ベラジョンカジノが新プラットフォームに引っ越しとなりサイトスピードが向上したり日本人向けの機能が搭載されたりと変更点があるようです。

また運営がGamesys group incから、Breckenridge Curacao B.V.というオランダ領キュラソーにある企業に移りました。

詳しい情報はまだ来ていませんが、すでにプラットフォームが移行済になったので色々と調べてみました。

プラットフォーム引っ越ししたのはいつ?

2020年1月14日の午後2時~午後21時までのおよそ11時間かけて引っ越しが完了したようです。厳密には21時の時点ではまだアクセスできませんでしたが、21時半にはすでにログインできたのでかなり難儀な作業だったと予想されます。

現在はゲームも普通にプレイできるのでプレイヤーが気にすることはあまりなく、今まで通り遊べますよ。

プラットフォーム引っ越しに伴うプレイヤーの作業

1月14日の午後9時以降になると新生ベラジョンカジノになっています。既存プレイヤー側が行うことは3つ。

・ベラジョンカジノにログインする
・新しい利用規約への同意
・マイアカウントの残高が変わってないことを確認

この3つです。

これから初めてベラジョンカジノに登録して遊んでみようかな、と言う方には関係ありませんが。

利用規約はとても長いですが以前の規約と変更になった部分があまり見当たりません。社名とライセンスが変更になったぐらい😕後でチェックしてみましょう。

プラットフォーム引っ越しで変わってない事

ここでは変わってない部分を整理してみました。

・URL
まずURLですね。ベラジョンカジノのURLはずっと「https://www.verajohn.com/」です。今まで通りアクセスできます。

・画面のイメージと使い方
次に画面構成や操作感。これも引っ越し前となんら変わらずです。ベラジョンの中にあるゲーム自体はメーカーから提供されているので、そちらの操作も変わってません。「いったい何が変わったの?」と思ってしまうほどプレイヤーが感じることは少ないですね。

・プレイヤーの残高
当然ですがプレイヤーが稼いだお金と入金したお金はそのまま引っ越し前と変わらずアカウントにあります。

・ボーナス、キャンペーン、コイン、必勝勝利金
新規プレイヤー向けのボーナスやキャンペーンも健在です。最大$500までの100%入金ボーナス、10日間無料プレイもあるので初心者の方は優遇されています!

ボーナス出金の賭け条件も今まで通り業界最短の20倍です。(よかった)

獲得したコイン(ご褒美プログラム)も移行になっています。

必勝勝利金システムは今回の新プラットフォーム移行により無くなりました。(# ゚Д゚)まぁ自分は恩恵受けてなかったしいいかな。

・遊べるゲーム
人気のHawaiian Dream、Golden Dream、 Battle Dwarf、 Magic Maid Cafe、Moon Princess、Starburstといったスロットは健在。

ライブカジノもジャパニーズルーレットをはじめ、バカラ、ブラックジャック、ルーレットで遊べるのは変わっていませんよ。ライブカジノの提供社はEvolution Gaming、NETENT、Hogamingの3つでこれまで通りの運営です。

Japanese RouletteとBlackjack Partyも健在

プラットフォーム引っ越しで変わったこと

・運営会社
先にお伝えしている通り運営会社がイギリス領マルタにあったGamesys group incから、オランダ領キュラソーのBreckenridge Curacao B.V.へ変更になりました。会社に関する詳しい情報は私自身も調べている最中です。

・プラットフォーム
プラットフォームというのはゲームを搭載するエンジンのようなものと捉えています。(プレステ4からプレステ5になったような)

文字通りプラットフォームが変わっています。サイトスピードがアップして以前と比較してストレス少なく遊べるようになったのと、日本向け機能の搭載が可能になった様子です。

サイトスピードに関してですが個人的にはあまり早くなった気がしないのです。ゲームのロード時間は今まで通り時間がかかってるように感じます。

しかしライブカジノでは顕著にスピードがよくなって途切れも無くなったように感じますね。
特にモバイル版の方は体感を感じやすいと思います。モバイルプレイヤーはもう気づいてる方が多いかもしれませんね。

バカラもライトニングルーレットも前の様に固まらなくなった気がします。(個人の感想です)なので皆さんの体感的にはどうでしょうかねぇ。

・ゲーム数
以前よりも少し減りましたね。お気に入りゲームが無くなってしまった人には残念としかいいようがないですね。現時点ではゲーム数は1029ゲームあります。遊ばれなくなったゲームは解除して新陳代謝を図っているので仕方がないか‥とはいえ毎週5~10ゲームぐらい新しいゲームが追加されているので今後も面白いゲームが出てくれることに期待したいです。

・ニックネーム
これは全員かどうかわかりません。ニックネームが初期化されてしまっている様です。私はずっと初期の名前のままですが変更してた方はもう1度マイカジノ→アカウント→表示名のところを変更しておきましょう。

ベラジョンカジノの新利用規約へ同意しよう

以下のように利用規約は全て展開するととても長いです。なのでロクに読んでない人も多いと思います😎

ということでここでは利用規約の一部重要そうな部分を抜粋して、またオンラインカジノ業界初心者が難しい用語もあると思うので、少し解説してみたいと思います。

キュラソー政府の商業登記に登録されている、番号149132のBreckenridge Curacao B.V.(以下「当社」または「Breckenridge」)(登録住所:Emancipatie Boulevard Dominico F. “Don” Martina 31, Willemstad, Curaçao)により運営されています。Breckenridgeは、キュラソーの法律(登録番号: 87909: C.I.L)に基づき、Master Gaming License #5536/JAZ に従って2019年2月18日よりキュラソーにて設立され現存する有限責任会社C.I.L. Curaçao Interactive Licensing N.V.からのサブライセンスを取得しています。

ここは企業とライセンスに関する条項です。オランダ領のキュラソー政府に登記されている企業(Breckenridge社)により運営されていると明記されています。マスターライセンス所有者であるCIL社からのサブライセンスの形で提供を受けているようですね。

18歳以上、もしくはユーザーの居住地に適用される司法管轄区の法律で規定されている年齢以上であること。

アメリカ、オランダ、フランス、オランダ領西インド諸島、およびキュラソー島に居住するプレイヤーによる当ウェブサイトでのアカウントの開設、または使用は認められておりません。

これは今まで通り。18歳以上の成人でなければベラジョンカジノに登録できません。またお住まいの国、州の法律で違法ではないことを確認してください、ということです。ベラジョンはヨーロッパを始めアジアでも提供されています。アメリカ、オランダ、フランスでは合法ではないのでしょうね。

当ウェブサイトで開設できるアカウントは一つのみです

これは自分もミスしてアカウントを2つ作ってロックされたことがあるのでご注意を。メールアドレスを変えて複数のアカウントを作成することは許可されていません。入会ボーナスを獲得する目的でそういう行為をする人が多いので規制されています。

アカウントの登録時および存続期間中に要請される個人情報は、真実で完全かつ正確に提供するものとします。個人情報は、氏名、住所、生年月日、メールアドレス、電話番号、決済情報などを含みます

アカウントを作成する際に入力する情報は真実を入力してください、ということです。名前、住所、メール、電話番号など。オンラインカジノだから偽物の情報で登録しようとする人もいるかと思いますが、ちゃんと入金をしてプレイして稼いだお金を引き出したいと思ったら真実を入力しましょう。

マネーロンダリング防止のため、すべての決済取引のチェックが行われます。Breckenridgeおよびすべての規制または管理機関は、犯罪防止の目的で、すべての取引のモニターまたは調査を要求することができます。

これはどのオンラインカジノでも厳しくチェックされてますね。

アカウントからいかなる額の出金を申請する場合、入金額と同額を少なくとも一度ゲームの賭けで使用しなければなりません。

これも今まで通り変わっていない規約です。例えば$100入金して何もしないで$100を出金することはできません。うっかり忘れてしまいがちですが$100入金して最初の$10遊んだときに$1000を稼いだとしても、最初に入金した$100分を遊んでないのでこれまた出金できない状況になります。ご注意ください。

ボーナス資金がユーザーのアカウントに加算されることがあります。これらのボーナスはウェブサイト上で賭けに利用する必要があり、そのまま出金する事はできません。

ボーナスで受け取った資金はドル表示ですが「現金」とは違います。ボーナスの財布に入るので条件をクリアして始めて現金として引き出しが出来るようになります。ベラジョンは他のカジノと比較してクリアする条件のハードルが低いことはプレイヤーにとって有利な面だと思います。

乱数システムは、認可を受けた独立した第三者機関により監査認証されています。当ウェブサイトの「無料ゲーム」モードと「リアルマネー」モードには、まったく同じ乱数ジェネレーターが使用されています。

そうだったのか😱😎
つまりゲームの結果は全てランダムであり操作されるものではないと表現されています。しかも無料のデモプレイと現金賭け時のプレイでは全く同じ乱数システムを使っているということです。以前私のブログで無料デモプレイのときはアタリが出やすいんじゃないか、と言ったことがありますがそういう訳ではないみたいですね。アタリが出なかったり確率に反して負のスパイラルが続くと疑ったり腹立たしくなる気持ちもありますけど、冷静になろうと思いました。

ということで利用規約で問題が無ければ「承認」ボタンを押してください。

承認を押せば今まで通りのベラジョンのトップページに移動します。

新プラットフォームで何が変わったのか探してもいいですし目当てのゲームをプレイして操作感を確かめてください。

まとめ、日本向け機能はこれからか

さて、新プラットフォームへ移行してサイトの速度が速くなったのは良いと思いますが、日本向けの新機能は未だ搭載されていないように見えますね。

これからどんな機能が追加されるのか注目したいと思います。

このブログ「俺のベラジョンカジノ」で更新情報の掲載していきますので興味ある方はブクマしてお読みいただけると嬉しいです。

登録まだのかたはこちら▼