今年ベラジョンカジノに参画しはじめたサプライヤーで「Hungry Bear社」があります。

わりと独占的にベラジョンに配信しているので気づいてる人も多いと思いますが、当ブログでは改めて取り上げてみました。

今回は現在までに提供されえているゲームの中からベラジョンカジノグループ独占で遊べる次の4つのスロットを触ってみました。

・クリフハンガー
・ムーシーマネー
・ワットハプンズインベガス
・ビッグリバー・フィッシング

実際の遊び方の紹介から、プレイしてみた感想、儲かりそうかどうか?スロットの性格や傾向はどうかご確認ください。

クリフハンガーは若干プラスで終了

このスロットは5リール3段の一般的なスロットの構成をしています。

シンボルはトランプの10~Aまでの低配当シンボルに相当するものと、絵柄(木、鹿、熊、CLIFFHANGER)とWILDの合計10個のシンボルが使われています。

遊ぶにあたって理解の簡単なスロットなので初心者にもお勧め出来ちゃいます。

当選ライン

このスロットは当選ラインが10本しかなくこの10本のライン上に同じシンボルが揃えば勝利・配当となります。

たくさんのボーナスが大きな勝利をもたらす

クリフハンガーは

★アバランチボーナス

リールが谷底へ移動していく演出とともに第1リールと第5リールがWILD化するとんでもなく可能性のあるボーナスです。

第1・5リールがWILDなので当選が出やすくしかも5つ揃いになれば配当も大きくなりますよ。これが出たら期待しちゃってください!

★配当が倍増する落石

画面がグラグラ揺れたかと思ったら落石がきて画面左端に到着。当選勝利が出てた場合にかぎりここに表示されるだけ乗算されます。

★巨大落石

2×2マスの巨大なシンボルが落ちてくる演出。巨大なシンボルゆえに既に複数のライン上に乗りやすいので当たりが出やすいと言えます。

★巨大WILD

これは巨大落石よりも配当がBIGになるかもしれません!WILDは全ての配当の代わりになるので当選ラインを形成しやすいでしょう。

クリフハンガーを300スピン遊んでみた

最近のハイエナおじさん残念ながら「ぽぴん」しまくりで残高がありません。(´・ω・`)

今回は申し訳ないけどデモプレイでHungryBear社のスロットを遊んだので参考程度ということで捉えてください。いつもはちゃんと身銭を切ってるんだよぉ‥

ただデモプレイでもリアルマネープレイと同じロジックで動くので当選の確率等は変わらないので、参考にはなると思います。

プレイ結果

1スピンあたり額:$1
スピン数:300プレイ

合計ベット額:$300
合計リターン:$324.4

利益:$24.4  **ちょっとプラス
利益率:108.13%

と、やや利益が出る結果となりました。そこまで大きくはないけど。

当選数:32回/300スピン
当選率:10.67%   **ベラジョンではかなり勝利が出にくい部類
最大賞金倍率:103.4倍 **なかなか大きい

所感ですが当選が少ないぶん、1回での配当がかなり大きくなるスロットのようです。なかなか当たりが出ないので辛抱強く耐える傾向になると思いますが、一撃が大きいので、そういうのが好きな人は楽しめると思いますね。

ハイエナおじさん的WIN FREQUENCYをまとめると。

回数 頻度
スピン数 300
当選回数 32 0.1067
ミニボーナス 4 4/300
ANY 32 ★3
BIG(x15) 4 ★6
MEGA(x50) 2 ★5
EPIC(x100) 1 ★7

クリフハンガーの性格が表れてると思いますね。

ムーシーマネーは凝ってないシンプルなスロット

5リール×4段のスロットです。

シンボルはクリフハンガーと似てる構成で10、J、Q、K、Aの低配当シンボルと、絵柄(ビーバー、タヌキ、ハクビシン?)と、SCATTERとWILDシンボルで構成されています。

当選ラインは20本用意されていて左側のリールから揃えば配当になるシステムは変わりませんね。

このスロットは特段の演出が用意されてる訳ではなく、ちょっと単調なリールをまわし続けるような印象を持ちました

ボーナスはあります。「BONUS」表記のシンボルが3枚以上着地すればムージーマネーボーナスを獲得しますよ。

これ以外では特にボーナスや機能の発動は無さそうです。

シンプルイズベスト。お金を入れてリールをまわす。ボーナスが出ればラッキー、そうでなければ延々と小役を集めて回し続ける感じになりました。

ムーシーマネーは300スピンしてボーナス出ず

ムーシーマネーも$1で300スピンしてみました。

合計ベット額 $300
合計リターン $217.3
損失 -$82.7  **還元率は72.43%

ということで大きなマイナスの結果になってしまいました。

1度もボーナスが出なかったのが苦しい要因です。

当選数 63回/300スピン
当選率 21%

当選率はベラジョン内のスロットでは平均的な部類です。今回の試行回数が300回と少ないことからボーナスが1度も出なかったのと、最大配当が20倍とやや安いのでダメな結果となりました。

WIN FREQUENCYは

回数 頻度
スピン数 300
当選回数 63 0.21
ボーナス回数 ★1
ANY 63 ★5
BIG(x15) 1 ★2
MEGA(x50) 0 ★1
EPIC(x100) 0 ★1

ボラティリティの高いスロットをプレイすると短期間で当たりを引けば利益がで、アタリを引けなければ(引かない可能性の方が大)上記のような結果になることを表しています。

忍耐強く大当たりを引くまで頑張るか、すぐ見切りをつけて他のスロットに移るかはプレイヤーの裁量次第

個人的には調子が悪いスロットは長くはやりたくないかなと思っちゃう。けど、これだけボーナスが長く出続けてないのなら、そろそろ出るかも?という気もしてきますね。

ワット・ハップンズ・イン・ベガスは苦しいギャンブルになる

ラスベガスのカジノのようなシンボルと演出で楽しませてくれるのがこのスロット。

やはり5×3リールを搭載し10種のシンボルで稼働しています。当選ラインは20本です。

豊富なボーナスが用意されている

★ランダムで発動するバイクのおじさん

スピンした時に稀にバイクのおじさんが登場します。この演出がかかると縦1列リールがWILD化します。しかもリール1本だけでなく最大5本まで可能性があるとか。

★What Happens in Vegasボーナス

これはフリースピンです。BONUSが描かれたルーレットの絵が3つ着地するとボーナス獲得です。
→1度も出すことが出来なかった

ワットハップンズインベガスを300スピンしてみた

同じく$1×300スピンを実施。リターンは$105.6ということで今回は大幅なマイナスになりました。

結果 -$194.4
還元率 35.2%

何よりすごいのが当選数です。

当選数:15回/300スピン
当選率:5% ***ベラジョン内でワースト10に入る!w

そもそもの当選率が5%ですから100回まわして5回しか勝利が無い。これはハイエナおじさんが長くベラジョンのスロットを遊んできて、ワースト2位の当選率です。めったに当たりが出ないスロットだと認識してください。

そして最も大きな配当は65倍でした。

もうまとめはしません!かなり苦しいギャンブルになる事でしょうけど裏を返せば大当たりの額がとんでもなく大きくなる可能性はあると思います(フォロー入れた)

ビッグ・リバー・フィッシングが1番おすすめできる

はい。こちらも5×3リールスロットです。画面構成はこれまでのスロットと似ているのですぐに慣れて遊ぶことができます。

しかしいずれのスロットも演出や当たり方や確率が違うことがわかってきました。

ビッグ・リバー・フィッシングは10個のシンボルとWILDで構成されます。

補足

当選ラインは10本なので当選が出にくいように感じるかもしれませんが、皆さんご存知のとおりスロットはスピン開始直後に抽選が行われ、その後のリールの着地やどの当選ラインで当たったように見せるかはあくまで演出上のものですのでライン数が少ないからといってそれが結果に影響する訳ではありません。10ラインでもよくアタリが出るスロットもあればそうでないスロットもあります。プレイしてみないとわかりません。

ブラックバスのBONUSシンボル

このシンボルが3つ着地すれば10回のフリーゲーム獲得となります。(4つで15回、5つで20回スピン)

獲得すると画面が移動してボーナスが開始。ここで大きな勝利をもぎとりましょう!

このモードになると「コレクターフィッシュ」がいい働きをします。コレクターフィッシュが画面上に1つ以上出現し、その時同時にキャッシュフィッシュがどこかに着地していれば(当選ラインに乗ってなくても)当たりになります。

全てのコレクターフィッシュがすべてのキャッシュフィッシュに表示された額を回収するので壮快です。

ビッグ・リバー・フィッシングを300スピンしてみた

結論から。このスロットはとても良い結果で終了しました。今日トライした4つのスロットならビッグリバーフィッシングを最推ししたいです。

$1ベット×300スピン
トータルベットは$300

総リターン額 $525.9
利益 $225.9 **RTP175.3%

こうなりました。

当選数 34回/300スピン
当選率 11.33% **かなり当選が出にくいスロット

フリースピンボーナス獲得数 4回
ボーナス平均配当倍率:50倍 

最大賞金配当 205.5倍

前半にまとめて3回もボーナスが出たのが大きかったように思います。ベラジョンカジノには様々な性格のスロットがありますが、このスロットはあまり当選が出てくれない傾向があります。その代わり1回の当選金額がかなり大きくなっていてボラティリティの高さがわかります

最大賞金配当の205.5倍はボーナスで出したのではなくて1スピンでたまたま大当たりになる当選ラインの組み合わせが出来たのです。

連続で何のアタリも出なかった(つまり連敗)は43連続、がありました。長い勝利が出ない期間が起こりえるスロットだということも注意しておきたいですね。

WIN FREQUENCYは以下のようにまとめました

回数 頻度
スピン数 300
当選回数 34 0.1133
ボーナス回数 4 ★8
ANY 34 ★3
BIG(x15) 5 ★6
MEGA(x50) 4 ★5
EPIC(x100) 1 ★7

たまたま300スピンで固めてボーナスやEPIC配当が出たので数値がよく見えますが、逆に長期でのスピン(例えば1000スピン以上)になるとこの成績は出ないと思います。

長期的にはマイナスになる可能性が高いので、短期間でまとめてアタリを引けたら大きく利益が出るスロットだと思います。

HungryBearスロットの所感まとめ

HungryBear社のスロットはいくつかあると思いますが、ベラジョンカジノでは変動率(ボラティリティ)の高いスロットのみを扱い始めたように思います。

変動率が高いとあまり勝てない人が多い一方で少数のビッグウィンプレイヤーが生まれる、そんな傾向になると思います。リスクを許容しつつ大勝ちを目指したい方にお勧めかな。

それと個人的に気にいったのはスピンが「ゆっくり」であることです。急がないで画面を見ながらプレイするのは退屈に思う反面、物理的に資金が減るスピードが遅いことを意味します。

これは大きな意味を持っていて、基本的にスロットの多くは還元率が95~97%ぐらいなので長く遊べば遊ぶほど利益が出ないはずなのです。資金の減るスピードがゆっくりになることは長く遊べることにもつながり、エンジョイ勢にはうってつけだなと思いますね。

てことで、HungryBear社からベラジョン独占スロットを4つ遊んでみました。

次回はスロットマスターをやろうかなぁ。