ブラックジャックのカウンティングについて

ブラックジャックには伝統的な攻略法としてカードカウンティングというものがあります。

映画「ラスベガスをぶっつぶせ」で知ってる人も多いのではないでしょうか。カジノの中でもプレイヤーに有利なゲームであるブラックジャック。今までこのカードカウンティングに対抗してカジノ側もカウンティングをさせまいと様々な対策を行ってきてることからも明らかです。

※考え方は簡単です
場に出ているカードを見て、次に引くカードがハイカード(10、J、Q、K)なのかローカード(2、3、4、5、6)なのかを推測する方法だからです。場にハイカードがたくさん出ていれば、ローカードを引く確率が高くなりますし、その逆も場を見ればわかりますよね。

 

カウンティングのやりかた

さて、しかしカジノでは1デック(52枚)のカードを使ってブラックジャックが行われるわけではなく、4、6、8デック使って行われます。

詳細なカウンティングを行うにはかなりの神経を使う作業ですので、「ブラックジャックの基本戦略」が出来るようになってから行うようになると思います。

その方法ですが、場に出たカードがローカードなら+1、ハイカードなら-1を累積していくだけです。真ん中のカード(7、8、9)のときは0です。

足し算していった結果、+4とかになってればローカードが多めに出ていることになるため、次はハイカードが出る確率が高い、ということになります。

たとえば次のように数えます。

引いたカードと
カウント
小計合計
プレイヤー14、Q
-1+1
00
プレイヤー22、3、9、4
-1-1+0-1
-3-3
あなた5、2、5、6
-1-1-1-1
-4-7
ディーラー10、8
+1+0
1-6

1回めのプレイが終わった時点で累積のプラマイが-6になっています。数え方はこのようになります。

もし次の局面であなたの手が12だった場合、HitするかStandするか迷うところです。カウントが-6だったら次にハイカードが来る確率が高いことがわかります。12+10でバストしそうなことが濃厚ならStandする選択になるでしょう。逆にディーラー側がバストする確率が高いという事でもあります。

 

この章の関連メニュー

  1. ブラックジャックのテーブル画面の見方

  2. ブラックジャックのルール

  3. ブラックジャック用語とのやり方をご紹介

  4. ブラックジャック攻略!基本戦略をマスターしよう

  5. ブラックジャックのカウンティングについて

  6. ブラックジャックでディーラーがバストする確率

TOP

ベラジョンカジノで試す(特典$30)

>