黄 x6
髑髏 x12

コイン別の配当はこうなっています。

連鎖的なシンボル消しと繰り返しの攻撃

さて話を最初に戻して。3個連結のシンボルを消したら、消えたマスに上にあるシンボルが落ちてきます。また何もないマスに新たなシンボルが生成されるでしょう。

ゲーム開始直後のグリッドの状態からゲーム進行によって様子が変わってくるってことです。

様々なタイミングで新しい連結シンボルができたりするので見逃さないように3つ連結したシンボルを消して攻撃メーターを増やしていきましょう!

残念ながらこれ以上3つ連結のシンボルが無くなればゲーム終了です。いままで稼いだ賞金を獲得して終了になります。

ボスは全部で5体!ラスボスを倒すと?

ボスを倒せば次のボスが登場しますので、これまで同様でシンボルを消していってボスにダメージを与えていきましょう。

5体目のボスは体力が多くて倒すのが大変ですが倒した後は宝箱に入った賞金をゲットすることができます。

5体目のボスを倒せば1巡クリアになります。レベル1→レベル2と変わってまた最初1体目のボスが登場、レベル2でも5体目のボスを倒せば賞金を貰ってレベル3へ進んでいきます。以後これの繰り返し。

BONUS×3以上でボーナスゲット!

BONUSシンボルが3つ繋がればそれを消してボーナスステージ獲得です。

イーブルの前にあるたくさんの宝箱から3つ選択して中の賞金をゲットしましょう!

エリート・オブ・イーブルはスキルゲームな側面も最適解とは?

★消せるシンボルが2か所ある場合の消し方とは?

画面上に消せるシンボルが複数あるケースがあります。こういうときどっちから消した方が良いかは重要だと考えます。

小役を拾えるか拾えないか、無駄にチャンスを逃す可能性があるからです。

実際にケーススタディ的に見てみましょう。

簡単な例ですがこれをどう見るか?

ブルー5つと、紺色6つが連結しててどっちでも消せます

ケース① ブルー5つを消しちゃうと、紺色のシンボルが落ちちゃうので次の紺色は5つしか消せなくなっちゃう。(合計10個消し)

一方で

ケース② 紺色6個を先に消せば、ブルーが落ちて6つに連結して消せることがわかります。(合計12個消し)

この時点でケース②の方を採用すべき、とわかりますね。

次の事例。

これはブルーが3つとその下に赤が3つあるのがわかる。

これの消す順は赤→青 ですね。赤を消せば青が下に落ちて、青が8つ連結することになるからです。

次の事例。

これは白いコインが3つ並んでるのと、ブルーが3つ並んでます。白のコインは即席の現金なので喜び勇んで真っ先に消したいところですが冷静になろう。

白コインを先に消すと、せっかく繋がってるブルーも赤もろとも下に落ちてしまいブルーが消せなくなってしまいます。

こういう時はブルー3つを消して、さらに上から落ちてくる赤2つによって新たな赤4つを消すのが最適解でしょう。

★ワンポイントアドバイス

ここでちょっと気づいたんですけど、

もし赤の上から新たな白コインが出て来て白コインが3つじゃなく4つ、5つ、6つとか繋がったらどうなるでしょう。白イコンはx4倍の配当なので大きい額です。

結果は残念ながら白コインが4つ以上繋がって消すことが出来ても配当はx4で変わりません。なんでこういう仕様にしたのかわからないけどコインは増やしても配当が大きくなることはないので3つで消しちゃって問題ない様子です。

★BONUSシンボルは多い方がいい

コインとは違って[BONUS]のシンボルは3つでボーナスゲットですが、3つより4つ、4つより5つの方が、宝箱に入ってる配当が増えます

なのでBONUSの連結数が増えそうなら、先にBONUSを消さずにうまく連結数を増やすように努力してください。

エリート・オブ・イーブルを3週した結果報告

さて、実際にプレイしてみました。

レベル1から始まってレベル3クリアまで251プレイで到達しました。

ベット額$1を基底として251プレイなので、合計ベット$251。

リターン総額$233.36 **損失-$17.64

RTP 92.97%

という結果になりました!

ボーナス獲得数 3回/251プレイ **まぁまぁいいんじゃないか?
コイン揃い回数 7回
ボス5体クリア時報酬 $11.86、$12.5、$10.5

BONUS3つでボーナスが出たのが3回もありました。ベラジョンカジノのスロットでは比較的出やすい気がします。

コインは滅多に揃いませんがそれでも7回出て中役での回収は捗るイメージ。またクリア時に入る宝箱はだいたい10倍前後のようです。

最大配当 14倍 **配当が安いと感じる

一般的なスロットだと30~40倍の配当が平均的には出るように感じていますが、エリートオブイーブルは高額当選が出にくいゲームだなと思いました。

しかしその一方で通常当選が出やすい印象です。

アタリ数 125回/251スピン **当選率49.8%は多い!

となりました。

遊んでて飽きないし、プレイヤーにも操作権があるし、ハズレだとしても画面の進行、シンボル消しなどは行われるので単純に見てるだけのスロットより趣があると感じましたね。

エリート・オブ・イーブルのゲーム性を検証

さて公式発表のRTPは97.5%とベラジョンカジノの中のゲームでは高い方です。つまり資金が減りにくく長く遊べるゲームだということ。プレイした所感だと当選率が高くボラティリティは低いです。

ハイエナおじさん的WIN FREQUENCY評価は以下のようになりました。

回数 頻度
スピン数 251
当選回数 125 0.498
ボーナス 3 ★8
クリアボーナス 3 3/251
ANY 125 ★10
BIG(x15) 0 ★1
MEGA(x50) 0 ★1
EPIC(x100) 0 ★1

ベット額の15倍に及ぶ(いわゆる)BIGWIN以上の大役は1度も出なかった。大当たりはあまり期待できないゲームかもしれないけど、大負けすることも無いと思いますよ。

所感。のめり込むようなギャンブル性やBIGWINは出ないので、あまり稼ぐ気が無い人にお勧めかな。パズルゲーム的な要素があるので普通のスロットに飽いてる人は一息つきたい時にでもプレイするのがいいんじゃないかな。