ライデムポーカーの遊び方と攻略のヒント

ベラジョンカジノのテーブルゲームの中にある「ライデムポーカー」というゲームについて解説し遊び方を紹介したいと思います。

撤去情報あり。残念ですがベラジョンで検索して出てきません。確認中。

このゲームは「レットイットライドポーカー」というポーカーゲームの一種です。

レットイットライドポーカーはShuffleMaster社によって発明、登録商標しているので各種オンラインカジノでは「Let em Ride Poker」などの名称で提供されています。

ベラジョンカジノにBetsoft Gaming社が提供しているレットイットライドポーカーのことを「ライデムポーカー」と呼びます。

テーブルの構成やベッティングエリアがやや特殊でとっつきにくいと思いますが、理解すれば十分遊べるのでぜひご一読ください。

RIDEM POKER(ライデムポーカー)とは

このポーカーはビデオポーカーに似ていると思います。ディーラーや他のプレイヤーと対戦することはなく自分のハンドに役を作ることで勝利金が支払われる仕組みになっています。

カードチェンジやダブルアップはできません。

ゲームの始め方やお金の賭け方が特殊なのでよくルールを確認してください。

ベラジョンカジノのライデムポーカーの遊び方

ライデムポーカーのテーブルレイアウトを把握しよう

まず画面を見てみましょう。

プレイヤーが3人着席できるようなテーブルレイアウトになっていると思いますが、1人で3ハンドまで展開してプレイできるようになっています。

なので他のプレイヤーが同時に参加できるゲームではありません。

プレイヤー1人で1~3ハンドで遊べます。

各テーブルにはBASIC PAYOUTSと表示されている部分がありますが、これは払い出し金額が表示されているだけです。

賭けをするにはここを見てください。

$②①と表示されているエリアがあります。またその上に「BONUS」と書かれた円があるのがわかります。ここにチップを置くことで賭けになるわけです。

ライデムポーカーを始める手順

ステップ1.まず画面右下のチップから選択します
チップは$1、$5、$25、$100、$500の5種類あります。(けどこのテーブルの上限があるせいで$100と$500は選択できません。)

ステップ2.チップを選択したら$②①をクリックしてチップを配置します
いわゆるポーカーで言うANTE(参加料)
1クリックすれば$②①の全ての円上にチップが配置されるはずです。

もし$1のチップを選択してベットすると$②①にチップが配置されるので賭け金は合計$3になります。

($)マークはポーカーで言う参加料(アンティ)の事です。もし($)に$5をベットしたならば②と①にも$5を置かなくてはいけないので、全部で$15が必要になります。

これでゲームが開始できます。

3枚ベットしたチップですが、後程ゲームの進行とともに戻すことも出来ます

ステップ3.サイドベットのBONUSにも$1チップを1枚置く事ができます
ここには最大$1しかベットできません。サイドベットは賭けても賭けなくても構いません。

ステップ4.DEALボタンをクリックします
好みのハンドにチップを配置したら画面下部のDEALボタンをクリックしてゲームスタートとなります。

ライデムポーカーのベット額

ベラジョンカジノのライデムポーカーでは最低でも$3から始められ、最大で$99となります。つまり($)②①に$33ずつベットこれに加えてBONUSに$1を賭けた$100が最大ベット額となります。

ゲームの進行とルール

1.ディーラーによってプレイヤーにアップカード(表むき)でカードが3枚配布されます。

2.ディーラー側に裏向きのカードが2枚配布されます。これはコミュニティカードと呼ばれます。

自分が持つ3枚のカードに加え、ディーラーが持つ2枚のカードを合わせて5枚のカードでポーカーの役を作るのがこのゲームの目的となります。

3.賭け金を戻すか勝負するかを決める(その1)
画面下部に「PASS」か「RIDE」というボタンが表示になりますので、いずれかを選択することになります。

この時点で3枚の自分のカード+裏向きのコミュニティカードでポーカーの役を構成する良いカードになりそうならRIDEを。役ができなさそうならPASSを選択するイメージです!

「PASS」を選択すれば①に置かれたチップが戻されます。

「RIDE」を選択すれば$②①に置いたチップは戻さず、そのままです。

ディーラーは裏向きで置かれている2枚のカードから1枚を公開します。これで5枚のうち4枚が明らかになり、より役の出来やすさが判断できるようになりました。

4.賭け金を戻すか勝負するかを決める(その2)

現状、自分の3枚のカードとディーラーの1枚のカードにより、4枚のカードが公開されているはずです。

この時点では4枚のカードによって役を構成できそうかどうかを判断して、やはりPASS/RIDEを選択します。

「PASS」を選択すれば②に置かれたチップが戻されます。

「RIDE」を選択すればチップは戻さず、そのままです。

ディーラーは最後の1枚のカードを公開し、5枚のカードが明らかになります。

①と②のチップはそれぞれ独立していて、PASSを1回もしなければ$②①のチップを賭けて勝負(最後のカードをオープン)になりますし。

1回目にPASSすれば$②のチップを賭けて勝負、2回目だけPASSすれば$①のチップを賭けて勝負。

役が見込めないからといって1回目も2回目もPASSしたとしても$のチップは残るので、それを賭けて勝負となります。

これがライデムポーカーの進行とルールです。

ライデムポーカーで勝利するには

プレイヤーの3枚の手札と、ディーラーの2枚のコミュニティカードをあわせた5枚でポーカーの役が出来ていれば勝利となります!

役は最低でも10のワンペア以上が必要です。残念なことに2~9のワンペアでは勝利にはなりません。

配当金とどのように支払われるかを確認

ANTEに対する配当表は以下のようになっていて

ロイヤルフラッシュ 1000 to 1
ストレートフラッシュ 200 to 1
4カード 50 to 1
フルハウス 11 to 1
フラッシュ 8 to 1
ストレート 5 to 1
3カード 3 to 1
ツーペア 2 to 1
10のワンペア以上 1 to 1

BONUS BETに対する配当は以下のようになっています。

ロイヤルフラッシュ 20000 for 1
ストレートフラッシュ 2000 for 1
4カード 400 for 1
フルハウス 200 for 1
フラッシュ 50 for 1
ストレート 25 for 1
3カード 5 for 1

to と forで意味が違うので念のためお伝えしておきます。

例えばANTEのツーペアの2 to 1ですが、これは$1を賭けて勝利すれば$3が戻ってくるので利益$2です。

例えばBONUSの3カードの5 for 1ですが、これは$1を賭けて勝利すれば$5が戻ってくるので利益$4になるわけですね。

どのように支払われるか事例を見ていきましょう。

事例1

例で説明します。

これはANTEに$1+$1+$1の合計$3をベット、さらにBONUSに$1をベットしました。

結果は1回もPASSせずに10’sベター(10ワンペア以上)なので、ANTEの$3に対してワンペアは等倍だから$6の戻し(利益$3)になっています。

BONUSは3カード以上じゃないと配当が出ないので、没収されます。

事例2

こちらはANTEに$2+$2+$2の合計$6をベット、BONUSにも$1をベットして2ペアが出たケース。

1回目の判断では役が期待できなかったのでPASSを選択しちゃいました。(ANTE①の$2の戻し)

ところがコミュニティカードの1枚目がオープンされるや[A]がでてワンペアが確定したので、2回目の判断ではRIDEすることにしたのです。

$6を賭けていたANTEは1回PASSしているので$4になり、結果的にツーペアが出ました。

配当表に従えば2 to 1で払い出しなので、$12の戻し($8の利益)となっているわけですね。

事例3

こちらは右側のハンドを使ってプレイしています。

ANTEには$5+$5+$5の合計$15をベット、BONUSにも$1をベットしてフラッシュが出たケースです。

1度もPASSをしていないので$②①のチップはそのまま残っています。

ANTEに賭けた$15に対するフラッシュの配当は8 to 1なので、$135の獲得(利益$120)と、BONUS BETでも役が成立しているのでフラッシュは50 for 1なので、$50を獲得しました。

ということで、勝利金の払い出しはこのように計算できます。

もし$10をベットしたならば合計$30になり、もし1度もPASSすることなく$②①のチップを引き戻さずに、ロイヤルフラッシュが出たなら$30000を獲得する、というミラクルもあるわけですね。

ライデムポーカーの役が出る確率

このゲームは1デック(52枚のカード)でプレイされるので役が出る確率は、標準的なポーカーの確率に従って以下のようになります。

出る確率 出る確率 100回中何回でる ANTE配当 BONUS配当
ロイヤルフラッシュ 0.000154% 649740回に1回 0 1000 to 1 20000 for 1
ストレートフラッシュ 0.001385% 72193回に1回 0 200 to 1 2000 for 1
フォーカード 0.024010% 4165回に1回 0 50 to 1 400 for 1
フルハウス 0.144058% 694回に1回 0 11 to 1 200 for 1
フラッシュ 0.196540% 508.8回に1回 0 8 to 1 50 for 1
ストレート 0.392465% 254.8回に1回 0 5 to 1 25 for 1
スリーカード 2.112845% 47.3回に1回 2 3 to 1 5 for 1
ツーペア 4.753902% 21回に1回 5 2 to 1 なし
10sベター 16.252655% 6.15回に1回 17 1 to 1 なし

対するANTE配当とBONUS配当も併記しました。

100回中に何回出るかという確率も確認してみてください。合計すると100回中24回しか勝利を得ません

オッズに比べて配当が低いように見えるかもしれませんが、カリビアンスタッドポーカーよりはプレイヤーに有利なゲームとなっています。

また2回のPASS判断が出来ることによって勝負に負けそうなときは被害を最小限にとどめることができるのも、初心者にこのゲームをお勧めしたいポイントです。

ライデムポーカー攻略・戦略

個人的には分が悪すぎるゲームだと思っています。なのでもし運よく儲けたなら引き際を見極めて早めに撤退することです。

BONUSベットをするか

まずサイドベットのBONUS BETに賭けるかどうかという判断ですが、ハウスアドバンテージが高いのでBONUSにはベットしない方が良いと思います。

ロイヤルフラッシュは配当2万倍ですし、フォーカードでも400倍と魅力ですが当たる確率は低く、またBONUSベットはスリーカード以上でなければ配当が無いのが苦しいですね。

サイドベットやるなら普通にビデオポーカーで遊んだほうが良いと思います。

PASSかRIDEかの判断と戦略

1回目と2回目の判断でどうPASS/RIDEを選択するかで期待値を最大化し、役無しのときの損失を最小化できると思いますが、現時点で明確な攻略法はありません。

守り重視でプレイするのが良いと思います。

1回目のPASS/RIDEの判断

最初の3枚ですでに役が出来てるなら
♥J ♣J ♥5のような。
→必ずRIDEですね。

3枚がフラッシュ、そのうち10点以上のカードが2枚
♦6 ♦10 ♦Kのような。
→RIDE。フラッシュ、ワンペア、ツーペア、スリーカードの可能性があります。

3枚でストレート予備軍になっていて、うち2枚が10点以上
♠9 ♥J ♠Q のような。
→これは迷うところですが攻めるならRIDE。ストレート、スリーカード、ツーペア、ワンペアの可能性があります。

3枚でストレート予備軍になっていて10点札がない
♦5 ♣6 ♠7 のような。
→このような両面待ちの形でもPASSで①のベットを戻すほうが無難かと思います。

2回目のPASS/RIDEの判断

例えばストレート予備軍で

[3][4][5][7]のような穴空きの(麻雀で言えばカンチャン待ち)のとき、[6]が出る確率は4/48=8.3%です。

いっぽうで

[3][4][5][6]のような[2]でも[7]でもいい両面待ちのとき、ストレートが完成する確率は8/48=16.7%です。(6回に1回は成立する)

前者のほうはPASSですが、後者の方はRIDEです。

例えばフラッシュになりうる4枚があるなら

♥3♥7♥9♥Qのとき、あと1枚がハートである確率は9/48=18.8%です。これもプレイヤー有利なのでRIDEですね。

ハイカードが4枚だったら

例えば4枚のカードが[10][J][Q][A]のようなハイカードだったら。10、J、Q、Aのワンペアの可能性は残り48枚から12枚を引く確率なので、25%あります。

4回に1回は10sハイの役が完成しますが、残念ながら10ハイの配当は倍でしかないのでプレイヤー不利。

あと[K]を引いてのストレート。これは前述のとおり。

10ハイとストレートの可能性があるこの4枚、RIDEしたいけどPASSのほうが最適解なんじゃないかと思います。

基本的な戦い方としてはおよそ4回に1回しか勝利を得ないゲームなので、3つのチップは基本的にPASSすることをメインで考えて($)に置かれた1チップのみで戦うようにしていけば余計な出費をしないでしょう。

ライデムポーカーまとめ

何故このゲームが人気なのか、それはポーカーでありながら他のプレイヤーがいないのと、3ハンド扱えてストレスなくシンプルに遊べるからだと思います。

PASS/RIDEの判断は色んなパターンの選択肢があると思いますが、ここで示した戦略以外にも皆さんで開拓してみてください。

ベラジョンカジノに数多くあるポーカーゲームの中では特殊なルール。ディーラー無し、他のプレイヤーも参加していないので1人で遊ぶのにもってこいです。

ライデムポーカーの遊び方と攻略のヒント:関連ページ

Deal or No Deal Blackjackのルールと戦略
ベラジョンカジノにはだいぶ前に入荷したブラックジャックの一種「Deal or No Deal Blackjac […]
ベラジョンカジノのDouble Exposure Proの遊び方とプレイ結果
今日はブラックジャックの一種でDouble Exposureというゲームについて遊び方を解説します。 ブラック […]
ベラジョンカジノのPontoon Proシリーズのルールとプレイ結果
ベラジョンカジノにあるPontoon ProfessionalシリーズはNetEnt社が提供しています。 ポン […]
ベラジョンカジノのCasino Hold’em Proの遊び方とプレイ結果
ベラジョンカジノのテーブルゲームにはCasino Hold’emというポーカーゲームの一種が用意さ […]
新作「Patience」ソリティアがベラジョンにやってきた!やり方と攻略
ベラジョンカジノのテーブルゲームジャンルにpatienceというゲームが新作入荷されていました。 patien […]
パイゴウポーカーの遊び方と戦略、確率の話
パイゴウポーカーはあまりメジャーなポーカー種ではない様子で、ベラジョンカジノ内では1つだけあります。 Play […]
ホイールオブフォーチュン「Super Wheel」を分析して攻略するよ!
カジノでは一般的な「ホイールオブフォーチュン」ですがベラジョンカジノにも独自のルールを採用して存在しています。 […]
バカラの勝ち方とは?攻略法を使ってBaccarat high limitに挑戦!
ここではギャンブルにおける確率50%のゲームでよく使われる攻略法を使ってベラジョンカジノのバカラに挑戦してみよ […]
ベラジョン向け初のテーブルゲームSonya Blackjackやってみた
Yggdrasilが提供するベラジョンカジノ向けテーブルゲーム第1段という事でSonya Blackjackが […]
ベラジョンカジノのカリビアンスタッドポーカーを攻略、確率と戦略の話
私はあまりポーカーをやらないのですが、今日はベラジョンカジノのカリビアンスタッドポーカーを用いてどのような戦略 […]