スリンゴ

ベラジョンカジノの新しいジャンルのゲームとして「スリンゴ」というゲームが入荷しました!

ビンゴゲームとスロットをミックスさせたゲームということでにわかに人気となっています。

スロット+ビンゴ=スリンゴ、てことと予想!

ちょっと遊んでみたらとても面白い!

ということでベラジョンカジノ内で遊べるスリンゴのルールやゲームを一覧で紹介します。

スリンゴの特徴とルール概要

ここではスリンゴの特徴と全ゲームに共通しているルールをお伝えします。

ビンゴとスリンゴ

まずスリンゴはビンゴゲームが基本となっているので、ビンゴのルールを覚えておくことをお勧めします。

ご存知の方も多いと思いますがビンゴは5×5マスのグリッドに1~75までの数字がランダムで25個だけ配置されたカード1枚を使ってやるゲームですね。

ビンゴマシーンから落ちてきたボールに描かれた数字と相対するカード上の数字に穴をあけていきます。

ビンゴカードの1つのライン(5個の数字)が出て穴が開いたら「ビンゴ!」という状態ですが、ベラジョンカジノのスリンゴゲームでは「スリンゴ」と呼んでいます

スリンゴの遊び方と賞金

遊び方はとても簡単です。スリンゴで共通しているのは以下の手順です。

ステップ1:ベット額を決める
ステップ2:ゲームスタート(ボールが落ちたりスロットが回り始める)
ステップ3:決められた回数だけスピンボタンを押す
ステップ4:スリンゴが完成したら条件と配当表に従って賞金ゲット

一般的なビンゴゲームですと少ないボール数(スピン数)で縦・横・斜めのラインの数字を1列(5個)出すことができたら、その少ない数の順で配当賞金が決まりますがスリンゴは異なります。

スリンゴは決まったスピン数で、縦・横・斜めのラインを何本穴をあけることが出来たか、で賞金が決まります。(スリンゴ内の各種ゲームにより若干の違いあり)

スリンゴの追加スピン

スリンゴに分類されているゲームの大きな特徴として「追加スピン」が挙げられます。

ビンゴマシンから例えば全部のビンゴボールが落ちてゲーム終了になった時に、あと1個揃えばスリンゴになる状態だった。

このときにお金を支払ってでももう1ボール落としてもらえる、という「追加のスピン」が用意されています。

追加スピンに必要な額は、それによって得られる可能性によって上下します。あと1スリンゴ完成してもたいした金額にならないとすれば、追加スピンの額はとても少ない額となります。

逆に何本かのラインが形成されBIG WINの可能性があるなら、追加スピンの額は大きくなる、という寸法です。

気を付けたいのは追加の1スピンで必ずしも当たりが出るとは限らない、ということです。

当たりが出なかったら何度も何度も追加スピンをしてしまい、ドはまりする場合があります(私の経験上)。

なので追加のスピンは可能性と引き換えに資金を失うこともあると認識しておくとよいですね。

ベラジョンカジノの「スリンゴ」ゲーム一覧

ベラジョンカジノにはスリンゴに分類されるゲームが豊富に用意されています。この記事執筆時点で10個あります。

それらを紹介するとともに、各ゲームによる違いも見ていきましょう。

基本的なルールはどのスリンゴも同じと考えてOKです。

Slingo Riches

スリンゴの中でも最も標準的な遊び方ができるゲーム。初めてスリンゴをプレイするならまずはここから試してみてください。

ベット額は$0.5~$100、最大払い出しは200倍

11回のスピンで何本のスリンゴを完成させることができるかで配当金が違います。

4スリンゴ完成でプラスマイナス0になるので、利益が出るのは5スリンゴからです。

最大フリースピン数4回、最大4回の追加スピンが可能

還元率は95%と高め

Slingo Extreme

Slingo Richesのルールを基本としてスピン数は11回。

ベット額は$0.5~$100、最大払い出しは500倍なので大勝利を目指したい方はこちらのスリンゴをプレイするとよいでしょう。

最大フリースピン数8回に、追加のスピン数は最大8回

$1ベット時の獲得賞金は1スリンゴ→$0.10、2スリンゴ→$0.20、3スリンゴ→$0.30、4スリンゴ→$1.00となっていてSlingo Richesよりも額が低い。そのぶんスリンゴの本数が多いほどに賞金が高くなっています。

還元率は95%

Slingo Reveal

ノーマルなSlingoとの違いはライン1本のスリンゴを形成しただけでは賞金にならないことです。

スリンゴを1本形成すると外側の「?」マークが明らかになって中からチェリーやスイカなどの果物が出てきます。

この果物が3個揃うことで配当賞金を得ることができます。

スピン数は9回

ベット額は$0.25~$25まで。

ダイヤモンド3個が出れば10000倍まで払い出しの可能性があります。私がプレイしたところあまり当たりが出ない印象です。

還元率は89%で追加スピンの還元率は95%

Slingo Fortunes

最初にラッキー封筒を受け取り、その後10回のスピンで勝負をします。

スロットによりオープンにされた封筒内のプライズは消去されていきます。

4スリンゴから配当が得られます。スリンゴによる配当を選ぶか、ラッキー封筒にチャレンジしてまだ隠れている高配当を目指すか選択して賞金を得ます。

ちょっとゲームに慣れるまで時間がかかるかもしれません。

最大4回のフリースピン獲得

還元率95%、追加スピン購入の還元率も95%

$1~$100までベット可、最大倍率は12スリンゴ(フルハウス)の20倍×50倍の1000倍となります。

Slingo Showdown

スリンゴとポーカーもミックスされたゲームです。スピン数は10回でその間にビンゴカードの下部にある5枚でポーカーの役を作っていきます。

ポーカーの役によって配当金が決まりますが、4スリンゴから2倍、3倍・・・と乗算されます。

$0.1~$100までベット可で、ジャックポットの30倍とロイヤルフラッシュの150倍の乗算で4500倍まであります。

還元率は95.4%、追加ディールの還元率は95.9%

Slingo XXXtreme

普通のスリンゴを基本として11スピンでゲーム勝負となります。

最大8回のフリースピンの可能性。

$0.20~$100までベット可、配当は1000倍までありえます。

追加のスピンが無制限で可能なので何度もスピンしたくなりますし、BGMがかなり射幸心をあおられるので気を付けてください。

還元率は95%

Blackjack X Change

何故かベラジョンカジノの中ではスリンゴのジャンルになっていますが、ブラックジャックです。

普通のブラックジャックは2枚のカードが配られた後はヒット/スタンドといった選択を迫られますが、その前に配布されたカードの1枚の交換(購入/売却)ができます。

いいカードだったら売却して賞金を得ることもでき、悪いカードなら資金を払って良いカードへのチェンジを期待できます。

そのようにしてカード売却益とブラックジャックの純粋な勝負での賞金によりお金を得ていく、かなり特殊なブラックジャックです。

$0.25~$2500までベット可

最適戦略に基づく還元率は99.68%

Baking Bonanza

ケーキやお菓子をテーマにしたスリンゴ。5回のスピンで結果がでます。

色んなケーキがあって自分が選んだレシピの素材を集めることができたらケーキ完成、賞金が得られるゲームです。

ベット額は$1~$100、最も高価なケーキを完成させたら2450倍の配当です。

還元率は作るケーキにより異なり、96.83%までありえます。

Wheely Wheely Big Win

2つの回転するホイールが止まる位置を予想するゲーム。最初はちょっとわかりにくいけどルールを理解すれば簡単です。

予想する止まる位置は範囲指定ができ、範囲が狭いほど高配当になる仕組み。さらに追加のベットでスピン継続もできます。

ベット額は$0.50~$100、還元率は94.20~95.94%

Slingo Love Island

なぜか画面がバグっていてプレイできない。最新のChromeやFirefoxでも駄目だったので後日リトライを予定。

その他のスリンゴ

ベラジョンカジノにはSlingoと名前の付いたゲームは他にもありますが、以下のゲームはどれもビデオスロットですね。

  • Slingo Reel Riches
  • Slingo Reel Extreme
  • Bar X XL
  • Dancing On Ice
  • Dragon’s Gems
  • Frooti Booti
  • Pay of the Dead
  • Pigasus

スリンゴの基準となるビンゴや追加スピンが無いので、このカテゴリーでの紹介はしません。

スリンゴのスロットゲームとWheely Weely Bigwinを紹介

(公開: 2019年02月09日)

ベラジョンカジノに新しく登場した「スリンゴ」はビンゴとスロットをうまくミックスしたゲームとして完成されていますが、スリンゴのジャンルには単純なスロットゲームもありましたので、それらをまとめて紹介したい…