ベラジョンカジノ新作のギャンブル「100 Bit Dice」のルールと攻略法

ベラジョンカジノに新作のギャンブルが登場しました。RELAX GAMING社から提供された「100 Bit Dice」と呼ばれるゲームです。

テーブルゲームのジャンルに分類されます。

ゲームはとてもシンプルですが、画面の使い方や遊び方がわかりにくいかもしれないので、ここで解説していきます。

自動プレイによってシステムベットする方法も取り上げます。また実際にプレイしてみたいと思います。

100 Bit Diceのルールは簡単

100 Bit Diceのルールはとても簡単です。次に出る数字が自分で指定したターゲット数字よりも大きいか、小さいかを予想するゲームなのです。

例えば自分で数字の40を指定したとします。このゲームではコンピューターがランダムに0~100までの数字を出してきますので、次にでる数字がこの40よりも大きいか、小さいかを予想して賭けるゲームです。

40を指定したということは言い換えれば、0~39が出る方に賭けるか、40~100が出る方に賭けるかと言えます。そしてもちろんですが確率の高低にあわせてそのときのオッズが自動的に計算されます。

RTP(還元率)は99~98%(平均98.94%)に設定されているのでベラジョンカジノ側が有利なことは言うまでもありませんが、それでも高還元率なゲームに分類されます。ベッティングシステムを駆使して良い勝負が出来ると思いますよ。

100 Bit Diceの画面構成と使い方、遊び方

こちらが標準的な100 Bit Diceの画面構成となっています。それぞれ解説していきましょう。

まず画面が左右にわかれていますが、右側は自分の勝負の履歴なので最初はあまり使う事はありません。

本番のギャンブルを行う画面は左側の部分なのでここさえ覚えておけば問題ないです。

画面上からみていきます。

・ベットサイズ
1勝負の賭け金を設定できます。プラスマイナスのボタンで$0.1~$100まで設定できます。または右側にあるペンのマークを押せば自分が指定した金額を賭けることができます。

・真ん中の0~100のスライダーバー

真ん中に0~100の数字がかかれたバーが見えるでしょう。その下につまみがあって上記の図ではターゲット値がちょうど真ん中の「50.0」に設定されています。

このバーのつまみは左右に動かしてターゲット値を設定できるようになっています。

そして当たりを引いたときの報酬額が上部に表示されるようになります。

上図の例ではバーを真ん中の50にしていて、50以下も50以上も同じ確率で当たるようになっているので、そのときの報酬はどちらも$1.98になっているわけですね。

バーでターゲット値を67.1に設定すると、それ以上がでたら$3の報酬で、67.1以下を当てれば$1.47の報酬とよむことができます。

・GREEN – BLUEのエリア

画面が左右にわかれ左側がGREEN、右側がBLUEになっています。この色に関してはとくに意味があるわけではありません。

自分が選択した
ターゲット値未満がGREEN
ターゲット値以上がBLUE
となります。

・チャンス

チャンスと表示された部分に正確な確率が表示されます。

この確率部分から賭けを設定することもできたりします。ペンのマークを押せば確率を入力してターゲット値を設定できたりしますよ。

・賭けとゲームを開始する

BET GREENか、BET BLUEを押せばその瞬間にゲームが開始されます。

ターゲット値未満を予想したら「BET GREEN」を押せばいいし、ターゲット値以上を予想したら「BET BLUE」を押せばOKです。

・ゲームの結果のゆくえ

事例ですが今回はターゲット値に34を指定しました。そしてそれ以上の方が出る可能性が高いのでBET BLUEを押しました。

どうもRTPから逆算で正確なターゲット値が割り出されるので厳密には今回はロールアンダー34.01とロールオーバー34.02で表現されるみたいです。

ターゲット値50のときはロールアンダーもロールオーバーも50になってましたが、今回の様に2つに分かれてしまう場合もあるってことです。

これはわかりにくさ大爆発ですね(;´・ω・)

ちなみに以下のようにロールアンダー98.01で、ロールオーバー99.901になることも。この場合99.0とかが出たらハズレになるんかな?

ゲームが始まれば、真ん中のバーのところにサイコロがころころ転がり始め、どこかで止まります。その時に表示された数字がコンピューターによってランダムに決定された数字です。

ちなみに「未満」と「以上」は明確に違うので注意しないといけない。ターゲット値50でGREEN(未満)を選択した場合、50がでたらハズレになる。

これで①賭け金設定→②ターゲット値の設定→③ゲーム開始の一連の流れが終了したことになります。

引き続き賭け金を設定してゲームをつづけてみてください。

自動プレイ設定を活用してベッティングシステムを構築

画面下部に「自動プレー」のボタンが見えます。ここを押せば自動プレイの設定ができるようになります。

設定できるのは次の3パターンです。

・勝利でダブルアップ
・損失でダブルアップ
・少しずつ増加

これを使う事でマーチンゲール法などのベッティングシステムを自動で実現することもできるので、好きな方は活用されてみてください。

まずは画面の使い方を説明します。

・勝利でダブルアップ

このボタンを押すと勝利時に次の賭け金を増やすシステム(こういうのをポジティブプログレスと呼んだりします)の基本的な設定がされます。
いくら賭け金を増やすか、損失時にいくらの賭け金に戻すかの設定を自分で行えばよいです。

・損失でダブルアップ

このボタンを押すと、損失時に次の賭け金を増やすシステム(ネガティブプログレス)の基本設定が反映されます。
個々の数値はご自身で入力してください。

・少しずつ増加

このボタンを押すと、勝利時、損失時に賭け金をいくら増やす/減らすの基本設定が呼び出されます。
何パーセント増やす/減らすはご自身で設定してください。

マーチンゲール法を設定するには

マーチンゲール法は倍プッシュで負けを取り戻しに行く戦略です。
(参考:https://www.a-taichi.com/casinogamenavi/howtobet/martingale.html

最初の賭け金を1単位として負けるたびに次のように賭け金を増やしていくベッティングシステムです。

1→2-4-8-16-32-64-128-256-512

自動プレイの設定の仕方は次のようにします。

・ベットサイズ→1
・ロールアンダー50ロールオーバー50
・自動プレー回数 100回とか
・停止する全体の損失額 → すきな額に
・停止する全体の利益額 → すきな額に
・勝利の場合 → ベットサイズを設定のところをポイントして1.00を入力
・勝利なしの場合 → ベットリサイズを調整のところをポイントして200%

これで$1スタートのマーチンゲール法が設定できました。

マーチンゲール法で勝てるのか負けるのか、行く末は以前シミュレーターを作ったので、そちらを参考にしてください。

https://www.a-taichi.com/casinogamenavi/simulator/martingale.html

大損する可能性のある戦略なのでほどほどに。

ダランベール法を構築するには

正確なダランベール法は最初のベット額を$20とか多めにし、勝利時は次のベット額を1減らし、損失時は次のベット額を1増やす戦略です。

これと全く同じシステムを100 bit diceの自動プレイで設定はできないので、疑似的に設定するには次のように設定します。

・ベットサイズ 20からスタート
・ロールアンダーロールオーバーは50
・自動プレー回数 100回とか
・停止する全体の損失額 400
・停止する全体の利益額 400
・勝利の場合 ベットサイズを90%に
・勝利無しの場合 ベットサイズを110%に

こんなイメージですね。

私なら損切り(あきらめ)の設定を以下のような感じでやると思います。

ベットサイズ20なら、停止する損失額400
ベットサイズ10なら、停止する損失額200

負け数が約12回先行するとこれぐらいの損失になりますので。

実際にやってみると以下のような結果になりました。グラフで表示します。

横の軸が1回目~100回目です。緑線が軍資金の推移で、赤線はベット額の推移です。

500持ちでスタートして637.65でフィニッシュ。

100回プレイ後は+$137.65で終えることが出来ました。

引き続きダランベール風自動プレイで100回、100回やってみましたが。

勝利数 54
損失数 46
トータル損益 +$133.38

勝利数 52
損失数 48
トータル損益 +105.00

となりました。勝利数がわずかに多いですが収支はプラスで終えられました。

やはりダランベール法は勝ちやすいように思います。

100 Bit Dizeの還元率をおさらい

最後に還元率が98~99%とヘルプに表示されていますので、実際にみてみましょう。

簡単に計算してみます。ターゲット値が50だとGREENもBLUEも確率50%です。

$1ベット時に勝利して$2の戻しならプレイヤーとベラジョンカジノとは公平で還元率100%といえますが、未満でも以上でもどちらがあたっても$1.98の戻しというところに注目

外れた時は-1ですが、当たったときは0.98の利益になります。この0.02の差額がベラジョン側のハウスアドバンテージ

仮に$1ベットで1万回プレイすると以下のような結果が想定されます。
5000回ハズレ → -$5000
5000回アタリ → +$4900($9900の戻し)

1万回プレイ後は最初の資金から100減ってるぐらいになります。
$10000に対して$9900の戻しは還元率99%です。

気になるのはこのケースかな。

GREENは98.01%の確率で$1.01の戻し
BLUEは0.099%の確率で$1000の戻し。

1万回プレイしたとすれば
GREENが9801回出て、
BLUEは9.9回出ると。9.9回はありえないので10回出ると想定。
かつロールアンダーとロールオーバーの間の差があるので、それはたぶんハズレになるんだろうな。

GREENに1万回賭けたら
9801回アタリ → +$98.01(9899.01の戻し)
199回ハズレ → -$199の損

1万回プレイ後は最初の資金から100.99減ってるぐらいです。還元率は98.99%

BLUEに1万回賭けたら
10回アタリ → +$9890($9900の戻し)
9990回外れ → -$9990
還元率は99%。最初の資金から$100を失う。

$1万持ちでスタートして1万回遊んでもあまり減らないように見えるのはやはり高還元率だからですね。実際には大きく賭けをしたくなってしまうので、資金を失わないように気を付けないと。

ということで以上です!

100 bit diceはベラジョンカジノとしては新しめのゲームですが、ゲームルールは簡単です。自動プレイも戦略的に使いこなせば勝機があるではないかと思います。

ベラジョンカジノ新作のギャンブル「100 Bit Dice」のルールと攻略法:関連ページ

Deal or No Deal Blackjackのルールと戦略
ベラジョンカジノにはだいぶ前に入荷したブラックジャックの一種「Deal or No Deal Blackjac […]
ベラジョンカジノのDouble Exposure Proの遊び方とプレイ結果
今日はブラックジャックの一種でDouble Exposureというゲームについて遊び方を解説します。 ブラック […]
ベラジョンカジノのPontoon Proシリーズのルールとプレイ結果
ベラジョンカジノにあるPontoon ProfessionalシリーズはNetEnt社が提供しています。 ポン […]
ベラジョンカジノのCasino Hold’em Proの遊び方とプレイ結果
ベラジョンカジノのテーブルゲームにはCasino Hold’emというポーカーゲームの一種が用意さ […]
ライデムポーカーの遊び方と攻略のヒント
ベラジョンカジノのテーブルゲームの中にある「ライデムポーカー」というゲームについて解説し遊び方を紹介したいと思 […]
新作「Patience」ソリティアがベラジョンにやってきた!やり方と攻略
ベラジョンカジノのテーブルゲームジャンルにpatienceというゲームが新作入荷されていました。 patien […]
パイゴウポーカーの遊び方と戦略、確率の話
パイゴウポーカーはあまりメジャーなポーカー種ではない様子で、ベラジョンカジノ内では1つだけあります。 Play […]
ホイールオブフォーチュン「Super Wheel」を分析して攻略するよ!
カジノでは一般的な「ホイールオブフォーチュン」ですがベラジョンカジノにも独自のルールを採用して存在しています。 […]
バカラの勝ち方とは?攻略法を使ってBaccarat high limitに挑戦!
ここではギャンブルにおける確率50%のゲームでよく使われる攻略法を使ってベラジョンカジノのバカラに挑戦してみよ […]
ベラジョン向け初のテーブルゲームSonya Blackjackやってみた
Yggdrasilが提供するベラジョンカジノ向けテーブルゲーム第1段という事でSonya Blackjackが […]