ベラジョンカジノにまた新たなゲームサプライヤーが登場しました。

ELK Studioというメーカーさんのようです。早速新作のスロットが5つ入荷してましたので紹介したいと思います。

紹介とは・・・

ゲームのルールや遊び方のみならず
実際にプレイしてどんな感触か実体験に基づいて

レポしていく感じです。

次の5つのスロットが今回の記事の対象です。

シグナス2で変則リールの落ちものスロットをプレイ

シグナス「2」ってことは「1」もあったのだろうか?ベラジョンカジノにはシグナス2のみが入荷しています。

一見するとスロットに見えない画面構成ですが一応スロットに分類されています。

こういう画面構成はリール型ではなくてグリッド型と呼ばれます。

縦の列は6列あり、2・4・6列目に段差がある形です。そこにスピンすると上からシンボルが落下してきます。

当選は一番左の列から右へ向かって同じ色のシンボルが3つ以上続けば当選になります。(いわゆるウェイ系というやつです)

当選したシンボルは消滅→ボールのバランスによって右か左へ転がる

という動きをしますね。それによって1スピンで2度目の当選が発生する場合もあります。(いわゆる連鎖)

1回のスピンで当選が出なくなるまで連鎖が続けば賞金もドンドン積み上がるのがワクワクします♪

マルチプライヤーが重要

数字が書かれているマルチプライヤーシンボルが底に到着すると、1つ左側のカラムに瞬間移動して落ちてきます。

もし左側に傾いて転がっていくなら転がっていく感じ。そして左端のメーターに到着するとはじめてマルチプライヤーが加算されます。

例えば数字の(5)が左端に到達すると、マルチプライヤーが+5されます。また左端に到達したマルチプライヤーシンボルはWILD化するので当たりが出やすくなります。それでいて乗算されるので配当が高くなる。

ボーナスシンボルは1個でいいから左端へ到達すればよい

ボーナスシンボルもコロコロ転がったりして左端のメーターに到達すればその時点でフリードロップボーナスを起動します。これは7回の無料で引けるボーナスなのでここでも大当たりの可能性がありますね。

CYGNUS2は高速進行モードが無く手動で1回1回スピンボタンを押していくので、まったりプレイしたい方にお勧め。自動スピンじゃないのでマシンに操作されてる感もないし負けるにしてもゆっくり負けるので資金の大幅な減少もなく初心者にもいいでしょう。

シグナス2を$1で200スピンプレイ

今回は挑戦するスロットが5機種もあるので1ゲームにつき200スピンまでとしました。高速モードも搭載されてなくてゆっくりプレイなので結構時間がかかりましたね。

ベット額 $1 x スピン数200
実際の賭け合計額 $200
リターン獲得額 $131.9 **損失-$68.1

RTP 65.95%
当選数 48回/200スピン **当選頻度24%

残念ながらシグナス2は厳しい結果になっちゃいました💦
当選頻度は24%と低く、なかなかアタリが出ないのでヤキモキしてしまうかもしれません。

資金グラフ

ボーナス獲得 1回($22.6の22.6倍)
他の15倍以上のBIGWIN回数 3回
50倍以上のMEGA WIN回数 0回

ということで試行回数が200回しかありませんので、そうそう大きなアタリは出なさそうです。ボラティリティ(変動性)の高いスロットの傾向に当てはまります。

こういったスロットをプレイするときは資金を十分に持ってじっくり長く取り組む必要があります。基本は資金が目減りするのでBIGWINを引いた中でも、最大級のものを引く運がないと大きく稼ぐのは難しいと思います。

逆に言えば最大5万倍配当まで許容されてるので、そこを目指していくスロットになるでしょう。

プロパガンダはマルチプライヤーの急上昇に期待

プロパガンダもリール型ではなくてグリッド型のスロットです。ELK Studioはこの形が得意なのかも。

6×6マスで区切られたグリッドにシンボルが落下してきます。

どうなると賞金が入るかと言うと、縦か横に5つ以上同じシンボルが繋がる事(クラスター)によって勝利の判定がされます。そして繋がるシンボルの数が多いほど配当も大きくなっていきます。

プロパガンダの魅力はマルチプライヤーの増加

シンボルが当選するごとにそのクラスター数だけマルチプライヤーが加算されていきます。例えば6つのクラスターが出来ればマルチプライヤーが6倍になる。その後当選した金額が$1だとするとx6で$6にも増加。さらにクラスターが出来てるからマルチプライヤーも増加‥と繰り返していくので配当が大きくなりやすく感じます。

実際にプレイしてみてボーナスを引かなくても大きな配当が度々でました

クラスターによりWILDが生成

クラスターで勝利すると全ての勝利シンボルが取り除かれますが、そのタイミングでWILDが生成されるので連鎖が続きやすい。

ランダムで発生するWILDストライク

スピン直後にランダムにWILDストライクと言う機能が発動することがあります。グリッド上がキラキラ光りだしてWILDに置き換わるこの機能から勝利がもたらされることもあるので注目しておくとよいですね。(ただし必ずしもWILDにより当たりになるかと言うとそうでもないことも多い)

プロパガンダも200スピンした結果

プロパガンダには特大なボーナスゲームがあるのですが、ハイエナおじさん残念ながら獲得できず。今回は紹介できませんでした。

ということで200スピンだけ回した結果をレポしていきますね。

ベット額 $1 x スピン数200
実際の賭け合計額 $200
リターン獲得額 $176.45 **損失-$23.55

RTP 88.23%
当選数 48回/200スピン **当選頻度24%

プロパガンダも苦しい結果になってしまいました。当選頻度はシグナス2と同じぐらいですね。

ボーナス獲得 0回
最大当選倍率 27.95倍
他の15倍以上のBIGWIN回数 4回
50倍以上のMEGA WIN回数 0回

とまぁボーナスは出なかったけど、それなりに大きめの配当が4回出てくれたのが幸いですね。

200スピンじゃぁボーナスは出ませんか。ベラジョンカジノの平均的なスロットより出にくいかもしれない。けど一方で大当たりの倍率が高い可能性もあるので、ボーナス引くまではプレイしたかったなという感想です。

プロパガンダも最大1万倍配当まであるので、資金がある方は挑戦してみてもいいかもしれない。

資金は上昇したり下降したりするので、上昇したタイミングで止めれば利益が出るでしょう。

スモウスモウはスモウをスタックして積み上げよ

スモウスモウは日本の相撲をテーマにしたスロットですが、あまり相撲感がないと思います。外国人むけに作られたデザインのように見えますね。

スモウスモウはリールタイプのスロットで5本リールの5行です。259通りの当選ラインがあり、そのライン上に同じシンボルが左端から3つ以上着地すれば勝利になる仕組みです。

アクションや機能が豊富

当選ラインにスモウが居たり、横同士で繋がるスモウが居ると「WILD SUMOスタック」が生成されます。

同じ色のスモウが横にいると、積み重なって当たりが出た時の配当が乗算される仕組みです。

スモウは画面中を右に歩いて壁にぶつかると左に歩いていくような動きをする様子。左端に到達すると消えていっちゃう

スピードボートボーナス

スモウスモウにはボーナスが2種類用意されています。1つがフリースピン。もう1つがスピードボート。

スピードボートボーナスはボートに乗ったスモウが縦横に動いて賞金を回収していくような動き。途中現れるスイマーや銛打ち師が出るとより高得点になる可能性も。

スモウスモウを200スピンした結果のレポート

まずスモウスモウは画面内で起こっている事がわかりにくいと思うので、あまり挙動や機能を理解しないでなんとなく打つので良いと思いました(笑)

さて結果ですが、$1で200スピンなので合計ベットは$200。に対して

リターン合計 $149.3 **損失-$50.7
RTP 74.65
当選回数 41回/200スピン 当選頻度20.5%
フリースピンボーナス獲得数 0回/200スピン
スピードボートボーナス獲得数 2回/200スピン

と、やはり損失が大きかったです。全体的に当選数が少なくて1度の大当たりに期待するスロットの性格です。

フリースピンボーナスは0回ですが、スピードボートは2回も引くことができました。それぞれ配当は36倍と38.4倍なのでワリといい配当が出ましたね。

ベラジョン内のスロットではボーナスの額は平均的です。なので通常の小役が出る率が低いのと安いのが相まって振るわない結果になったとみるべきでしょう。

資金の増減は以下のグラフのようになりました。

最大25000倍なので爆発力はありそうなんですけどね。

マニュアルを熟読してスモウが重なって配当が爆増する方法を理解してもいいし、理解しても抽選結果を向上させることは不可能なので、なんとなくで遊んでもいいです。

ドロップズの仕組みを理解してプレイすれば楽しい

ドロップズは6×6マスグリッド型のスロットです。上下の一部のマスはチョコレートでおおわれていて有効になるまでは実質スピン直後は3×6マスですね。

当選判定はウェイ系です。スピンすると上からシンボルが落ちて来て左端から同一シンボルがあれば当選になる仕組みです。(初期状態だと3^6で729通りあります。)

当選に隣接するチョコレートは壊れて新たなシンボルが見えてくるので、後半になると画面が広くなっていきますよ。連鎖機能も搭載なので1スピンで繰り返し当選が起こりえます。

それだけでなく画面上部にも見えてますが様々な機能が搭載されてるのでゲーム進行を楽しむために見ておきましょう。

シンボルペアで配当が倍増!(マルチプライヤー)

画面右上にランダムにシンボルペアが表示されてます。

上図だと「」みたいになっててメーターが3段階ありますね。このシンボルペアが画面上で起こるとメーターが1つ増加し、3つ貯まるとマルチプライヤーが加算されるので、どんどん加算されていくといい感じです。

組み合わせ 増加乗算
レモン+黄キャンディ x1 追加
ぶどう+青キャンディ x2 追加
りんご+緑キャンディ x3 追加
いちご+赤キャンディ x5 追加

↑はリール拡張

「↑」のシンボルが現れると、リール拡張が起こります。レベルは3段階あり初期の6行(3行+3行ブロック)→7行(3行+4ブロック)→8行(3行+5ブロック)となりえます。

Cはリスピン

「C」のシンボルが現れるとはリスピン+1回となって、自動的にもう1回スピンしてくれます。地味に嬉しい。

Bを3つ集めてボーナス!

「B」シンボルが合計で3個画面内に着地すればボーナス獲得となります。 5回のフリードロップで大きな配当を稼ぎましょう!

ドロップズは200スピンして少し利益が出ました

ここまでのELK Studioのスロットは3連敗してますが、ドロップズは少しだけ利益が出ました。今回のスロットでは1番好き。

ベット額は同様に合計$200で、獲得し雅のが$217.8なので、差引き+$17.8の利益となりました。

なかでもフリードロップボーナスが4回/200スピンも獲得したのが大きかったです。

4回の配当倍率は39.1倍、34.3倍、21.3倍、35.1倍と申し分なしですね。その他のスペックは以下のとおり。

RTP 108.9%
当選総数 50回/200スピン **当選率25%
15倍以上のBIGWIN数 5回  **優秀!
50倍以上のMEGAWIN数 0回  **残念!

とこんな感じ。わりと中ぐらいの当選が出やすいのでボラティリティが低いスロットのように見えます。(私は低ボラティリティが好き)

けど試行回数をもっと増やせばもっとこのスロットの傾向が掴めると思うので一概にボラティリティが低いと決めることは難しいです。

資金の増減グラフはこのとおり

しばしば中ぐらいの当選が出るので好状態をキープしていますね。

バッファロー・トロは標準的なリールスロットでした

ELK Studioでは珍しいスタンダードな6×4リール型スロットです。

標準的なスロットなのであまり特筆すべきポイントが見つかりません

バッファローWILDが出ると左へ移動してリスピンが継続します。途中でガンマンが出るとそいつに体当たりして走った道のりがWILDになる。(トロ・ゴーズ・ワイルド)

ガンマンが右側の方で出れば、またそこからリスピンが始まるのでリスピンが長く続くし、ガンマンが斜めに居ると、底へ向かって縦横に移動するので道中がWILD化して大当たりになりやすいですね。

バッファロー・トロを200プレイ、微減

最後はバッファロー・トロのプレイ結果です。このスロットは一般的なリール形のスロットで平凡なイメージはあります。

獲得金額 $186.8 **損失-$13.2
RTP 93.4%
当選数 36回/200スピン **当選率18%

こんな感じでした。ベット計$200に対して、少し赤字が出た格好です。当選率は18%と低く、あまり画面上に変化が見られないので耐える時間が多くなるでしょう。

ミニボーナスのトロ・ゴーズ・ワイルドは5回出てそこそこの配当になることが判明しました。
フリースピンボーナスは1回だけ出て、66倍のBIGな配当となりました。

バッファロー・トロはたった1回のフリースピンで多額の賞金を稼ぐような取り組みになると感じました。基本は当選が出にくいので資金力を必要とするでしょう。BIGWINに向かってバッファローの様に一直線で挑戦しちゃってください♪

ELK Studioの5スロットのスペックまとめ

シグナス2 プロパガンダ スモウスモウ ドロップズ バッファロー
回数 頻度 回数 頻度 回数 頻度 回数 頻度 回数 頻度
スピン数 200 200 200 200 200
当選回数 48 0.24 48 0.24 41 0.205 50 0.25 36 0.18
フリス回数 1 ★5 0 ★3 2 ★7 4 ★8 1 ★5
ANY 48 ★5 48 ★5 41 ★5 50 ★5 36 ★4
BIG(x15) 3 ★6 4 ★6 2 ★5 5 ★7 3 ★6
MEGA(x50) 0 ★1 0 ★1 0 ★1 0 ★1 1 ★5
EPIC(x100) 0 ★1 0 ★1 0 ★1 0 ★1 0 ★1


てことで以上です。今年最後の投稿になると思いますが、あまり閉まって無い感じのとりとめもない記事になってしまいました。

今年は色々と個人的な趣味を反映した便利ツールを公開できて満足しています。

一方でベラジョンカジノへの投資額は取り戻し不可能な額になりつつあります(苦笑

グッドラック!