ビデオスロット

このページでは「一般的なビデオスロット」の基本的な知識と、リアルマネーでプレイ出来るオンラインカジノ「ベラジョンカジノ」で提供されているビデオスロットについて解説します。

ビデオスロットとパチスロの違い

カジノのビデオスロットは街にあるパチスロ屋のスロットとは全く異なるものです。

パチスロとの比較をしながらカジノのスロットについて知識を深めていきましょう。

簡単のために比較表を書くと以下のようなイメージで捉えてもらうことができます。

ビデオスロット パチスロ
コイン ゲーム中の仮想のコインあり 手で触れるリアルなコイン
レバー 画面クリックでリールをまわす 物理的なレバーあり
リール 自由 縦3本のリール
目押し なし できる

画面の構成は似てるし遊び方も似てるし演出も派手だし、現金を賭けて遊べるしボーナスもあります。

個人的に感じている大きな違いは目押しの有無ではないかなと思います。パチスロにはリールを目的の場所に止める「目押し」のテクニックがありますが、ビデオスロットにはありません。リールを回し始めた瞬間に抽選が行われるのは同じでビデオスロットは結果を眺めているだけなのです。

ビデオスロットは非常に多くのゲーム(例えば500種類とか)がオンラインで遊ぶことができますが、一度慣れてしまえばビデオスロットはスロットより簡単に遊べると思います。

ビデオスロットとは

さてここからビデオスロットについて詳しく解説していきましょう。

絵柄(シンボル)

パチスロは絵柄といえば「チェリー」「スイカ」「ベル」「フルーツ」「7」などどの台も同じ傾向がありますが、ビデオスロットはそれぞれのゲームで独自の絵柄(これをシンボルと呼ぶ)が用意されています。

そのゲームのキャラクターの絵だったり、トランプの「J」「Q」「K」「A」だったり。あとどの絵柄としても代用できる「WILD」や「BONUS」のシンボルもあります。

基本的にはこの同一シンボルを3つ以上揃えると入賞(勝利)して配当金をもらえるようになっています。

リール、グリッド

絵柄(シンボル)はリールやグリッドと呼ばれるものの上に乗っています。

リールはゲームによって様々で、横に3列~7列あります。ゲーム開始すればこのリールが縦に回転して自動で止まります。

またはリールのように回転するものではなくてグリッドと呼ばれる落ちもののゲームもあります。落ちものは連鎖の仕組みが搭載されているのも特徴です。

最近の新しめのビデオスロットはそもそもリールではなくて、以下のゲームのようにくるくる回転するものがあったり、一風変わった画面構成になってるものもあります。

この豊富な演出もビデオスロットの特徴です。

配当

ビデオスロットにおける賞金が得られるパターンは

「ペイライン」と呼ばれる当たりのライン上に同一シンボルが3個以上そろったときに貰えます。ペイラインはゲーム種別によって独自のラインが設定されています。

基本的には左のリールから右側へそろったときに賞金になるケースが多いですが、逆で右からのライン揃いもOKなゲームもあるし。

ペイラインが全く設定されておらずとりあえず左から3つ以上出ればOKみたいなゲームもあります。

配当金はそろったシンボルの絵柄によって額が小さかったり大きかったりします。

ボーナス

ビデオスロットのボーナスは多くのゲームでは「フリースピン」を採用しています。これは特定のSCATTER(スキャッター)と呼ばれるシンボルが3個出れば、お金を減らさずに無料で何回もスピンができる、というものです。ボーナス中は配当が倍掛けになったり、BIG WINの可能性が高い高配当の絵柄が増えたり、WILDシンボルが出やすくなったりします。

ビデオスロットで儲けるにはSCATTERをそろえてボーナスゲームを獲得することが1つの目的となります。

ビデオスロットの種類

ここではベラジョンカジノ内で提供されているビデオスロットの種類を解説します。

ジャックポットスロット

ジャックポットとかプログレッシブジャックポットと言ったりします。

ジャックポットというのはカジノ側が設定した「究極の大当たり」のことです。これが出れば一攫千金も夢ではなく、例えば次のゲームでは、仮に当たれば10億円を超えます。日本人で数年前に億超えを当てた人がでて話題になってたし、軽めのジャックポットなら100万円なんかもポツポツ出ています。


↑このゲーム$1400万(約14億円)のJackPotです。

ジャックポットはそのゲームのみんなの負け分の数パーセントを蓄積しています。なので負ければ負けるほど額が大きくなっていきます。そしていずれ一気に幸運の誰かに大当たりがでるのです。

ただし個人的には大当たりの額がでかい分、普段の小粒な当たり少ないような気がします。一攫千金を狙うならジャックポットスロットにチャレンジしてみてください。

クラシックスロット

クラシックと名のついた種類のスロットです。これは以下のゲームのようにリールが横に3つしかないレトロな古いタイプのスロットでザ・カジノて感じすね。

当たりのラインも少ないし、賭け金も低額から遊べるものが多いです。ビデオスロットに慣れるならここから始めてもよいと思います。けどちょっと演出や当たりが出た時の嬉しさは物足りない気もしますね。

ビデオスロット

オンラインカジノが流行りだしてよく遊ばれているのがこちら。基本的にはリールが5つあって横のラインも5つあります。グラフィックも美麗でボーナス時の演出も工夫されています。

ゲーム種類も数百と豊富でそれぞれテーマがあって、カーチェイス、ファラオ、アニメ、クエスト、アラジン、ハロウィン、サッカーなど色んなテーマと絵柄とボーナスの遊び方があるので、自分好みのゲームをぜひ見つけてみてほしいですね。

最近のビデオスロット

最近のビデオスロットはリールが無かったり、落ちものシンボルだったりと非常に面白いものが提供されています。海外ゲームですが日本語化も進み当たり前のようにプレイできます。

後で紹介しますがGemixなんかは人気のゲームです。

ビデオスロットのやり方遊び方、ゲームの選び方

ここではビデオスロットの遊び方についての解説です。とはいってもどのゲームも同じような操作で遊べるので難しいことはありません。

基本的な操作は以下の流れとなります。

1.アカウントにお金を入れる(無料プレイもできる)
2.1回まわすための金額を設定する
3.スピンボタンをクリック(スマホならタップ)する
4.リールが回転し自動的に止まるのを待つ
5.ペイライン上に絵柄がそろえば配当金がもらえる

このような流れです。

金額の設定については個々のゲームで若干の差異があります。それは当たりラインの増減に関するものです。当たりラインが固定されているゲームもあるし、自分で10本、20本、30本と設定できるものもあります。当たりライン数は多い方があたりは出やすいですが、そのぶんベット金額が増える、という寸法です。

ボーナスは個々のゲームによって違いがある

大当たりが期待できるボーナスはゲームによって趣向が凝らされています。

ビデオスロットはリールを回したら見てるだけなので、基本的にはルールを理解しなくても勝率は変わりません。(爆

けどゲームによって様々なボーナスや演出が用意されているので、ルールや仕組みを理解して始めた方が楽しめると思います。私的にはルールの理解をおすすめしています。(当ブログで色んなビデオスロットの解説をしていますので参考まで)

現金プレイのリアルマネーベットとは

TOPページでも解説していますが、海外オンラインカジノでは現金で遊んで、当たれば賞金を獲得できるようになっています。そしてもちろん勝利金は日本円で引き出すことも可能です。これをリアルマネープレイなんて言ったりします。

ベラジョンカジノ内のビデオスロットでは1回まわすのに最低$0.01(約1円)の台もありますし、平均すると1スピン$0.2(約20円)~最大で$200(約2万円)で遊べます。

ビデオスロットの1スピンなんてわずか2,3秒なので1分で10回以上は回せます。1時間あれば600スピン以上はできるでしょう。自己資金にあわせて無理せず遊ぶことです。

ベラジョンカジノは無料でビデオスロットが遊べる

私がよく遊んでるベラジョンカジノですが、無料で遊べるのでまずは慣れるまで無料プレイしてみてください。あとユーザー登録(しっかりした登録が必要)すれば$30の仮想リアルマネーが得られるのでそれで試しに現金プレイしてもよいですね。

≫登録だけで$30入手

ベラジョンカジノのおすすめビデオスロットランキング

では、どのビデオスロットを遊べばよいのかという話です。

最終的には自分が好きなスロットを探してほしいですが、いくつかお勧めを紹介します。

一攫千金狙いなら億のジャックポットスロットをおすすめするのですが、ほとんど当たりなんて出ないと思うので100万円程度の、金額がやや抑えられたジャックポットスロットはおすすめします。これだと普段の当たりも出やすいしワンチャンJackPot獲得もあり得るからです。私も1回だけ出したことがあります。

詳しくは個人的におすすめなビデオスロットを特集した記事をご覧ください。

ベラジョンカジノの私的なおすすめスロット2018版

あとは還元率の高いゲームもおすすめです。

ベラジョンカジノの高還元率ビデオスロット特集

還元率(ペイアウト率)というのはカジノ独特な言い回しかもしれませんが、当該ゲームで論理的にどれぐらいの払い戻しがされてるかを表す指標です。ビデオスロットは概ね95%前後のゲームが多いです。つまり100万円遊んだ時に手元に95万円が残ってると推定されます。遊び続けると資金は0円になってしまうので、どこかのタイミングで勝ち逃げしないと儲からないと思いますよ。

パチスロの還元率は店によって50%~70%と言われていてあまり客に出さないのと比較すると、ビデオスロットのほうが長く遊べるようです。

ということで以上、カジノのビデオスロットの基礎知識と、遊び方を解説しました。

ビデオスロット関連の投稿記事一覧

ベラジョンカジノの高還元率ビデオスロット特集

(公開: 2018年08月20日)

ビデオスロットの還元率(ペイアウト率)がどれぐらいあるか、を気にするプレイヤーは多いかと思います。 還元率というのはベラジョンカジノ側がどれぐらいをプレイヤーに戻しているかを表した指標です。これ…

1 / 712345...最後 »